採用コストがかさんでしまう

掲載料ばかりかかって応募が来ない

できるだけ費用を抑えて採用したい

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

できるだけ費用をかけずに求人するには応募課金型のサービスがおすすめです。

応募課金型の求人サイトで求人募集をすることで、応募に応じて費用が発生するので、掲載料金で費用がかさんでしまう心配がありません。

この記事では、いま最も契約数が伸びている『応募課金型求人』について、詳しく解説していきます。

「採用コストを抑えたい」と考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

応募課金型求人とは?他の課金タイプとの違いを解説

応募課金型求人とは?他の課金タイプとの違いを解説

求人広告の料金形態は「成功報酬型(成果報酬型)」「掲載課金型」の2種類に大きく分けられます。

成功報酬型(成果報酬型)の一種が「応募課金型」です。

ここでは、それぞれの料金形態の特徴を紹介していきます。

成功報酬型と掲載課金型の違いは?

「成功報酬型」と「掲載課金型」の違いをまとめると以下の通りです。

成功報酬型成果に対して報酬を払う課金形態。

 

「採用課金型」「応募課金型」「クリック課金型」の3種類に分けられる。

掲載課金型求人広告を掲載すると料金が発生する課金形態。

 

料金は「○○円/4週間」という形で掲載期間が定められている。

成功報酬型の特徴

成功報酬型は成果に対して料金が発生するタイプなので、初期費用・月額費用がかからないことが特徴です。

そのため、応募が来なかったときのリスクが少なく、掲載期間を気にする必要もありません。

「リスクなく求人募集をしたい」という場合におすすめの料金形態です。

掲載課金型の特徴

掲載課金型は掲載期間によって費用がかかるため、「何人採用しても費用が変わらない」ことが魅力です。

そのため、「大人数の採用を考えている」という場合におすすめの料金形態です。

応募課金型の特徴とは!成功報酬型の種類も解説

成功報酬型には、応募課金・採用課金・クリック課金の3つの種類があります。

これらは共通して掲載費用は無料ですが、それぞれ費用が発生するタイミングが異なります。

種類課金のタイミング特徴
採用課金型求職者が採用となった
  • 採用するまで費用がかからないの
  • 一人当たりの採用単価が高い
応募課金型求職者から応募が入った
  • 応募が来るまで費用がかからない
  • 単価が低め
  • 応募が多いとコストが増えるため、応募条件の工夫が必要
クリック課金型求人広告をクリックした
  • 単価は最も安い
  • 応募や採用に繋がりにくい

採用課金型の特徴

採用課金型は、一人当たりの採用単価が高いですが、採用するまでは費用がかからないので少人数の採用活動に向いています。

応募課金型の特徴

応募課金型は応募の時点で費用が発生してしまいますが、その分単価が安い傾向にあります。

応募が多ければ多いほどコストが膨らむので、「応募上限を設ける」「応募のミスマッチを防ぐ」などの工夫が必要です。

クリック課金型の特徴

クリック課金型は単価が最も安いですが、応募や採用に直結しないケースが多いのが特徴です。


京栄くんコストCTA

応募課金型求人のメリット

応募課金型求人のメリット

応募課金型サイトのメリット

応募課金には主に3つのメリットがあります。

以下のメリットを最大限活かして効率よく採用活動をしましょう。

メリット
  • 低コスト
  • 掲載期間を気にしなくて良い
  • 原稿を修正できる

順番に解説していきます。

応募課金のメリット1.低コスト

応募課金の最大のメリットは、求職者からの応募があるまで掲載コストがかからないことです。

つまり、応募がなく成果が出なかった場合は費用が発生しないので、求人広告を出すリスクを最小限に抑えることができます。

また、自社に対してどれくらいの人が興味を持っているのか、コストをかけずに調査できるのも魅力の一つです。

応募課金のメリット2.掲載期間を気にしなくて良い

応募課金では、期間を気にせず採用活動が終了するまで掲載し続けられます。掲載課金型の場合、掲載終了期間よりも早く採用人数に達しても、残りの期間分の掲載費は戻ってきません

しかし、こちらは採用に達した時点で掲載をオフにすることが出来るので、経過を見ながら採用活動を進められます。

応募課金のメリット3.原稿をいつでも修正できる

求人サイトのプランによりますが、掲載期間中は原稿を修正できるのがスタンダードです。そのため、途中で欲しい人材のターゲットを変えたい場合でもすぐ対応できます。

つまり、一度の掲載で複数のポジションの人材を集める事ができるので、事業展開がスピーディーな企業にもおすすめです。

ただ、原稿は企業側が作成しなくてはならないため、人事担当者の作業が増えることも想定して進めていくことが必要です。

応募課金型求人のデメリット

もちろん応募課金にもデメリットがあります。これらのデメリットを踏まえたうえで上手に活用出来れば、低コストで採用までつなぐ事ができるでしょう。

メリット
  • 望まない応募でもコスト発生
  • キャンセルされることもある

応募課金のデメリット1.望まない応募でもコスト発生

どんな応募でも、応募があった時点でコストが発生してしまいます。というのも、企業が求めている人材とは全く違う求職者から応募が来ることもあり得るのです。

応募課金型は、応募が多いほどコストがかかり、採用したい人材に出会えなければ無駄な出費となります。

対策として、「求める人材像を明確に記載する」など、応募の質を上げることが重要です。無駄な応募を減らせば、応募課金での費用対効果を高められるでしょう。

求める人物像を明確にするには「採用マーケティング」の考え方が大切です。

<<採用マーケティングの関連記事もチェック!>>

こちらの記事では採用マーケティングについてさらに詳しく解説しています。採用マーケティングの導入方法や事例についてさらに詳しく知りたい方はぜひ読んでみてください。

【採用マーケティング攻略】導入の5ステップや役立つ事例も紹介

応募課金のデメリット2.キャンセルされることもある

求職者側から辞退されることも考えないといけません。

例えば、求職者が複数同時に応募をかけていて、他社に採用が決まってしまった場合でもコストはかかります。なかには、入社意志がない求職者も応募してくる可能性があるので、工夫が必要です。

キャンセルを防止する対策としては、「選考にかかる時間を短縮する」ことが重要です。

そうすることで、他社に取られる前に、あるいは求職者の気が変わる前に、採用に至ることができるでしょう。

採用業務の効率化にはATSがおすすめです。

<<採用管理システム(ATS)の関連記事もチェック!>>

こちらの記事では採用管理システム(ATS)についてさらに詳しく解説しています。採用サイトが作れるATSサービスなどを知りたい方はぜひ読んでみてください。

【採用管理システム(ATS)おすすめ13選】メリット・デメリットや選び方


京栄くんコストCTA

応募課金型求人の気になる料金相場は?

応募課金型求人の料金相場は?

応募課金は、応募1件につき数千円〜2万円が相場となっています。

例えば、

  • 課金額:応募1件につき、1万円
  • 結果:応募者数:5名 採用者数:3名

この場合、応募者数が5名なので、今回の採用にかかった費用は5万円です。

ということは、採用1人あたりの単価は

50,000(円)÷3(人)=16,666円となります。

応募課金をうまく活用するには、応募者数と採用人数の差をなくして採用単価を抑える事が重要です。

応募課金型求人が向いている求人

応募課金型求人が向いている求人

応募課金型求人は、採用率が良い企業におすすめです。

なぜなら、採用率が高ければ高いほど、応募課金型求人を利用すれば採用単価を抑えられるからです。

例えば、1応募1万円として5人から応募来た場合、そこから3人採用する企業と、1人採用する企業では1人当たりにかかる採用単価に差が出ます。

  • 5人中3人採用する場合の採用単価…50,000(円)÷3(人)=16,666円
  • 5人中1人採用する場合の採用単価…50,000(円)÷1(人)=50,000円

つまり応募課金型の求人は、応募数と採用人数の差が少なければ少ないほど、採用単価が抑えられます。

応募課金求人が向いている代表的な職種の例は以下の通りです。

  • コールセンター
  • データ入力
  • 検品・梱包、仕分け作業

などが挙げられます。

未経験やスキル不要で募集をかけて、応募者のほとんどが採用に至っているという求人に適しています。

介護職や薬剤師などの特定職種も、応募者対象者が多くないので応募課金型求人が向いています。

一方で、たくさんの採用が必要なオープニングスタッフの募集は、応募者が多く発生する可能性があるので応募課金には不向きと言われています。


京栄くんコストCTA

プロに丸投げできる応募課金型サービス「京栄くん」

ここまで読んで「応募課金型求人が気になる」「応募課金型を試したいけど、効率よく運用できるか不安」という方もいるのではないでしょうか。

京栄コンサルティングが提供しているサービス「京栄くん」なら、プロに丸投げできる応募課金型サービスだから低リスクハイリターンで利用できます。

【京栄くんの特徴】
料金形態応募課金型で低リスク
サービス自社の採用サイトをプロが作成
初期費用・月額費用無料
サイトの運用・集客プロによる効率的な運用
応募単価予算に合わせて相談可

「京栄くん」なら初期費用無料で、マーケティング・コピーライティング・SEO対策・有料広告運用に精通したチームが独自ノウハウを最大限活用し採用サイト・求人広告を原稿・画像から無料で作成致します。

応募者の集客・採用にお困りの採用担当者の方は是非一度「京栄くん」を使ってみませんか。

おすすめの応募課金型求人サイト4選

おすすめの応募課金型求人サイト4選

ここではおすすめの応募課金型求人サイトを紹介します。

下記の4サイトです。

  • しゅふJOB(主婦層をターゲットにするなら)
  • マイナビバイト(10代~20代をターゲットにするなら)
  • ワークゲート(幅広いユーザーを獲得できる)
  • シフトワークス(アルバイトの求人におすすめ)
求人サイト料金(1応募当たり)特徴
しゅふJOB5,000円~
  • 主婦層をターゲット
  • サポートも充実
マイナビバイト8,000円~
  • 10代~20代をターゲット
  • プランやオプションが充実
ワークゲート3,300円~
  • 幅広いユーザー
  • コスパが良い
シフトワークス6,000円~
  • アルバイト求人におすすめ
  • 姉妹サイトへ無料で転載してくれる

それぞれの特徴を詳しく解説していきます。

主婦層をターゲットにするなら「しゅふJOB」

まず1つ目は、応募課金型求人サイトで最も注目されている『しゅふJOB』です。

名前の通り主婦(しゅふ)層がターゲットで、特に40代を中心に30〜50代の社会人経験者からの応募が集中しています。

導入実績は22,000社以上と全国で契約数が上昇中のサイトで、登録会員数もここ5年間で約10倍も増えて35万人を突破しています。

【しゅふJOBの主な特徴】

①働きたいしゅふからの応募が圧倒的に多い

  • 3人に1人がしゅふJOBへアクセス
  • パートに専門特化

②採用達成までプロの徹底サポートがある

  • 申込から掲載まで担当者が徹底サポート
  • 成果が出ない時は随時フォロー

低コストで採用達成

  • 応募が集まりやすい条件でコスパが良い
  • 応募課金型プランで採用できなかった場合のリスクを抑える

【しゅふJOBが企業から支持される理由】

①応募上限数を決めることができるので、予想以上の応募で予算を超えてしまう心配がない

②ターゲットが、しゅふと明確になっているので、応募者と企業が求める人材との間にミスマッチが少なく、採用率が他媒体より高い

③しゅふのプロライターが無料で原稿を作成してくれる

④企業がしゅふJOBを安心して利用するためサービスがある

  • 複数の同時応募ができない
  • 求職者へ応募に関する注意喚起
  • 応募数の上限設定
  • 応募時に求職者へ質問機能

これらの機能があることで予算オーバーや、ミスマッチを事前に防ぐことができるようになっています。

【しゅふJOBの料金】

しゅふJOBの料金体系は『職種ごと』に単価を設定しています。

職種料金
未経験 資格不要
例) 一般事務、受付、接客業、軽作業など
5,000円
実務経験有り 資格有り
例) 経理財務、塾講師、カウンターセールスなど
7,500円
国家資格 医療介護職 専門性の高い職種
例) 法人営業、家事代行、ネイリスト、ヨガインストラクターなど
8,000円以上

※金額は全て1応募あたりの単価です。

しゅふJOBは、企業が求める人材に低価格で出会えるように、そして常に最新システムへアップデートし続けています。

10代~20代をターゲットにするなら「マイナビバイト」

2つ目は大手求人サイトの『マイナビバイト』です。テレビCMやWeb広告などの広告戦略で知名度がぐんと上がっている媒体の1つです。

マイナビバイトのユーザー層は10代〜20代の学生やフリーターが7割を占め、若年層から多く支持されています。

実は、マイナビバイトの応募課金を利用する際は、他媒体と併用するのがオススメです。その理由はこの後詳しく説明していきます。

【マイナビバイトの主な特徴】

プランやオプションが充実している

  • 掲載地域や期間、掲載順位による料金体系
  • 上位掲載を狙うオプションが豊富

無料でLINEバイトに同時掲載できる

  • LINEを使う事で幅広いユーザーを獲得
  • LINEから応募や面接日程のやり取りができる

③条件一致で属性別アプリにも連携

  • 留学生、大学生、高校生、短期の属性別アプリで、求める人材に向けてアプローチ

オンライン面接機能

  • 忙しい求職者とも効率よく面接できるためキャンセル防止につながる

【マイナビバイトが支持される理由】

  • 登録会員数が多い
  • ユーザーにとって分かりやすい原稿内容
  • 1時間毎に求人がシャッフルされるので上位掲載される可能性もある

登録会員数に比例して求人の量も多いので、応募課金プランのみだと正直効果は出にくいです。

ただ、認知度の高い求人サイトに載せることやLINEバイトと連動する機能で、ユーザーの目に止まる確率は確実に上がります。

掲載費は無料なので、大手求人サイトもうまく活用してみてください。

【マイナビバイトの料金】

マイナビバイトの料金は掲載地域掲載順位で異なります。つまり人口が多い首都圏や上位掲載のプランほど高額になっていくのです。

反対に、マイナビバイトの応募課金プランである『エントリープラン』『エントリープラス』は掲載費が無料な分、掲載順位は低くなってしまいます。

上記の理由から、応募課金を利用する際は、他媒体と併用した方が効果がより早く期待できるのです。

そして応募課金の料金は、以下の通り掲載地域関係なく一律です。

プラン料金
エントリープラン8,000円
エントリープラスプラン15,000円

※金額は全て1応募あたりの単価です。

ただし医療・介護・保育の職種に限り、15000円でエントリープランから掲載という制約があります。

幅広いユーザーを獲得できる「ワークゲート」

3つ目が求人情報の提携サイトが豊富な『ワークゲート』です。

ワークゲートは、とくに一般企業から支持されており、様々な雇用形態の求人で幅広いユーザーを獲得している求人サイトです。

提携メディアでは、Beginner  Jobコレ 転職EX  シゴトINなどがあります。

【ワークゲートの主な特徴】

①コスパがいい

  • 応募一件につき3,300円〜
  • 掲載期間、掲載数に制限なし

②とにかくスピーディー

  • 申込から掲載まで最短1日以内
  • CSV機能で他メディアに一括掲載

③集客力

  • 29サイトの求人メディアと提携
  • 正社員、アルバイト、派遣社員等9種類の雇用形態に対応

【ワークゲートが支持される理由】

  • 質の高い応募
  • さまざまな職種、雇用形態に対応
  • 応募課金型の求人サイトの中でも低コスト

ワークゲートは企業の募集条件、採用基準など、採用担当者が応募者とマッチするように求人情報を定期的に見直しています。

低コストで幅広く雇用形態を募集したい企業や、急ぎの募集をしたい企業にはワークゲートがおすすめです。

【ワークゲートの料金】

ワークゲートの料金体系は、雇用形態別に決められています。

職種雇用形態料金
通常の職種アルバイト、派遣社員3,300円
正社員6,600円
特定職種
看護師、管理栄養士、保健指導員
アルバイト、派遣社員5,500円
正社員11,000円

※金額は全て1応募あたりの単価です。

前に紹介している2媒体と比較しても低価格なのが分かりますね。

また、急ぎの募集や、大量募集したい企業のために検索順位を上げる為のオプションもあります。なんと、追加料金は10円単位です。

ワークゲートでも、しゅふJOBと同様で、応募上限数の設定と複数同時の応募ができないようになっているので、大幅に予算を越えてしまう心配もありません。

アルバイト・パートの求人におすすめ『シフトワークス』

4つ目は、アルバイトに特化した求人サイト『シフトワークス』です。

姉妹サイトがあり、ミドル・シニア向け専門サイト「はた楽求人ナビ」、週25時間以下の短時間求人専門サイト「mizicana」、外国人留学生専門サイト「ニホンdeバイト」への無料・同時掲載ができます。

また、1原稿=1勤務地×1職種+シフト情報の掲載となるため、1つの職種に対して様々なシフトで募集することができ、応募者のニーズを満たしやすくなっています。

【シフトワークスの主な特徴】

①姉妹サイトへ無料転載してくれる

  • 姉妹サイトの「はた楽求人ナビ」「mizicana」「ニホンdeバイト」へ無料で同時掲載
  • さまざまな属性の応募者へ訴求可能

②ミドル・シニア層の求職者からの応募が多い

  • 40代~60代からの応募が6割を占める
  • 幅広い年齢層が利用

③応募者とのミスマッチを防ぐ

  • さまざまな属性の求人サイトへ転載
  • 細かい検索機能でミスマッチを防ぐ

【シフトワークスが企業から支持される理由】

  • 豊富な外部サイトへの求人掲載
  • 職種当たり複数のシフトを募集可能
  • 応募者とのミスマッチが少なく、無駄な費用をかける心配がない

アルバイト・パートで効果的な求人をしたいなら、シフトワークスは非常におすすめです。

【シフトワークスの料金】

シフトワークスの料金はプランごとに設定しています。

プラン料金(税別)
シンプルプラン6,000円
シンプルプラン(原稿作成代行付)8,000円
スタンダードプラン10,000円
スタンダードプラン(原稿作成代行付)12,000円

※金額は全て1応募あたりの単価です。

シンプルプランはオプションがないシンプルなプラン。スタンダードプランは「リストトップ」「リストアピール」などの目立つ場所に求人掲載してくれるプランです。

応募課金型求人で成果を出すコツ

応募課金型求人で成果を出すコツ

応募課金型求人は上記でも記載した通り「望まない応募でもコストが発生する」というデメリットがあります。

応募課金型求人で効果を出すには、「いかに応募を取り逃さないか」が重要です。それを踏まえた上で、効果を出すためのコツは以下の通りです。

応募課金型求人で効果を出すコツ

 

  • 応募者と求める人材のミスマッチを防ぐ
  • 応募後のフローを明確に提示し、迅速な対応をする
  • 求人内容を見直す

これらのデメリットをどうなくすかが応募課金型求人で成果を上げるポイントです。

コツ1.応募者と求める人材のミスマッチを防ぐ

応募者と求める求人のミスマッチを防ぐことが大切です。

求める人物像の設定を行い、こういう方を求めていると言うことを求人内容で伝える工夫をしましょう。

画像やキャッチコピーなども工夫することでミスマッチを大幅に減らせる可能性があります。

コツ2.応募後のフローを明確に提示し、迅速な対応をする。

応募課金型で効果を出すには、応募後のフローを明確に提示し、迅速な対応をすることが大切です。

応募後キャンセルされてしまうこともあります。原因としてはいくつかありますが根本の原因は応募者が不安になってしまうことかもしれません。

そこで応募後どれくらいで次の選考に進むのか・必要な書類はあるのか?など徹底的に伝えれるようにしましょう。

また不安を与える暇もなく迅速に対応するのも重要です。

コツ3.求人内容を見直す

応募者が来ないときは求人内容を見直してみましょう。

他社と比べてどうかやきちんと仕事内容は明確になっているかなど。

職場の雰囲気を伝えるために社内の写真や配属部署の写真なども掲載してみるのもよいでしょう。

<<求人応募の書き方の関連記事もチェック!>>

こちらの記事では求人応募書き方についてさらに詳しく解説しています。応募が集まる求人の書き方について詳しく知りたい方はぜひ読んでみてください。

【改善テンプレート有り】応募が殺到する求人広告の書き方を解説

まとめ|応募課金型求人サイトは低リスクの求人募集方法

まとめ|応募金型サイトでは京栄くんもおすすめ
京栄くんは応募課金型のサイトの中でもコスパが非常に良いのでおすすめです。

ここまで応募課金の仕組みやおすすめの求人サイトを紹介してきました。

応募課金は掲載費用が無料なので試してみる価値はあります。

ただ、求める人材以外からの応募でも費用が発生してしまうので、自社が求めるターゲット層に強い媒体かどうか事前の下調べが必要です。

また、原稿作成を担当する媒体側の採用担当者のノウハウも結果に影響するので、企業情報等を共有しておくことも大切です。

採用率の高い企業であれば費用対効果が高くなることが期待されるため利用することをおすすめします。

「京栄くん」なら、採用サイトの作成・運用は丸投げできるので、しっかりと効果の出る採用サイトが完成しますよ。

【京栄くんの特徴】
料金形態応募課金型で低リスク
サービス自社の採用サイトをプロが作成
初期費用・月額費用無料
サイトの運用・集客プロによる効率的な運用
応募単価予算に合わせて相談可

投稿者プロフィール

木戸涼介
木戸涼介株式会社京栄コンサルティング 求人メディアチーム 主任
求人営業として原稿作成・集客などを学び、「京栄くん」の運営に携わる。自社メディアのデータ分析・改善からコラム記事を書いてくれるフリーランスの管理・指示など幅広く業務を行っています。