「HRMOSってどんなサービス?」「HRMOS採用は導入するべき?」など、HRMOS採用について気になっている方も多いのではないでしょうか。HRMOS採用とは株式会社ビズリーチが提供するATS(採用管理システム)サービスです。今回はHRMOS採用について、機能や特徴、メリット、導入の注意点などを紹介していきます。HRMOS採用を導入するか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね。

HRMOS採用とは

コスパを求めるなら京栄くん

「HRMOS(ハーモス)採用」とは株式会社ビズリーチが提供するATS(採用管理システム)サービスです。「採用コストが安くなる」をコンセプトとして、採用プロセスの可視化、業務の効率化などができます。新卒・中途問わずすべての人材採用を一元管理でき、機能数も業界最高水準を誇るため、幅広い利用が可能です。

HRMOSシリーズはHRMOS採用以外にも「HRMOS評価(人事評価クラウド)」「HRMOS CORE(従業員データベース)」があります。これらの人事サービスと連携し、採用から育成、評価まで、あらゆる人材データを活用。従業員のパフォーマンスを最適化できます。また、HRMOS採用を提供している株式会社ビズリーチは、ハイキャリア転職サイト「ビズリーチ」や若者世代をターゲットにした転職サイト「キャリトレ」も運営しているため、連携して幅広い世代の集客も可能です。

HRMOS採用の機能・特徴

HRMOS採用は採用コストが安くなるATS(採用管理システム)です。では、具体的にはどのような機能があるのでしょうか?ここではHRMOS採用の機能や特徴について紹介していきます。
HRMOSの基本的な機能をまとめると以下の通りです。

<HRMOSの機能一覧>
・求人票の作成
・求人検索エンジン対応
・求人媒体連携、求人の一元管理
・選考の進捗管理、面接設定
・ダッシュボードで応募者情報の一元管理、採用のタスク管理
・タレントプール(人材管理データベース)
・レポート機能で応募・選考、面接官評価、採用ROIなどが確認可能
・柔軟な権限設定
・モバイル対応
・リファラル採用(社員による人材紹介)
・エージェント(人材紹介会社)の管理・連絡
・英語対応
・日程調整機能
・面接・評価の自動リマインド
・テンプレート機能

以上の機能があります。
また、HRMOSはサポート体制も充実しています。

<HRMOSのサポート体制>
・担当者による初期設定のサポート
・導入後も定期的なサポート
・「ユーザー会」で同じツールを使う人事担当とノウハウ共有
・さまざまな機能追加、アップデートでより使いやすく

導入前、導入後もサポートをしてくれるため、安心して使い続けることができます。他にも、HRMOSは2017年グッドデザイン賞を受賞しており、「優れたUI性」「万全のセキュリティ」も特徴です。

HRMOS採用の料金

HRMOSは料金プランなどがないため、公式サイト(https://hrmos.co/)から問い合わせて見積もりをしてもらう必要があります。自社の採用状況や採用課題に合わせて担当者が料金プランを組んでくれます。月額制で初期費用は掛かりません。

HRMOS採用導入で得られるメリット

採用マーケティングを進める流れ

ここまで、HRMOS採用について特徴や料金について紹介してきました。HRMOS採用がどういったサービスなのか、理解が深まってきたのではないでしょうか。では、実際にHRMOS採用を導入するとどのようなメリットがあるのでしょうか。ここからはHRMOS採用のメリットを紹介していきます。まとめると以下の通りです。

<HRMOS採用を導入するメリット>
・「採用業務効率化」「応募者拡大」「採用スピードアップ」など、採用の効率化
・転職サイトと連携でき、中途採用に強い
・セキュリティも万全
・デザインに優れ、操作性が高い
1つずつ詳しく解説していきます。

HRMOS採用のメリット1.採用の効率化

HRMOS採用のメリットは「採用が効率化できる」ことがあげられます。具体的には「採用業務の効率化」「応募者の増加」「採用コストの削減」などです。

採用業務の効率化

情報の一元管理で業務の無駄を可視化でき、応募~入社までの「リードタイムの短縮」や社内外との「連絡ミスの減少」につながります。その結果、工数が削減でき、採用業務が効率的になります。

応募者の増加

HRMOS採用でデータを分析することで採用の課題が可視化できるため、採用にかかる時間が短縮され採用率が向上します。「ビズリーチ」「キャリトレ」と連携でき、応募者増も見込めるでしょう。他にも、人材紹介会社とのやり取りや、リファラル採用(社員による紹介)の活用もしやすく、それぞれの企業に適した採用方法で応募者の増加が見込めます。

採用コスト削減

HRMOS採用で業務を効率化、応募者の増加が期待できるため、採用コストも削減されます。求人媒体を一元管理できるため、無駄な応募も可視化でき採用の効率化、掲載コストの削減も可能です。
また、採用サイトからの直接応募やリファラル採用など、採用コストがかからない施策もできるため、「採用コストを抑えたい」という場合にもおすすめです

HRMOS採用のメリット2.中途採用に強い

HRMOSは「ビズリーチ」や「キャリトレ」などの転職サイトと連携ができるため中途採用に強く、幅広い求人に対応可能です。
「ビズリーチ」はハイキャリア向けの転職サイトで、連携することで高いスキルを持つ即戦力の人材を獲得できます。「キャリトレ」は20代向けの転職サイトで、若い人材を採用したい場合に向いています。
もちろん、中途採用だけでなく、新卒・第二新卒・アルバイト採用など形態の異なる採用もサポートしてくれます。

HRMOS採用のメリット3.セキュリティも万全

HRMOS採用はセキュリティにも力を入れており、プライバシーマークを取得済みです。そのため、個人情報の管理も安心感があり、情報漏洩を未然に防ぐ機能や、オンライン採用に安心な機能も搭載されています。

採用は個人情報を取り扱うこともあり、「安心安全に使える採用管理システムを使いたい」という場合にも、HRMOS採用はおすすめです。

HRMOS採用のメリット4.デザインに優れ、操作性も高い

HRMOS採用はグッドデザイン賞を受賞した操作性もメリットの1つです。管理画面はわかりやすく、グラフは見やすいため、データの管理・分析にストレスを感じることがなく、操作も誰でも簡単に行えます。

採用サイトの作成も簡単のため、外部やIT部門に頼る必要もありません。
採用担当の負担やストレスが軽減できる採用管理システムです。

HRMOS採用導入の注意点

careerjetのメリットは?
careerjetのメリットをしっかり理解することで効率よく採用活動をすることができます。

ここまで、HRMOS採用のメリットを紹介してきました。HRMOS採用は多様なメリットがある一方で、導入について注意点もあります。ここからはHRMOS採用の注意点について以下の2つを紹介していきます。

<HRMOS採用の注意点>
・小規模採用では効果が得られにくい
・新卒採用には別の採用管理システムが必要

1つずつ詳しく解説していきます。HRMOS採用のマイナス面までしっかりと把握し、導入するか判断してくださいね。

HRMOS採用の注意点1.小規模採用では効果が得られにくい

HRMOS採用の注意点としては「小規模採用では効果が得られにくい」ということがあります。

HRMOS採用は採用業務を効率化してくれますが、それは大規模で複雑な採用活動でこそ効果を発揮します。応募数が少ない場合は採用コストもHRMOS採用にかかるコストを回収できない恐れもあり、それほど効果を得られないでしょう。
ある程度の人数を採用しないと費用対効果が合わないことは把握しておきましょう。

HRMOS採用の注意点2.新卒採用にはあまり向かない

HRMOS採用は中途採用に強い反面で、新卒採用の場合はあまり効果を発揮しません。新卒採用をするのであれば、「HRMOS採用 新卒エディション」の契約も視野に入れる必要があります。

導入企業の中にも新卒向けの管理システムを別に使用している企業もあり、「中途採用に力を入れたい」という企業に向いています。

HRMOS採用はこんな企業におすすめ

ここまで、HRMOS採用のメリットや注意点について紹介してきました。HRMOS採用は「採用の効率化」や「操作性の高さ」などがメリットですが、「少人数の採用には向かない」ことが注意点です。

では、HRMOS採用はどういった企業におすすめなのか、これまでのメリットや注意点をもとにまとめると以下の通りです。

<HRMOS採用はこんな企業におすすめ>
・大規模な採用を予定している
・中途採用に力を入れたい
・採用担当者が忙しすぎる。採用活動の無駄をなくして業務を効率化したい
・採用にかけられる時間が少ない。採用に時間をかけたくない
・自社の採用活動の課題を明確にしたい。どうすれば採用が成功するのかわからない
・採用が上手くいかない。募集が少ない。ほしい人材が集まらない
・採用サイトを作成、運用したい。採用サイトからの募集で費用対効果を下げ、採用率を上げたい。
・採用管理システムを使ってみたいが、詳しくないので使いやすいシステムを導入したい
・現在使っているシステムが使いにくく、新しい採用管理システムを探している
・セキュリティに不安があり、対策が万全なシステムを使いたい
・導入に不安があるのでサポートしてほしい

これらの特徴に当てはまるなら、HRMOS採用の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

HROMSを導入するまでの流れ

ここまで、HRMOS採用を利用するべき企業の特徴を紹介してきました。ここまで読んで「HRMOS採用に興味がある」「HRMOS採用に問い合わせてみようかな」と考えている方も多いのではないでしょうか。
ここでは、HRMOS採用を導入し、利用開始するまでの流れを紹介していきます。HRMOS採用を導入するまでの流れをイメージしながら、読んでみてくださいね。

HRMOS採用を導入するまでの流れ>

  1. HRMOS採用の公式サイト(https://hrmos.co/)から問い合わせ
  2. 担当者との打ち合わせ。自社に合った料金プランを提示してくれる
  3. 申し込み。最短7営業日目からアカウント開設可能
  4. 利用開始。電話にて担当者が初期設定をサポート
  5. 月に3~5回導入セミナーがあり、何度でも参加可能
  6. 運用開始。毎月ユーザー会があり、情報共有が可能。導入後も担当者がサポートしてくれる

HRMOS採用を効果的に利用するには?

ここまでHRMOS採用を導入するまでの流れを紹介してきました。HRMOS採用を導入する際は担当者のサポートもあるため、導入はそれほど難しくないことはお分かりいただけたかと思います。ここからは、HRMOS採用をより効果的に利用するポイントを紹介していきます。まとめると以下の通りです。

・レポートやデータ分析で課題を可視化し、PDCAサイクルを回す
・リファラル採用やダイレクトリクルーティングなど、自社に合った効果的な方法で採用を行う
・業務を効率化し、採用にかける時間の短縮を図る

1つずつ詳しく解説していきます。HRMOS採用は非常に優秀なシステムですが、使い方を工夫することでさらなる効果が見込めるでしょう。

HRMOS採用を利用するポイント1.課題を可視化

HRMOS採用ではさまざまなデータやグラフなどの情報を見えるかでき、採用における課題が浮き彫りになります。この可視化された課題をもとに現状を把握し、採用活動の改善に活かすことで、採用の効率化が図れます。また、課題や改善の結果が数字で見えるため、ノウハウが溜まっていき、今後の採用にも活かすことが可能です。
「採用の課題がわからない」「採用をどう改善していけばいいかわからない」という方におすすめです。

HRMOS採用を利用するポイント2.自社に合った採用方法を

HRMOS採用では「求人サイト」や「求人検索エンジン」「採用サイト」からの応募はもちろん、「人材紹介」「リファラル採用」「ダイレクトリクルーティング」「SNS連携」などさまざまな採用手法を取り入れることができます。

そのため、自社に合った採用手法で採用活動を伸ばし、母集団を形成できることが魅力です。

HRMOS採用を利用するポイント3.採用業務を効率化

HRMOS採用は応募者情報を一元管理できたり、スケジュール調整やタスク管理、レポート機能で分析ができたりなど、とにかく採用に関する業務を効率化できることが魅力です。

採用業務の効率化は「採用に時間をかけられない」「マンパワーが足りず、応募者への対応が遅れてしまう」といった悩みを解決できるだけでなく、「採用コストの削減」「良い人材を逃さない選考スピード」などの魅力があるため、まずは採用業務の効率化を試みるのがおすすめです。

HRMOS採用まとめ

ここまでHRMOS採用について機能や特徴、メリットや導入の注意点などを紹介してきました。この記事の内容を改めておさらいすると以下の通りです。

<この記事のまとめ>
・HRMOS採用とは、株式会社ビズリーチが提供するATS(採用管理システム)
・「採用コストが安くなるATS」で、採用に関する多種多様な機能を搭載
・担当者によるサポートも充実していて、初期設定から導入後まで安心
・HRMOS採用は「採用の効率化ができる」「中途に強い」「セキュリティも万全」「デザイン性、操作性にも優れている」ことがメリット
・小規模の採用では効果を得られにくいため導入に注意
・HRMOS採用は「大規模採用したい」「課題を見える化したい」「採用業務を効率化したい」などの企業におすすめ
・HRMOS採用を効果的に活用するには「課題の可視化」「自社に合った採用手法の選択」が大切

ぜひこの記事の内容を参考に、HRMOS採用の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

リスク0で採用サイトを作成するなら「京栄くん」

ここまで読んで「自社の採用サイトを持ちたい」「採用コストを下げたい」と考えている方も多いかと思います。ですが、採用サイトを制作するには初期費用・運用費用が掛かりますし、日々改善をしながらアクセスアップを狙わなければなりません。採用コストを下げるにも、システムを導入するにはリスクがあるため、なかなか決断できないという方も多いのではないでしょうか。

そんな時は、完全成果報酬型のサービス「京栄くん」を利用してみてはいかがでしょうか。

「京栄くん」なら初期費用無料・運用費用無料で採用サイトの作成・運用を代行してくれるサービスです。費用が発生するのは応募単価のみなので、リスクをかけずに採用サイトを持つことができます。他にも以下のような特徴が「京栄くん」にはあり、あなたの会社の採用をサポートします。

・  サイト構築・求人掲載・集客、すべて無料
・  独自ノウハウで採用を効率化
・  応募時のみの完全成果報酬型

サイトの構築や求人原稿の作成、求人広告への掲載も全部代行してくれるので、導入も非常に簡単。手間もお金もかからずに採用サイトが出来上がります。
「初期費用も運用費用も0円ということは応募単価が高いのでは?」と感じた方もいるかもしれませんが、京栄君なら「希望の応募単価に合わせてサービスを構築・運用することも可能」です。そのため、コストが高くなりすぎることもありません。

採用サイトを初期費用0円で作成・運用するなら、まずは京栄くんに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

    会社名必須
    必須
    必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    お問い合わせ種別必須
    お問い合わせ内容必須


    お見積もり・ご相談など下記フォームにてお気軽にお問い合わせください。内容を確認次第、担当者よりご連絡を差し上げます。
    ※同業他社様からの資料のご請求はご遠慮頂いております。

    投稿者プロフィール

    木戸涼介
    木戸涼介株式会社京栄コンサルティング 求人メディアチーム 主任
    求人営業として原稿作成・集客などを学び、「京栄くん」の運営に携わる。自社メディアのデータ分析・改善からコラム記事を書いてくれるフリーランスの管理・指示など幅広く業務を行っています。