「 i web」は、機能性や操作性の高さから多くの企業に導入されている採用管理システムです。

新卒採用・中途採用どちらにも対応。

セミナーの開催や内定者のフォローアップなどにも対応しており、採用活動の準備から内定後まで、さまざまなシーンで活用できます。

今回は、採用管理システムの導入を検討している方に向けて、i webの特徴やメリット・デメリットなどを解説していきましょう。

特に注目したい機能についても紹介するので、自社で想定する採用活動と照らし合わせながら参考にしてください。

i webとは

i webは、株式会社ヒューマネージが提供する採用管理システムです。

応募者と企業をつなぐプラットフォームとされており、新卒採用・中途採用のどちらにも適したモデルが用意されています。

中でも新卒採用向け採用管理システムとしては、導入シェアNo.1を獲得しました。

機能としては、選考業務におけるデータの管理や、応募者とのコミュニケーション、採用業務の成果や効率を分析できる統計機能などを搭載。

さまざまなシーンで柔軟に対応できる豊富な機能や操作のしやすさから、幅広い規模や業種の企業に利用されています。


京栄くんコストCTA

i webの特徴

i webは、採用管理システムの中でもどのような特徴があるのでしょうか?

ここでは、特に注目したいi webの特徴を紹介していきます。

導入シェアNo.1の採用管理システム

i webは1998年にリリースされて以来、数多くの企業に導入された実績があり、多くの有名企業・大手企業でも利用されています。

また、新卒向けの採用管理システムとしては、導入シェアNo.1(※)を14年連続で獲得(2022年4月時点の情報です)。

機能性の高さや優れた操作性が、長年にわたって評価されています。

iwebのサービス一覧

i webは採用活動におけるさまざまなシーンに合わせて、多様なモデルを用意しているのが特徴です。

新卒・キャリア採用の区分はもちろん、インターンシップに特化したモデルグローバル人材の採用に特化したモデル内定後のフォローに適したモデルなど多岐にわたります。

また、機能面では採用活動における面接やセミナー、社員訪問などをサポートするシステムなど、選考の段階に応じたサービスを完備。

i webを導入するだけで、採用活動におけるあらゆる悩みをまとめて解決できるでしょう。

具体的なサービスの一覧としては、下記をご覧ください。

  • 新卒採用モデル 
  • インターンシップモデル
  • グローバル採用モデル
  • グループ採用モデル
  • 面接支援モデル
  • リクルーター支援モデル
  • キャリア採用モデル
  • 内定者フォローモデル
  • 新入社員モデル
  • AIエンジン搭載型 採用支援システム
  • オンライン面接プラットフォーム
  • アプリ対応型 録画面接システム
  • オンラインセミナー配信システム
  • オンライン型 社員訪問システム
  • 応募者向けプラットフォームアプリ 
  • RPOサービス 
  • ビッグデータサービス
  • 採用広報サービス
  • Webセミナーサービス
  • CMS

豊富なサービスが搭載

i webを導入すれば、応募者の管理などの基本的なシステムに加え、下記のようなサービスも利用できるようになります。

それぞれ具体的に紹介していきましょう。

i-web LIVE

「i web LIVE」は、i webと連動できるオンライン面接システムです。

普段応募者の情報を管理しているシステム上で面接も行うことができるので、他のシステム操作を並行して覚える必要もありませんし、面接の情報も整理しやすくなります。

録画機能も付いているため、面接の振り返りや評価の妥当性を検討する際にも活用できるでしょう。

また、複数人での面接も可能なので、集団面接やグループディスカッションをオンライン上で行う際にも便利です。

i-web MOVE

i-web MOVIEは、アプリ対応型の録画面接システムです。

応募者はアプリをダウンロードすれば好きなタイミング、好きな場所から受け答えができ、企業は都合の良いタイミングで内容を確認・評価することができます。

面接でする質問の内容、数、時間は、それぞれ自由に設定することが可能です。

i-web MOVIEを利用すれば、時間や場所を問わずにオンライン面接ができるようになります。

i-web CAST

i-web CASTは、オンラインセミナー配信システムです。

会社の説明会の様子などを、最大100万人にリアルタイムで配信することができます。

PCのWebカメラで撮影したものを、そのままi webのマイページ上で配信することができるため撮影スタジオや機材は不要です。

地方や海外の応募者にも配信できるため、遠方にいる求職者にも採用情報を届けることができます。

また、i-web CASTで配信した映像を録画し、リアルタイムで参加できなかった応募者にオンデマンド配信することも可能です。

i-web meets

i-web meetsは、オンライン上型の社員訪問システムです。

この機能を使うことで、応募者が企業についてより詳しく知るために大切な社員訪問を、オンライン上で行えるようになります。

マイページ上で面談を担当する社員を探すこともできますし、そのまま日程調整も可能です。

オンライン上でなく実際に対面して面談をする場合でも、同じように日程調整の機能を利用できます。

その後、面談もi web上で行えるため、社員訪問にかかる一連の流れをすべて一括で済ませられるサービスです。

i-web CONNECT

i-web CONNECTは、応募者向けのマルチプラットフォームアプリです。

i-web専用のアプリで、オンライン面接のi-web LIVEや録画型面接ができるi-web MOVEもこのアプリ上で利用することもできます。

他にも、リアルイベントで便利なQRチェックイン機能や、会社説明会やセミナーを盛り上げるリアルタイムアンケート機能なども搭載。

オンライン・オフラインどちらでも役立つアプリとなっています。

プッシュ通知機能もあるため、応募者に対してより確実に採用情報を届けることが可能です。

i-web CMS

i-web CMSは、i webに標準搭載されているWEBコンテンツ制作ツールです。

CMSとは「コンテンツ・マネジメント・システム」の略で、Webサイトのコンテンツを構成する要素を一元管理するシステムのこと。

i-web CMSを使えば、システム上で簡単にデザイン性の高い採用サイトを作ることができます。

直感的に操作できるため、HTMLやCSSなどの知識が無い担当者でも安心です。

フォーマットが豊富に用意されているので、デザイナー不要でおしゃれなWebサイトを作ることもできます。


京栄くんコストCTA

i webのメリット

i webを導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

ここではi webの代表的なメリットをいくつか紹介していきます。

大手就職情報サイトと連動できる

i webは業界で唯一、大手就職情報サイトのリクナビやキャリタス就活とリアルタイム連動できる採用管理システムです。

応募者情報が自動で同期されるので、手間をかけることなく正確にエントリーデータを管理することができます。

他にも、CFN(Career Forum.Net)、ONE CAREER、外資就活ドットコム、TECH OFFER、OfferBoxともリアルタイム連動が可能です。

適性検査サービスとも連動可能

i webは、SPI3をはじめとした適性検査サービスとも連動が可能です。

また、運営元の株式会社ヒューマネージが展開しているコンピテンシー適性検査のAnother 8や、コーピング適性検査『G9』なども連動します。

検査結果を参考にしながら、人材の見極めが素早く、的確にできるようになるでしょう。

多様な採用方法であらゆる選考パターンに対応

i webは「新卒採用向け」「中途採用向け」の2種類だけでなく、多種多様なモデルが用意されています。

インターンシップやグローバル人材の募集など、採用活動のシーンにおいて、あらゆる選考パターンに対して柔軟に対応できるようになるでしょう。

会社説明会や面接、社員訪問なども全てi web上で行えるため、オンラインでの採用活動を網羅的にサポートしてくれます。

定期的なレポーティングを受けられる

i web上で確認できる統計機能を利用することはもちろん、i webを使用する各社より蓄積されてきたデータをもとにした採用動向も、定期的にレポーティングしてもらえます。

導入シェアNo.1のi webが持つ膨大なデータだからこそできる改善提案を参考にしながら、採用活動におけるPDCAを回すことが可能です。

充実したサポートが用意されている

i webは機能が豊富な採用管理システムですが、人によるサポートも充実しています。

導入時もしっかりサポートしてもらえるため、システムの利用に不安がある方も安心して利用開始できるでしょう。

RPOサービス(採用プロセスアウトソーシングサービス)の提供もあり、業務内容における改善提案から、応募者とのコミュニケーションの代行まで、充実したサポートがあります。

セキュリティ性が高い

i webのセキュリティ性能は非常に高く、国際規格に準拠しています。

採用活動では数多くの応募者情報を管理することになるため、採用管理システムを選択する際はセキュリティ性能に注目することも重要です。

株式会社ヒューマネージは、1998年にプライバシーマークを取得しました。

これは、国内第1号認定企業だとされています。

さらに、ITサービスマネジメントの国際規格ISO20000認証を国内の人材サービス業界で初めて取得したり、情報セキュリティマネジメントシステムISO27001認証を取得したりと、セキュリティ対策における取り組みを継続的に行っているのが特徴です。

国際規格に準拠しているセキュリティサービスレベルを安定的に担保しているため、安心して利用することができるでしょう。

i webのデメリット

i webは操作性に優れ、あらゆるシーンに対応できる機能が魅力的な採用管理システムです。

日常における採用業務を可視化したり、利便性を高めたり、効率化してコストを削減したりする目的での導入に役立つでしょう。

一方で、採用代行サービスではないことから、業務量自体を削減できる訳ではありません。

また、あくまでも採用業務を一括で管理することを得意としたシステムであり、応募者の増加施策という訳で無い点も、デメリットの一つと言えるでしょう。

他の業務と兼任して採用業務が片手間になってしまう方や、応募者の獲得自体に悩みを持つ方は、採用管理システムの導入のみでは課題を解決しきれないと考えられます。

上記のような方は、採用管理システムより採用代行サービスの導入がおすすめです。


京栄くんコストCTA

採用代行サービスなら完全成果報酬型の「京栄くん」

京栄くんがおすすめ 詳しくはこちら

京栄くんは、”完全成果報酬型”の採用代行サービスです。

採用サイトの作成、求人広告の原稿作成・画像作成、採用情報の露出を増やす広告出稿やSEO対策などを、全てまとめて代行しています。

お客様に行っていただく作業は、基本的には成果物の確認のみです。

実作業は全てお任せいただくため、業務の負担を大幅に削減できるでしょう。

また、応募者に対して課金が発生するシステムのため、採用サイトの制作費や広告出稿費といった初期費用・ランニングコストは一切かかりません。

採用代行および採用領域におけるWEBマーケティングの実績が豊富にあるため、応募単価を相場より下げることが可能です。

採用代行サービスの京栄くんについて、より詳しく知りたい方はこちら

応募単価は企業ごとに設定しています。

実際にお見積もりをしたいという方は、お気軽にこちらのフォームからお問い合わせください。

投稿者プロフィール

古田理奈
古田理奈
人材系やBtoBなどのジャンルのコンテンツ作成を得意とするフリーランスの編集者・ライター。「京栄くん」では主に商品紹介やハウツー系のコラム記事の執筆を担当しています。