良い人材を採用するために、自社で採用サイトを作る会社が増えています。

そこで気になるのが費用。できるだけ費用を抑えながら、結果に結びつく採用サイトを作りたいと考える方が多いのではないでしょうか。

ここでは採用サイトにかかる費用相場を詳しく紹介していきます。

「採用サイトの費用はわかりにくい」「無料のものから高額なものまであって、どれを選べばいいかわからない」という方はぜひ参考にしてみてください。

<<採用サイトの関連記事もチェック>>

採用サイトとは?制作する方法や効果を出すポイントをプロが解説

採用サイトは必要?費用をかけても作るべき?

「採用サイトは費用をかけても作るべき?」と悩んでいる方も多いかと思います。

採用サイトは100万円以上かかる場合もあれば、0円で作成する方法もあるため、自社に合った制作方法を選択することが重要です。

採用サイトは自社の人材採用を進める際、欠かせない存在となっています。

コーポレートサイト(会社のホームページ)がある場合でも、採用者に特化した採用サイトを用意し、採用情報に特化したホームページを作成します。

採用サイトでは、他社と差別化出来るコンテンツや、魅力的なコンテンツを用意するなど高い金額や予算をかけ、凝ったデザインのホームページを用意し人材へアピールしている会社も珍しくありません。

現代の採用活動において、自社の採用サイトの作成は必要不可欠と言えるでしょう。

<<関連記事>>

なぜ必要?採用サイトを作成する目的やメリット・デメリットを解説

採用サイトの制作にかかる費用相場は?

careerjetの掲載料金

採用サイトの製作にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

同じ採用サイトであっても、その内容や制作方法によって費用には大きな違いがあります。

大企業の充実した採用サイトだと数百万円単位となりますが、無料で制作することも不可能ではありません。

費用の目安は次のようになります。

費用内容制作方法制作期間
無料(オプションは有料となる場合も)必要最小限の情報
  • 採用サイト制作ツールを利用して、自社で作業
  • ツールにあるテンプレートのデザインを利用
数日〜1カ月
〜10万円必要最小限の情報
  • 制作会社に依頼
  • 制作会社が持つテンプレートのデザインを利用
2週間〜2カ月
10〜50万円基本的なコンテンツに自社のオリジナルコンテンツを加えたもの
  • 制作会社に依頼
  • オリジナルのデザイン
  • コンテンツの量は最低限(10ページ程度)
1〜2カ月
50〜150万円オリジナルのコンテンツ
  • 制作会社に依頼
  • オリジナルのデザイン
  • 社員インタビューや社内の撮影など、オリジナルのコンテンツ
1〜2カ月
150万円〜動画などを取り入れた、クリエイティブでデザイン性の高い、目を引くオリジナルのコンテンツ
  • 採用戦略の立案からコンサルティング
  • 単に採用活動にとどまらない、コーポレートイメージのアップにつながる充実したデザインとコンテンツ
2カ月以上

続いては、以下の3つの採用サイト制作方法ごとに、それぞれ特徴や費用を比較していきます。

  • 自社ですべて制作する
  • 採用サイト制作ツールで制作する
  • 制作会社に依頼する

自社で採用サイトを制作する場合のメリット・デメリット

《メリット》

自社ですべて制作することの最大のメリットは、費用がかからないことです。

《デメリット》

サイトの内容をどのようにするかを決め、サイトに載せる文章や写真を自分たちで準備しなければなりません。本業がある中で行うのはそれなりの負担となります。

また、サイトを制作する専門的な知識とスキルが必要です。

WEBに強い人材がいなければ実際にはかなり難しいでしょう。

《費用》

無料

採用サイト制作ツールの場合のメリット・デメリット

《メリット》

かかる費用は採用サイト制作ツールの使用代金だけですので、比較的安い値段でサイトを作成することができます。

無料で利用できる採用サイト制作ツールもあります。無料で作れる採用サイトのメリットは、なんといっても費用が0円で採用サイトが作れることです。

《デメリット》

外部の採用サイト制作ツールを使って作るので、できあがる採用サイトのデザインは他と同じになります。

サイトに掲載する文章や写真は変えることができますが、自社のオリジナリティを出すのは難しいと言えるでしょう。

文章や写真を準備したり、ツールを使ってサイトを作成したりすることは自社で行わなければなりません。

サイトを制作したあとの管理も必要となります。

無料のもののデメリットは、掲載できる情報に限りがあること、デザインも既存のテンプレートから選ぶので自社のオリジナリティが出せないことです。

採用サイト作成ツールを使う場合は、自社でテキストや写真を準備して、自分たちで作業をしなければなりません。

また、独自ドメインは使えないところがほとんどです。

《費用》

無料〜10万円程度

無料で採用サイトを制作したい場合はこちらの「【厳選】おすすめの採用管理システム(ATS)9選|選び方やメリットまで解説」で、無料で採用サイトを作れるサービスを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

WEB制作会社に依頼する場合のメリット・デメリット

WEBサイトの制作には専門的なスキルが必要なので、採用サイトを作るときには制作会社に依頼するのが一般的です。

デザイン性の高いサイト制作を得意とする会社、マーケティングに強い会社など、制作会社によって特徴も違えば値段も違います。自社に合った制作会社を選ぶことが重要になります。

《メリット》

制作会社に依頼するので、自分たちで作るよりもクオリティの高い採用サイトを作ることができます。サイト制作にまつわる作業に煩わされず、自分たちはコンテンツの内容に集中することができます。

また、制作会社はさまざまな経験とスキルを持っているので、自分たちだけでは出てこないアイデアや、使いやすく洗練されたデザインの提案を受けることができるでしょう。

《デメリット》

依頼内容に応じて費用がかかることです。

コンテンツの内容やデザインが充実すればするほど値段は高くなります。

《費用》

  • 基本的なコンテンツに自社のオリジナルコンテンツを加えたサイト:10〜50万円程度
  • オリジナルのコンテンツ:50〜150万円程度
  • 動画なども含んだクオリティの高いコンテンツ:150万円程度〜

採用サイトの運用費用も考えよう

採用単価が上がる要因

採用サイトはただ作っただけではなかなか採用に結びつきません。重要になるのがサイトの運営です。

採用サイトの運営にかかる費用には、大きく分けて以下の2つがあります。

  • サイトの維持にかかる費用
  • 集客のためにかかる費用

採用サイトの維持にかかる費用

まず必要となるのが、採用サイトでなくともホームページを制作するとかかる基本的な運用コストです。

  • サイトの維持に必要な費用(月額数千円~数万円)
  • 修正・更新にかかる費用(外部に委託する場合、修正内容に応じて発生)

《サイトの維持に必要な費用》

サイトの維持管理業務、掲載情報に変更が生じたときの修正費用に加えて、独自ドメインやサーバーの管理費用が基本的な運用費用としてかかります。

これは、ホームページを制作したらかかる基本的な維持費用で、ホームページ制作費以外に永続的にかかる費用になっています。

大規模なサイトだと異なる場合もありますが、サーバーやドメインの維持にかかる運用費用の相場は、「月額数千円〜数万円」が一般的な相場です。

制作会社や制作ツールの管理費に含まれている場合もあるかと思います。

《修正・更新のためにかかる運用費用》

採用サイトは作ったらそれでOKではなく、必要に応じてメンテナンスしながら運営していかなければなりません

情報が古くなったら、新しい情報に修正、更新が必要です。自社に担当者がいればサイトを更新する際のコストはかかりませんが、外部に委託すると費用が発生します。

外部に委託した場合、更新費用は更新箇所の数によって費用が掛かる場合や、月額数万円かかる場合など制作会社によってさまざまです。

ホームページにいつまでも古い情報を載せていると求職者を取りこぼすことに繋がります。最新の情報に更新するため運用費用がかかる場合もあります。

集客するためのサイト運用費用

採用サイトを作成しただけで、アクセスが集まるサイトは非常にまれです。

残念ながらサイトを用意しただけで、人材獲得できるサイトというのはあまり耳にしません。

よほど人気のある企業以外は、作ったばかりの採用サイトにはアクセスもなかなか集まらないのが普通です。

採用サイトからアクセスが思うように集まらない場合は、サイトに集客するために施策を打っていく必要があります

  • 求人サイトに掲載する費用(月額0円~プランにより異なる)
  • サイトを分析する費用(外部に委託した場合に発生)
  • SEO対策費用(外部に委託した場合に発生)
  • リスティング広告費用(20万円~/4週間)

《求人サイトに掲載する費用》

仕事を探している人に広くアプローチするためには、Indeedなどの外部の求人サイトと連携している企業が多くあります。

求人サイトには無料で掲載できるところもありますが、求人サイトにもさまざまな種類があるので、自社が欲しい人材がアクセスする媒体を見極めて動くことが大切です。

サイトごとに登録する費用とともに、管理する業務も発生することとなります。

<<求人検索エンジンについて詳しく知りたい方はコチラもチェック>>

【主要4サイト比較】求人検索エンジンのメリット・デメリットを解説

《サイトを分析する費用》

また、より的確な運用をするためにサイトのアクセス数や流入経路の分析なども行っているサイトもあります。

こちらも自社に業務が出来るものが要れば良いですが、いない場合は外部に委託する費用がかかります。

《SEO対策費用》

求職者はGoogle、Yahooなどの検索エンジンを利用して求人情報を検索することが増えています。

「地域名+業種名+採用」「地域名+業務内容+求人」などのように検索されたときに、検索上位に表示されることは、自社に集客を増やしたい際には有効な対策です。

検索エンジンで上位表示させるための対策をSEOと呼びますが、SEOは知識のある者が対策しても難しい状況で、自社にSEO対策ができる人材がいることはまれです。外部委託する際には当然費用がかかってきます。

《リスティング広告を利用する費用》

また、いつまでに採用しなければならないという期限がある場合には、すぐに効果に結びつきやすいリスティング広告をはじめとした広告利用が有効に利用されています。ただ、広告は即効性があるぶん費用もかかります。

一般的な求人サイトに広告を載せると、「4週間で20万円〜」が相場になります。

新しく増えている1クリックごとに費用が発生するクリック型の広告の場合、クリック単価はエリアや職種によって違いますが、平均すると1クリック当たり100〜500円が相場となります。

掲載する側は、あらかじめ必要なクリック数や単価を計算した上で、あらかじめ求人サイトの予算枠を決めておく必要があります。

このように広告を利用する場合には広告の運用予算が必要となります。こちらも自社に運用できる人材があれば良いですが、広告の運用には広告に関する専門的な知識や広告運用のスキルも大切となります。いない場合は外部に委託する費用がかかります。

採用サイトを制作する際のポイント

careerjetの掲載料金

ここでは、魅力的な採用サイトを作成するためのポイントを簡単に紹介していきます。

これから紹介する内容はこちらの「5つの採用サイト事例から学ぶ!掲載するべき魅力的なコンテンツとは?」でさらに詳しく解説しているので、サイト制作の際は合わせて参考にしてみてください。

採用サイトに必要な6つのコンテンツ

採用サイトに必要なコンテンツは以下の6つです。

  • 募集要項/職種詳細
  • ワークライフバランス(働き方)
  • 選考ステップ
  • 会社紹介/社員紹介
  • よくある質問
  • エントリーフォーム

求職者は仕事を探すときに、企業のホームページだけでなく採用サイトもしっかりチェックしています。

採用サイトに必要な情報が漏れなく載っているだけでなく、求職者の目に留まってアピールするコンテンツが必要です。

魅力的な採用サイトにする4つのポイント

採用サイトのコンテンツを作るときに気を付けたい4つのポイントを紹介していきます。

  • ターゲットを明確にする
  • 情報はできるだけ具体的にする
  • 応募への導線を分かりやすくする
  • ネガティブな面を隠さない

「誰に向けて書くか」「情報は詳細で不足がないか」「応募者がエントリーしやすいか」「ポジティブなこと以外も書かれているか」の4つが重要です。

採用サイトで効果を出す2つの運用方法

採用サイトで効果を出すにはサイトを制作するだけでは不十分で、効果を出すための運用が必要となります。

採用サイトでさらに効果を出す運用方法は以下の2つです。

  • 求職者が採用サイトにたどり着けるようにする
  • 分析と改善を繰り返す

まずは「採用サイトまでの導線」を整備しましょう。「求人サイト」や「求人検索エンジン」などの利用が効果的です。

そして、「アクセス数」や「クリック率」「滞在時間」などを見ながら効果測定と仮説・検証を繰り返していきましょう。

採用サイトへの効果的な集客方法についてはこちらの「自社の採用サイトへ集客アップ方法5選|応募を増やして効果的な採用を目指そう」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

採用サイトにかかる費用で注意したいポイント

ハローワークで応募者を集めるコツ

採用サイトの費用について、注意すべきポイントは以下の3つです。

  • 費用を抑えることを優先しすぎない
  • 無駄な費用はかけないようにする
  • ランニングコストがかかる

費用を抑えることを優先しすぎない

費用を抑えることを優先して、専門知識のないまま自社で採用サイトを制作しても、なかなかよいサイトは作れません。

プロならすぐにできることにも時間と手間がかかってしまい、かえって人件費の無駄になることもあります。

費用を抑えて採用サイトを制作する場合、独自ドメインが取れないことが多いです。実は、独自ドメインを使ったほうが結果は出やすいのですが、費用を抑えようとするとこういった効果も得られなくなってしまいます。

独自ドメインについてさらに詳しく知りたい方はこちらの「採用サイトにおける独自ドメインの重要性とは?無料で作成できる?」で詳しく解説しています。

無駄な費用はかけないように注意

先ほどの内容とは矛盾しますが、無駄な費用はかけないように注意が必要です。

制作会社に依頼して、高額の費用をかけて凝った採用サイトを作っても、採用につながらなければ意味がありません。

たとえ採用できたとしても、時間がかかりすぎたり、かけた費用に対して採用できた人数が少なかったりすれば、それも無駄な費用だったということになってしまいます。

採用サイトを制作するときは、有効な費用の使い方をすることが肝心だと言えるでしょう。

成果報酬型など、成果に応じて費用が発生するサービスを選ぶと、無駄な費用をかけずに済みますよ。

費用対効果を測定することも大切です。費用対効果についてはこちらの「費用対効果の高い採用活動とは?コストを抑えて成果を出す方法6選を紹介」で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ランニングコストがかかる

繰り返しになりますが、実際には採用サイトをただ作っただけではなかなか採用に結びつきません

採用サイトは制作費用だけでなく、運用費用や追加オプションの費用がかかる場合が多いです。

日々メンテナンスして運営しながら、場合によっては採用のためにリスティング広告を出したりすることも必要になります。サイトの運用や広告戦略を制作会社に依頼すると、運用費用にも費用が発生します。

「当初の予定よりも費用がかかってしまった」「運用費用を考えていなかった」とならないためにも、ランニングコストを把握しておくことが大切です。

採用サイトを費用0円で作れる「京栄くん」がおすすめ!

ジモティーは応募者と直接やり取りできます。

今回は採用サイトの制作費用、運用費用について解説してきました。

ここまで読んで「採用サイトの作成は思ったより費用がかかるな」「費用を抑えたいけど、自社で作成するのは難しそう」と思った方も多いのではないないでしょうか?

「できるだけ費用を抑えながら、応募が増える採用サイトを作りたい」

そんなときにおすすめなのが「京栄くん」というサービスです。

京栄くんは、採用サイトの構築はもちろん、その後のサイト運用広告の制作まで無料で可能になっています。

応募があったときにのみ費用が発生する完全成果報酬制ですので、採用サイトを費用をかけずに作成し、運用することができます。

他のサービスでは「制作費用が無料の場合は必要最小限の情報の掲載のみ」のがほとんどの中、求人原稿の制作から広告運用まで無料で任せられるというのは画期的ではないでしょうか。

無料で採用サイトの作成をしたい、運用を任せたい、とお考えの会社にとって魅力的な内容となっております。

採用のWIN-WINとなるサービス、京栄くん。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

    会社名必須
    必須
    必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    お問い合わせ種別必須
    お問い合わせ内容必須


    お見積もり・ご相談など下記フォームにてお気軽にお問い合わせください。内容を確認次第、担当者よりご連絡を差し上げます。
    ※同業他社様からの資料のご請求はご遠慮頂いております。