近年、採用サイトを用意している企業・会社が増えてきています。

  • 採用サイトって必要なの?
  • 採用サイトにはどんな効果がある?
  • 効果の出る採用サイトを持つにはどうすればいい?

など、採用サイトについて気になっている採用担当者や経営者の方も多いのではないでしょうか。

実は、求職者の8割近くが採用サイトから情報収集を行っており、現代において採用サイトは必要不可欠となっています。

そこで今回は、採用サイトの必要性や、採用サイトで得られる効果本当に効果の出る採用サイトのポイントなどを紹介していきます。

<<採用サイトの関連記事もチェック!!>>

採用オウンドメディアとは?成功事例3選|メリットや採用サイトとの違いも解説

採用サイトのデザイン効果を出すポイントとは?トレンドは大事?参考となるツール・コンテンツを紹介!

Contents
  1. 採用サイトとは?他の求人媒体にはない3つの特徴
  2. 採用サイトの必要性と役割は?
  3. 採用サイトで得られる4つのメリット
  4. 採用サイト作成の4つの注意点・デメリット
  5. 効果の出る採用サイト制作のポイント
  6. 効果の出る採用サイト運用のポイント
  7. 「京栄くん」で採用サイトの作成・運用をプロにお任せ!

採用サイトとは?他の求人媒体にはない3つの特徴

母集団形成のメリット

そもそも採用サイトとは

採用サイトとは、採用情報に特化したホームページのことです。

採用情報に特化したホームページを用意することで、求職者に企業の魅力を紹介を分かり易く発信することにあります。

会社概要や沿革の他にも、仕事内容、どんな人が働いているのか、採用者向けの社長メッセージなど、情報を採用に絞ったほうが効率的にアピールをする事ができます。

 採用サイトの特徴を3つご紹介

  • 制限なく情報を掲載できる
  • デザインが自由自在
  • 求職者に信用をアピールできる

求人サイトの場合は「○文字以内」など掲載する情報量に制限があることが多いですが、自社採用サイトの場合は掲載情報や掲載期間に制限がないことが特徴です。

また、写真や動画で職場の雰囲気を伝えたり、自社の強みや実績をさまざまなデータで示したり、デザインも自由自在なので、求職者に自社の魅力を存分にアピールできます。

求職者にとっても「企業の細かい情報を知れる」「文字ではわかりにくい雰囲気やイメージがわかる」などのメリットがあるため、求職者の不安の払しょく信用の獲得につながるでしょう。

採用サイトの必要性と役割は?

careerjetのメリットは?

採用サイトの必要性「求職者の78%が閲覧している」

続いては採用サイトの必要性について記載していきます。

結論から言うと、採用サイトの必要性は増しており、採用活動において必要不可欠になってきています。

採用サイトの必要性が増している要因としては、求職者の情報収集法の変化が挙げられます。

スマホの普及により、転職・就職活動をする人の多くはwebから情報収集をしています。

2019年3月にリクルートジョブズが全国の求職者に行った調査によると、求職者の78%は採用サイトを閲覧していることが報告されており、また採用サイト閲覧後に応募意欲が向上した人は、全体の6割以上を占めています。(出典:https://www.recruit.co.jp/newsroom/recruitjobs/press/pr20190708_1119.html)

従来は求人情報誌や求人サイトで仕事を探す求職者が大半を占めていましたが、求人検索エンジンの登場で、詳細な情報を求めて企業の採用サイトを併用して閲覧する求職者が増えてきていることが背景にあります。

昨今では「ブラック企業」という言葉に敏感になっている求職者も多く、採用サイトを通じて実際に働いている社員の声や働き方、会社の風土など、求人情報サイトではわからない詳細な情報を求める傾向にあるのでしょう。

これらのことから、現代の採用活動において、自社の採用サイトの作成は必要不可欠と言えるのです。

企業サイトと採用サイトの違い

企業サイト(コーポレートサイト、会社サイト)でももちろん会社概要が掲載してあり、会社の説明になる、会社の顔のサイトなのですが、企業サイトだけでは求職者には魅力が伝わりづらいです。

一方で採用サイトは採用に特化した情報を載せるため、求職者に必要な情報のみを的確に伝えることができ、応募にもつながりやすくなります。

採用サイトで得られる4つのメリット

atsのメリット

ここまで、採用サイトの必要性について解説してきました。

求職者の8割近くが採用サイトを閲覧し、閲覧した人の6割以上が応募意欲が増加している現状から、採用サイトの重要性については理解できたかと思います。

では、ここからは採用サイトを作成・運用することで得られるメリットや効果について紹介していきます。

採用サイトで得られる効果をまとめると以下の通りです。

  1. 応募の質が上がる
  2. 採用後のミスマッチ減少
  3. 応募数の増加
  4. 採用コストを下げられる

採用サイトで得られるメリット1.応募者の質が上がる

採用サイトで得られる効果として、応募者の質が上がることが挙げられます。

採用サイトに自社が求めている人物像を明記することで、その内容に合った応募が見込めます。

また、社内の雰囲気や社員のインタビューを掲載することで、企業の風土とマッチした人材の応募が増えることにもつながるでしょう。

つまり、採用サイトを介した応募者は、自社の魅力について十分理解した上で応募してくるため、応募者の質が向上するのです。

応募者の質を上げることで、選考にかける手間やコストの削減、優秀な人材の獲得につながります。

採用サイトで得られるメリット2.採用後のミスマッチ防止

採用サイトで得られる効果として、採用後のミスマッチ防止が挙げられます。

採用した人材が会社とマッチしなかった場合、戦力として機能しなかったり、早々に退職してしまう可能性があります。

この場合、採用にかけたコストや、入社後の人件費などが無駄になってしまうため、採用後のミスマッチは大きな損失を生んでしまいます。

こういったミスマッチの原因は「入社前と入社後のギャップ」です。

採用サイトを導入することで、求人サイトやハローワークでは掲載しきれない詳細な情報まで発信できるため、求職者は企業の情報に納得した上で応募を決断します。

そのため、入社前のイメージと実際に働き始めたときのギャップが少なくなり、入社後のミスマッチ防止に繋がるのです。

採用サイトで得られるメリット3.応募数の増加

先ほど紹介した『採用サイト閲覧後に応募意欲が向上した人は、全体の6割以上を占める』という調査結果からもわかる通り、採用サイトを導入することで応募数の増加が期待できます。

採用サイトは掲載できる文字数に制限がないため、自社の魅力を存分に発信できることが特徴です。

採用サイトで自社について存分に伝えることで、求職者の興味を引き、魅力を持ってもらえます。その結果、応募数の増加にもつながります。

また、企業の自社採用サイトの有無はそのまま信用の有無につながります。採用サイトがないとそれだけで求職者に不安を抱かせ、応募を取りやめることもあります。

反対に、採用サイトがあるだけで求職者に「この企業は信頼できる」「ちゃんとしてる」といった印象を与えることができ、求職者の不安の払しょくになることも、応募数が増加する要因です。

採用サイトで得られるメリット4.コストパフォーマンスが良くなる

求人サイトでは掲載すると費用がかかるのに対して、採用サイト内で求人を掲載することに費用は掛かかりません。掲載期間も制限がないため、コストパフォーマンスが良くなります。

自社の採用サイトを持つことで、求人サイトや求人検索エンジンを介さずとも応募を増やすこともできます。

そのため、求人サイトへの掲載課金を減らし、自社のサイトからの応募比を増やしていくことでコストパフォーマンスを良くすることも可能です。

もちろん採用サイトは「集客」には向かないため、求人サイトや求人検索エンジンとの連携をする必要がありますが、採用サイトを作成する前よりも掲載費用を減らしてコストパフォーマンスを上げることができるでしょう。

また、上記で解説したように採用サイトを導入することで応募の質の向上、入社後のミスマッチの減少が見込めるため、無駄な応募・選考にコストをかけなくて済むことも、費用対効果を下げる1つの要因となります。

求人検索エンジンについて詳しく知りたい方はこちらの「求人検索エンジンとは?主要サイトの料金や媒体情報を解説!」を参考にしてみてください。

採用サイト作成の4つの注意点・デメリット

応募課金型サイトのデメリット

ここまで採用サイトで得られる効果について解説してきました。

求職者の志望度を高めることができ、入社後のミスマッチも防げ、採用コストを下げることができるのが、採用サイトで得られる効果です。

このように採用サイトで得られる効果が多くある一方で、採用サイトを導入する際の注意点もあります。

ここからは、採用サイトを作成・運用していく上でのデメリットや注意点を紹介していきます。

注意点をまとめると以下の通りです。

  1. 作成には知識やノウハウが必要
  2. 外注する場合はコストに注意
  3. コンテンツを用意する必要がある
  4. 集客するには求人媒体を使う必要がある

1つずつ、注意点とともに解決案も提示していくので、採用サイトを作成・運用する際の参考にしてください。

採用サイトの注意点1.作成には知識やノウハウが必要

採用サイトの作成・更新には、ウェブの知識やノウハウが必要になります。

そのため、HPの作成や更新ができる専門の人材がいなければ、社内で採用サイトを作成することはできません。

このような場合は、採用サイトの作成・更新をプロに外注するか、採用サイトの作成ツールを利用しましょう。

「京栄くん」なら、採用サイトを初期費用0円で作成してくれます。「採用サイト作成のノウハウがない」という場合は一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

<<関連記事もチェック>>

【厳選】おすすめの採用管理システム(ATS)9選|選び方やメリットまで解説

採用サイトの注意点2.外注する場合はコスト・時間に注意

社内に専門知識のある人材がいない場合は外注する必要がありますが、採用サイトを外注する際にはコストがかかることがネックです。

一般的に制作費用だけでも数十万~百万円以上かかり、サイトのちょっとした修正や更新にも数千円~数万円がかかってしまいます。

そのため、採用サイトを外注する際にはサイトの成果に合わせて費用を支払う「成果報酬型」のサービスを利用し、費用対効果を上げる工夫をすると良いでしょう。

また、採用サイトを外注すると制作時間が思ったよりかかってしまうことを把握しておきましょう。

「採用サイトの作成を依頼したのになかなか完成しない」「求人内容を更新したいのにすぐに反映されない」などと感じる企業が多くあります。

サイトの作成・更新は時間がかかることを念頭に置いて、早め早めに依頼しましょう。

採用サイトの費用について詳しく知りたい方はこちらの「採用サイトの料金相場を紹介!費用を抑えて効果を出すポイントとは?」を参考にしてみてください。

採用サイトの注意点3.コンテンツの用意

採用サイトを自社で作る場合はもちろん、外注する場合にも「丸投げ」では効果の出るサイトを作ることはできません

「代表メッセージ」「社員インタビュー」「社内の雰囲気が伝わる画像」など、さまざまなコンテンツを用意する必要があります。

採用サイトを作成する際にはコンテンツの用意にかかる時間や費用も計算に入れておきましょう。

採用サイトに必要なコンテンツについて詳しく知りたい方はこちらの「5つの採用サイト事例から学ぶ!掲載するべき魅力的なコンテンツとは?」で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

採用サイトの注意点4.集客するには求人媒体と組み合わせる必要がある

採用サイトには「求職者に魅力を伝える」という効果がありますが、「集客」の機能はありません。

そのため、まずは求人媒体で興味を持ってもらい、採用サイトを見てもらうという動線を作りましょう。

具体的には「Indeed」や「Googleしごと検索」などの求人検索エンジンが最適でしょう。

<<求人検索エンジンの関連記事もチェック!>>

Indeedの使い方|メリットや注意点についても解説

Googleしごと検索とは|メリットや掲載方法、Indeedとの違いを解説

効果の出る採用サイト制作のポイント

求人ボックスは利用者が急増中

効果の出る採用サイトとは「内容が魅力的で、動線がわかりやすく、集客がある採用サイト」のことです。

では、効果の高いサイトを作り、運用するにはどのようにすればいいのでしょうか。「サイト制作」と「サイト運用」に分けて次から解説していきます。

まずは、効果の出る採用サイト制作のポイントを解説していきます。

効果の出る採用サイトを作成する際のポイントは「応募率の高いサイトを作る」ことです。

そして応募率の高いサイトとは、「内容が魅力的で、動線がわかりやすい(応募しやすい)サイト」を指します。

では、具体的にどのようにサイトを制作すればいいのでしょうか。効果の出る採用サイトを制作するポイントは以下の通りです。

  1. 求職者の求める情報を掲載する
  2. 魅力の伝わる写真・デザイン
  3. わかりやすいエントリーボタン

1つずつ解説していきますので、採用サイト制作の際の参考にしてくださいね。

効果の出る採用サイトのつくり方1.求職者が求める情報を掲載する

採用サイトの応募率を上げるためには。情報を精査して求職者が求める情報を掲載する必要があります。

では、求職者が求める情報とはどのようなものなのでしょうか。代表的なものをまとめると以下の通りです。

  • 社員インタビュー
  • 社風・風土・会社の環境
  • 自社の強み、魅力、他社との違い
  • 採用情報

これら以外にも、ターゲットに合わせてコンテンツを取捨選択し、求職者に魅力を持ってもらえるようにしましょう。

社員インタビュー

求職者の応募率を上げるためには「入社後のイメージがつきやすい」ことが重要です。入社後に働いているイメージがつきにくい会社は、中が見えない飲食店と同じように、せっかく目についても応募をためらってしまいます。

求職者に働いているイメージを持たせるのに最も有効な手段が社員へのインタビューです。社員インタビューは「一緒に働く人はどんな人だろう」という求職者の疑問を解決するとともに「実際にこの会社でこんな風に働くのかな」という入社後のイメージも持ちやすくなります。

インタビューする社員は、自社が採用したいターゲットと同じような年齢層・境遇の方にインタビューするといいでしょう。

そうすることで、親近感も生まれ、求職者が知りたい情報を与えることに繋つなります。

社風・風土・働く環境

オフィスの雰囲気や働く環境を写真や動画で伝えることで、求職者に「実際に働いているイメージ」を持たせることができます。

オフィスの風景や実際に働くデスク、設備などを紹介しましょう。

仮にオフィスがあまり立派じゃなくても、社員が働いている風景や、ミーティングの風景など、入社後のイメージを持たせるように工夫すると良いでしょう。

自社の強み・魅力、他社との差別化

他社とは違う自社の強みも、求職者にとって魅力的な情報です。将来性や今後の成長、思い描くビジョンを見て応募を決める求職者も少なくありません。

「そもそも何をしている会社なのか」「自社が思い描くビジョンはどんなものか」「ほかの会社にない強みは何か」を伝えましょう。

また、働きやすさや福利厚生なども強みの1つです。

昨今ではライフワークバランスを重視する求職者も多いため、社員の働きやすさに重きを置いている企業は積極的にアピールしましょう。

採用情報

採用情報を明確に記すことで、「この企業は自分を必要としているのか」という求職者の疑問を解消しましょう。

求職者が入社後をイメージできるように、仕事内容ややりがい、勤務時間、給与、休暇などを細かく記載し、より具体的にすることで応募への意欲が増します。

また、求職者にとって悪い情報があったとしてもあやふやにして伝えるのではなく、明確に表記することで入社後のミスマッチを減らすことができたり、むしろ好印象を持たれたりします。

「誰ても歓迎!」のように抽象的に表現するのではなく「即戦力人材求む」「熱意のない人はいりません」のようにハッキリと伝えるのも戦略の1つです。

効果の出る採用サイトのつくり方2.魅力伝わる写真・見やすいデザイン

写真やデザインで魅力を伝えられるのも、求人サイトや求人情報誌にはない採用サイトならではの表現方法です。

魅力のある写真や、自社の雰囲気が伝わるデザインで求職者に関心を持たせましょう。

最近注目されているのが動画による表現です。現場の雰囲気や一緒に働く社員の様子を動画で伝えることで、写真やテキストでは伝えられないリアルな雰囲気を伝えられ、求職者も職場のイメージがしやすくなります。

また、近年では求職者はパソコンだけでなくスマホからサイトを閲覧するため、スマホに対応したデザインにすることも、見やすいサイトを作る工夫の1つです。

スマホ対応についてはこちらの「採用サイトのスマホ対応するには?今すぐやるべき理由」で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

効果の出る採用サイトのつくり方3.分かりやすいエントリーボタン

応募率を上げるには、魅力的な内容とスムーズな動線のあるサイトを作る必要があります。

そのため、エントリーボタンはできるだけわかりやすく、どのページからもエントリーできるような設計にするのがベストです。

エントリーはできるだけ入力しやすくしたり、問い合わせも手軽にできるようにすると求職者の負担が少なく済み、応募数の増加につながります。

また、動線をわかりやすくする工夫として、応募してからどのような流れで選考が進んでいくのか、どの程度の時間で合否が確定するのかを記載することも戦略の1つです。

効果の出る採用サイト運用のポイント

ここまで、応募率を上げるための採用サイト作成方法を紹介してきました。

ここからは、その採用サイトに集客するための運用方法を紹介していきます。効果の出るサイト運用のポイントは以下の通りです。

  1. 求人媒体と組み合わせる
  2. 説明会などのイベントと組み合わせる
  3. 効果を測定し、継続的に改善する

実は、採用サイト単体ではなかなかアクセスを稼ぐことができません。

なぜなら、採用サイトはSEO対策をしても会社名での指名検索でしか流入が期待できないからです。

そのため、あらゆる手段と組み合わせて集客することが大切です。

効果の出るサイト運用方法1.求人媒体と組み合わせる

採用サイトを作成しただけでは、閲覧数は増えません。そのため、Indeedなどの求人検索エンジンと連携して、GoogleやYahoo!などの検索エンジン以外からのアクセスを獲得しましょう。

また、求人媒体を通してサイトに訪れるユーザーは就職や転職に意欲の高い求職者が多いため、応募率の増加にもつながります。

また、近年ではSNSを利用した採用も注目を集めています。SNSは無料でアカウントを作れるため、採用コストを上げることなくSNSから採用サイトへの流入を狙うのも戦略の1つです。

<<関連記事もチェック>>

求人検索エンジンとは?主要サイトの料金や媒体情報を解説!

効果の出るサイト運用方法2.企業説明会などのイベントと組み合わせる

企業説明会や転職フェアなどのイベントと組み合わせることも、有効な手段です。

特にこのようなイベントには就職・転職意欲の高い求職者が集まっているため、イベントで名前を知ってもらい、イベント内では伝えきれない情報を採用サイトに流すことでサイトへの集客を狙えます。

ただ、イベントへの準備やスタッフへの人件費、ブースの出展費など、費用がかさんでしまうことがデメリットです。

効果の出るサイト運用方法3.効果を測定し、改善を繰り返す

採用サイトの運用で最も大切なことは、改善を繰り返すことです。具体的には以下のポイントがあります。

  • アクセス数、応募率のデータの分析
  • 応募者の人物像は求める人材と合致するか

アクセス数や応募率などを数値化することで、採用サイトの課題を見える化できます。

そのため、「媒体からのアクセスが少ないから、他の媒体に移行しよう」「応募率が下がっているから求職者のニーズを見直そう」など、客観的な視点から改善をすることができます。

また、自社が求めている人物像と、応募してくる人材が合致するかも重要なポイントです。これが合致しないまま採用活動を進めても、思うような成果が得られず時間と費用だけがかさんでいきます。

アクセス数や応募率をいくら改善しても、応募者が求めている人材とかけ離れていてはデータが意味を持ちません。自社が求める人材の応募が来ない場合は以下のポイントを見直しましょう。

  • 求職者が求める情報を発信できているか
  • 求人に間違いはないか、正しく伝えられているか
  • マイナスな情報を隠していないか
  • エントリー方法はわかりやすいか

など、運用を見直していきましょう。

採用サイトの効果測定についてはこちらの「採用サイトで得られる効果は?ホームページの効果測定や改善方法を解説」で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

「京栄くん」で採用サイトの作成・運用をプロにお任せ!

無料求人サイトと有料求人サイトを比較

ここまで、採用サイトの必要性や、採用サイトで得られる効果、効果の出る採用サイトの作成・運用方法を紹介してきました。

採用サイトを魅力的に作成し正しく運用すれば、質の良い応募が望めるということは理解できたかと思います。

ですが、「採用サイトの作成や運用にかけられる時間も手間もない」「そもそも知識がなくて採用サイトを作れない」「採用サイトでなかなか効果が出ない」「採用サイトを作りたいけど、費用が高くて手が出せない」といった採用担当者の方も多いのではないでしょうか。

そんな採用サイトでお困りの際は、初期費用無料で採用サイトを構築してくれる「京栄くん」がおすすめです。

京栄くんは、初期費用・運用費用・集客コストが無料、発生する費用は応募単価のみの完全成果報酬型サービスです。万が一成果が出ない場合は費用も発生しないため、リスクが最小限で済みます。

採用サイトの作成・運用はもちろんプロに任せられるため、効率の良い集客、応募数の最大化が見込め、効果のある採用サイトを持つことができます。そのため自社にノウハウがなくても問題なく、採用にかかる手間もほとんどかかりません。

採用サイトを作りたいけど、「自社にノウハウがなくてサイトを運用できていない」「採用にかかる費用対効果が高い」「採用サイトを作るための費用も人手もない」など、採用で困っている場合はぜひ一度問い合わせてみてはいかがでしょうか

    会社名必須
    必須
    必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    お問い合わせ種別必須
    お問い合わせ内容必須


    お見積もり・ご相談など下記フォームにてお気軽にお問い合わせください。内容を確認次第、担当者よりご連絡を差し上げます。
    ※同業他社様からの資料のご請求はご遠慮頂いております。