「どんな項目を載せればいいの?」

「デザインとかわからないし…制作会社に相談してもデザインの良い悪いとかわからない!」

これから採用サイトの導入を検討している採用担当者様、こんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

この記事では、本当に効果の出る採用サイトにするために必要な項目やデザインなどをご紹介していきます。

<<採用サイトの関連記事もチェック!>>
採用サイトとは?制作する方法や効果を出すポイントをプロが解説

採用サイトのデザインの重要性

求人検索
採用サイトとは?

採用ホームページ(採用サイト)を制作・運用していく上でデザインは非常に重要な役割を果たします

せっかく採用サイトを作成しても、デザインが古かったり、閲覧しにくかったり、他の企業と似通っていたりすると、サイトを見てもらえない可能性があるからです。

特に、近年では採用サイトを利用して採用活動を行う企業が増えてきているため、その中で求職者に印象付けるために有効なのが”デザイン”です。

採用サイトのデザインを魅力的にすることで、効果を最大化し、応募を集めることができるでしょう


京栄くんコストCTA

採用サイトのデザインのメリット・デメリット

採用サイトのデザインのメリット・デメリットは以下の通りです。

  • メリット①求職者に伝えたい情報を伝えられる
  • メリット②求職者にサイトを印象付けられる
  • デメリット①手間やコストがかかる
  • デメリット②必ずプラスに働くとは限らない

メリット①求職者に伝えたい情報を伝えられる

採用サイトのデザインは、求職者に伝えたい情報を伝えられることがメリットです。

デザインの良い採用サイトは、

  • 情報が見やすい
  • 回遊したくなる
  • 知りたい情報にすぐにアクセスできる

などの特徴があるため、求職者に伝えたいコンテンツをわかりやすく伝えられるでしょう。

デザインとは「見た目の美しさ」だけでなく「機能的であること」も意味します。

採用サイトのデザインを意識することで、求職者にわかりやすいサイトとなるでしょう。

メリット②求職者にサイトを印象付けられる

採用サイトのデザインは求職者にサイトを印象付けられることがメリットです。

独自性のあるデザインや、トレンドをとらえたデザインは求職者の目を引き、企業を印象付けることができます。

反対に、「デザインが他社サイトと似ている」「デザインが古い」といった場合は、せっかくの採用サイトも印象に残らない可能性があるので注意が必要です。

デメリット①手間やコストがかかる

採用サイトのデザインは手間やコストがかかります

特に、独自性の高いデザインや凝ったデザインにする場合は制作会社などに外注することが多いですが、費用は高くて150万円以上と言われています。

弊社サービス『京栄くん』なら、初期費用・月額費用0円で採用サイトの作成・運用をプロに任せられます。

費用対効果の高い完全成果報酬型サービス『京栄くん』が気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

<<採用サイトの費用の関連記事もチェック!>>

こちらの記事では採用サイトの費用についてさらに詳しく解説しています。採用サイトの費用を抑える方法などを知りたい方はぜひ読んでみてください。

採用サイト制作の費用相場は?運用コストなど効果を出すコツも紹介

デメリット②デザインが必ずプラスに働くとは限らない

採用サイトのデザインが必ずしもプラスに働くとは限りません

凝ったデザインはオシャレでカッコいいですが、求職者目線では「英語が多くて見にくい」「どこにどの情報があるかわからない」「敷居が高く感じてしまう」といった声も少なくありません。

「オシャレでカッコいいデザイン」ではなく、「求職者にわかりやすいデザイン」「応募が来るデザイン」を目指すことが大切です。

効果が出る採用サイトデザインのポイント

効果を出す採用サイトデザインのポイント!

採用サイトのデザインで効果を出すポイントは以下の通りです。

  • ターゲットに合わせたデザイン
  • オリジナルの写真やイラストを使う
  • 応募につなげる為のCTAの設置
  • 事例を参考にする(参考になる事例集)

ポイント1.ターゲットに合わせたデザイン

WEBデザインでは日々新しいデザインや流行りのデザインが生まれています。

しかし重要なのは何のためにそのデザインを選ぶのかです。

最新のトレンドを把握するのは重要ですがターゲットに情報を伝えれないデザインは無駄なコストを生み出してしまうだけで成果に結びつきません。

また公開後もヒートマップやアクセス解析ツールを使用しターゲットにきちんと伝わっているか確認し改善することも大事です。

ポイント2.オリジナルの写真やイラストを使う

採用サイト制作の際に写真やイラストの用意は重要で最もコストがかかる要素の一つです。

そのコストを削ってフリー素材やフリーイラストなどですべて用意してしまうと、自社の雰囲気であったり、求人内容の魅力が伝わりにくくなってしまいます。

また、競合他社と同じ画像を使用してしまうケースも考えられるのでフリー素材の使用率は慎重になりましょう。

ポイント3.応募につなげる為のCTAの設置

CTAのイメージ

CTAとはCall To Actionの略で行動喚起という意味です。

例:採用サイトでCTAが無い場合

ユーザーが採用サイトに訪問

会社の雰囲気や求人情報をチェック

ブラウザ閉じる

このようにCTAがないとユーザーは最終的にサイトを離脱して終わってしまいます。

なので途中でポップアップで応募に促したり、電話ボタン・受付フォームボタンを設置することでユーザーの離脱を防ぐことが可能です。

ポイント4.事例を参考にする

他社の採用サイトのデザインを参考にすることも大切です。下記のツールで理想のデザインを決めていきましょう。

SANKOU!:Webデザイン制作の参考になる国内のステキなサイト集

色んな企業の採用サイトを見る事が出来ます。

ファーストビューを一覧で確認することができるので自社サイトならどんな見え方になるかイメージして探しやすいです。

ikesai.com

こちらも多数のサイトを掲載しており、事例を見る事が出来ます。

また配色のカラーを指定して検索することが可能ですので自社のコーポレートカラーなどが決まっている場合は比較がしやすいです。


京栄くんコストCTA

「応募が来ない!」採用サイトデザインのNGポイント

ここでは、採用サイトのデザインの「よくあるNGポイント」を紹介していきます。

  • ”おしゃれでカッコよければいい”はNG
  • 優先順位はデザイン<コンテンツ
  • テンプレートは避けよう

採用サイトデザインのNGポイント1.”おしゃれでカッコよければいい”はNG

採用サイトデザインのよくある勘違いとして”おしゃれでカッコよければいい”」という考えはNGです。

採用サイトを制作する側としては「オシャレなサイトを作りたい」と考えるかもしれませんが、大切なのは求職者目線のデザインです。

オシャレなデザインは求職者目線だと、

  • サイトの構造がわかりにくく、ほしい情報が見つからない
  • 英語表記が多く、読みにくい
  • オシャレすぎて敷居が高く感じてしまう
  • コンテンツの薄さをデザインでごまかしているように感じる
  • スマホに対応しておらず、スマホからだと見にくい

など、応募をためらってしまう原因になりかねません。

採用サイトのデザインは「求職者目線でわかりやすくシンプル」が大切です。

採用サイトデザインのNGポイント2.優先順位はデザイン<コンテンツ

採用サイトのよくあるNGポイントとして、「デザインを凝り過ぎてコンテンツが薄くなってしまう」ことがあげられます。

採用サイトの優先順位はデザインよりもコンテンツです。

どれだけ優秀なデザインでも、コンテンツの内容が薄いと「嘘くさく感じてしまう」「デザインで誤魔化しているのがわかる」と、応募に至りません。

デザインは「サイトのクオリティを誤魔化すツール」ではなく、「サイトのコンテンツをより良く見せるツール」です。

求職者が求めているコンテンツを掲載しましょう。

<<採用サイトのコンテンツの関連記事もチェック!>>

こちらの記事では採用サイトのコンテンツについてさらに詳しく解説しています。採用サイトを魅力的にするためのコンテンツについて詳しく知りたい方はぜひ読んでみてください。

5つの採用サイト事例から学ぶ!掲載するべき魅力的なコンテンツとは?

採用サイトデザインのNGポイント3.テンプレートは避けよう

採用サイトのデザインを決めていく中で、テンプレートはできるだけ避けるようにしましょう。

テンプレートを利用した採用サイト制作は費用を抑えられるメリットがあります。

ですが、他社のサイトとデザインが被ってしまうため、求職者にサイトを印象付けることができません。

「応募を集めたい」「いい人材からの応募がほしい」という場合は、テンプレートデザインの利用を避け、オリジナルデザインで採用サイトを作成しましょう。

弊社サービス『京栄くん』なら、初期費用・月額費用0円でオリジナルデザインの採用サイトの作成ができます。

費用対効果の高い完全成果報酬型サービス『京栄くん』が気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

「応募が来ない!」採用サイトデザインのダメな事例集

ここでは、採用サイトのデザインのダメな事例集を紹介していきます。

  • NGな事例1.オシャレすぎて見にくい
  • NGな事例2.コンテンツが少ない・内容が薄い
  • NGな事例3.デザインが古い・独自性がない

事例を参考にして自社サイトのデザインを考えてみてください。

採用サイトデザインのNGな事例1.オシャレすぎて見にくい

  • メニューが英語でわかりにくい
  • 親近感が持てない
  • デザインが凝り過ぎて伝えたいメッセージがわからない

オシャレすぎると「読みにくい」「親近感が持てない」など、応募をためらってしまう原因になりかねません。

採用サイトデザインのNGな事例2.コンテンツが少ない・内容が薄い

  • 求職者が知りたい「社員インタビュー」や「募集要項」「選考プロセス」などのコンテンツがない
  • 画像や動画がなく、コンテンツの内容も薄い
  • 他社と差別化できるコンテンツがない

採用サイトのデザインは重要ですが、デザイン以上にコンテンツに力を入れる必要があります。

採用サイトデザインのNGな事例3.デザインが古い・独自性がない

  • デザインが古く、求職者に刺さらない
  • 他社と似たデザインで魅力を感じない
  • 自社の強みをアピールできておらず、ブランディングができていない

トレンドを押さえたデザイン、独自性の高いデザインにすることが重要です。


京栄くんコストCTA

採用サイトのデザインは「京栄くん」にお任せ!

ここまで読んで「デザインを自社でやるのは難しそう」「コンテンツまで作りこまなきゃいけないのか…」と感じた担当者も多いのではないでしょうか。

そんな方には、採用サイトの制作・運用をプロに丸投げできる「京栄くん」がおすすめです。

【京栄くんの特徴】

サービス採用のプロによる採用サイト制作&運用サービス
サイトのデザインオリジナルデザイン
サイトの作成求職者が求めるコンテンツをプロが作成
初期費用・月額費用0円
料金形態応募課金型で低リスク
応募単価予算に合わせて相談可
サイトの集客「Indeed」「求人ボックス」「スタンバイ」など、主要な求人検索エンジンと連携
サイトの運用採用のプロによる分析で効果的なサイト運用

京栄くんは採用サイトの制作から、運用まで無料で代行するサービスです。

制作して終わりではなく運用まで一括で代行することが可能です。

また貴社の採用ニーズに合わせた戦略を策定する営業、効率的な業務フロー・採用フローを設計し、ご支援するアウトソーシングディレクター、そしてコール業務や運用業務を行う専任チームスタッフが、採用ご担当者様の手足となり、全面的にバックアップします。

効果的な採用の成功を共に目指し、改善を図ります。

また料金は応募課金にさせて頂いておりますので応募が来るまではコストはかかりません。

採用サイトの必要性を感じながらも、コストにデメリットを感じている場合は京栄くんの利用で悩みが解決できるかもしれません。採用のWIN-WINとなるサービスの京栄くん、是非お問合せください。

投稿者プロフィール

木戸涼介
木戸涼介株式会社京栄コンサルティング 求人メディアチーム 主任
求人営業として原稿作成・集客などを学び、「京栄くん」の運営に携わる。自社メディアのデータ分析・改善からコラム記事を書いてくれるフリーランスの管理・指示など幅広く業務を行っています。