人材を確保する方法|採用難の今だからこそすべきこと

Pocket

近年、業種問わず様々な企業で人手不足が深刻化しています。

2030年には644万人の人手が不足するというデータも挙がっており、人材確保に力を入れなければ経営が回らなくなる可能性もあるでしょう。

この記事では人材を確保する方法について解説していきます。良い人材をできる限り多く採用したいという担当者の方はぜひ見ていってください。

人材を確保する前に確認すべきこと

人手不足の原因には少子高齢化や働き方の多様化などが挙げられますが、企業側に問題がある場合もあります。人材を確保する前に2つのことを確認しましょう。

・人材が不足している理由を考える
・働きたいと思わせる会社にする
人材が不足している理由がどこにあるのかを考えてみましょう。

人材が不足している理由を考える

もし「給与が安い」「休みが少ない」など会社側に問題があるのであれば、そこを改善しない限り人材が潤うことはありえません。理由がよく分からない場合には社内でアンケートを取ってみるのも良いでしょう。

今までに見えてこなかった社内の問題点が見えてくるかもしれません。

働きたいと思われる会社にする

誰が見ても「働きたい」と思ってもらえるような会社を目指しましょう。

他企業の方が給料や福利厚生など全ての面で優れているのであれば応募者側からしても入社したいとは感じません。いきなり全員に働きたいと思わせることは不可能なので、同業他社と比べて何か一つでも自社でしか得られないメリットを与えられるよう意識してください。

人材を確保する方法

人材を確保する前に確認すべきことを終えたら、いよいよ人材を確保していきましょう。

人材を確保する方法は主に5つあります。

・働き方の幅を広げる
・採用の幅を広げる
・応募条件を下げる
・求人サイトに掲載させる
・離職率を下げる

働き方の幅を広げる

朝9時に出社して夕方5時に退社という一般的な働き方しか認めていない場合には在宅勤務やフレックスタイム制を採用するなど働き方の幅を広げてみましょう。

働き方の多様化が進んできた中でこのような働き方を実際に採用している企業はまだまだ少ないです。

在宅勤務は子育てをしている親にとっては嬉しい働き方ですし、フレックスタイム制はプライベートの時間を多く取ることができるというメリットがあります。

働き方の幅を広げることでこのような応募者を増やすことができるでしょう。

採用の幅を広げる

できるだけ新卒からしか採用は行わないという企業も多いです。

人材が足りないのであれば中途採用を積極的に行うなど採用の幅を広げるようにしましょう。

新卒は一から教えなければならないため本格的に業務をこなせるようになるまで時間がかかりますが、中途採用ならある程度技術を身につけた人を入社させられるので即戦力で活躍してくれます。

人材が足りない場合には技術力で補うというのも一つの手段として挙げられるでしょう。

応募条件を下げる

資格や経験の有無、経験年数など応募条件を厳しく設定しているのであれば、条件を緩くしてみましょう。

厳しすぎる応募条件ではそもそも条件を満たしている母数が少なくなってしまいますし、求められる働きが大きそうだというプレッシャーを与えてしまいます。

応募条件は必要最小限にとどめ、多くの人が条件を満たせるようにしてください。

求人サイトに掲載させる

求人サイトに掲載していない場合には掲載を始めましょう。

一つの求人サイトで成果を得られるとは限らないので、複数の求人サイトに掲載することをおすすめします。ただし、掲載を増やしすぎると応募者への対応が遅れたり管理しきれない状態になる可能性もあるので注意が必要です。

採用管理システムを使うことで各求人サイトの応募情報を一括管理できるため、管理体制に不安がある場合には導入してみるのも良いでしょう。

離職率を下げる

離職率が高いことが人手不足の原因となっているのであればまずは離職率の高さを改善しましょう。

離職率が高いとせっかく確保した良い人材も他社へと出て行ってしまいます。

何が原因で離職者が増えているのか原因を考え、早急に改善するようにしてください。特にサービス業界の場合には他の業種に比べて離職率が高い傾向にあるのでより徹底した対策が必要になります。

まとめ

人材が不足している場合にはなぜ不足しているのかを考えることが重要です。

人材不足の原因が分からなければ、たとえ求人サイトに掲載しても十分な効果は得られません。多様な働き方を認めたり、採用の幅を広げるなど人材を確保するために積極的に行動を起こしましょう。

採用後も社員の働きやすい環境を整えることで離職率の低下を期待できます。人材の確保だけに目を向けるのではなく、離職率を下げる取り組みも行うようにしてください。