おすすめの採用管理システム(ATS)を紹介!【コストを抑え効率の良い採用活動を】

Pocket

採用管理システム(ATS)とは、従来に比べてコストを抑えつつ効率よく採用活動を行えるため、各企業で導入が進んでいるシステムです。

しかしその一方で、「どの採用管理システム(ATS)を選べばいいのかわからない」「どんなシステムを使えばいいの?」「そもそも採用管理システム(ATS)って何?」といった悩みを持つ採用担当者の方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、採用管理システム(ATS)の選び方や、おすすめの採用管理システム(ATS)を紹介していきます。この記事を読むことで、どの採用管理システムを選べばいいのか明確になりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

Contents
  1. そもそも採用管理システム(ATS)とは
  2. 採用管理システム(ATS)が注目されている理由
  3. 採用管理システム(ATS)の機能
  4. どんな効果がある?採用管理システム(ATS)導入のメリット
  5. 採用管理システム(ATS)を導入する際の注意点
  6. 採用管理システム(ATS)の選び方
  7. おすすめの採用管理システム(ATS)
  8. 採用活動の効率化、コスト削減なら「京栄くん」

そもそも採用管理システム(ATS)とは

採用管理システム(ATS=Applicant Tracking System)とは、採用活動において応募者の情報管理や採用スケジュールの管理など、人材採用に関する業務を一括管理できるシステムのことです。従来であれば、採用活動に伴うデータをExcelなどで手作業で管理するのが一般的でしたが、採用管理システム(ATS)を導入することで求人募集から入社までのプロセスにおけるさまざまなデータを一元管理できます。従来に比べてコストを抑えつつ効率よく採用活動を行えるため、各企業で導入が進んでいるシステムです。

採用管理システム(ATS)が注目されている理由

ATSが注目されている理由として、少子高齢化による労働力不足からなる採用競争の激化が挙げられます。企業は優秀な人材を確保するために、スピーディで細やかな採用活動を行い、他社に横取りされないようにする必要が出てきました。そのため、採用活動に人手をかけず、且つ可能な限り効率化するためにも採用管理システム(ATS)が注目されているのです。

採用管理システム(ATS)の機能

採用管理システム(ATS)には、具体的にどのような機能があるのでしょうか。ここでは採用管理システムの主な機能について紹介していきます。各々のシステムによって違いはありますが、ATSの主な機能は以下の通りです。

  1. 求人情報の一元管理
  2. 応募者情報の管理
  3. 採用のタスク管理
  4. 選考状況・採用スケジュールの進捗管理
  5. 内定者管理

採用管理システム(ATS)を導入すれば、上記のように採用におけるほとんどの業務を管理できます。

ATSの機能1.求人情報の一元管理

複数内容の求人情報を出したり、求人情報を複数の求人媒体に掲載したりすると、求人情報が複雑になり、管理が難しくなってしまいますよね。

採用管理システム(ATS)を導入する事で、それらの求人情報を一元管理できることが特徴です。そのため、応募者の取りこぼしや管理に費やす余計な手間などを防ぐことができます。また、複数の求人を簡単に作成できるため、工数削減が可能です。

さらに、企業内での求人情報の共有もスムーズになるため、簡単なミスを相互チェックで防止したり、誰でも求人情報を最新のものに更新したりすることも可能です。

ATSの機能2.応募者情報の管理

採用管理システム(ATS)を利用することで、応募者の履歴書や職務経歴書、求人媒体に登録されているスキル・実績、経験などの応募者情報を管理できます。複数の求人媒体に登録してある応募者情報を一元管理できるため、選考に集中できることが特徴です。

また、細心の注意を払わなければならない「応募者の個人情報」の取り扱いも、採用管理システム(ATS)で保管することで紛失や盗難のリスクを減らすこともできます。

ATSの機能3.採用のタスク管理

書類選考、試験、面接、最終選考など、採用活動におけるタスクを採用管理システム(ATS)で管理できます。そのため、採用担当者は自分が何をするべきなのか一目で分かり、業務に集中できます。採用タスクが視覚化されているため、自社の採用タスクを見直す際にも役に立ちます。

ATSの機能4.選考状況・選考スケジュールの進捗管理

採用管理システム(ATS)を導入することで、応募者ごとの選考状況、それぞれの選考フローにおける評価などを一元管理できます。

また、応募~面接までの応募者への連絡や日程調整などのプロセスを自動化できるため、工数の削減もできます。

ATSの機能5.内定者管理

採用管理システム(ATS)の中には選考フローだけでなく、内定後の管理までできるシステムもあります。

内定者への内定通知の送付、内定後の連絡なども、採用管理システムを用いて管理でき、内定後のまで迅速かつ効率的な対応が可能です。

どんな効果がある?採用管理システム(ATS)導入のメリット

ここまで、採用管理システム(ATS)の基本的な情報を紹介してきました。採用管理システム(ATS)とは、効率よく採用活動を行えるため、各企業で導入が進んでいるシステムということは理解できたかと思います。ここからは採用管理システム(ATS)を導入するメリットを紹介していきます。メリットをまとめると以下の通りです。

  1. 採用業務の工数を削減できる
  2. 情報の属人化の防止・人為的ミスの防止につながる
  3. データの分析ができる
  4. 母集団の形成ができる
  5. 時間とコストの削減ができる

1つずつ紹介していくので、自社の採用活動にどのように実用できるのかイメージしながら読み進めてくださいね。

ATS導入のメリット1.採用業務の工数を削減できる

採用管理システム(ATS)を導入することにより、これまで個別に扱ってきた採用に関するさまざまな情報を一元管理できるため、採用活動の効率化を図ることができます。無駄な工数の削減、採用活動のスピードアップを見込めるでしょう。

採用競争が激化した現在において優秀な人材を取り逃さないためにも、採用スピード向上は重要な課題です。採用管理システム(ATS)を導入して採用活動を効率化し、優秀な人材を逃さないようにしましょう。

ATS導入のメリット2.情報の属人化の防止・人為的ミスの防止につながる

採用管理システム(ATS)を導入すれば、採用担当者が複数人いる場合や、部署をまたぐ場合、採用担当者がやめた場合などに、採用管理データの共有をスムーズに行うことができます。特定の採用担当者に情報を頼ってしまうと、その担当者が不在の場合などにスムーズに業務を行うことができず、業務が非効率になってしまいます。このような採用情報の属人化を、採用管理システム(ATS)を用いることで防げます。さらに、結果として特定の担当者への負担軽減にも繋がるため、より人材の選考に集中できるでしょう。

また、採用管理システム(ATS)で選考フローを可視化することで、求職者からの問い合わせの見落とし、応募者や内定者への連絡漏れなどの人為的なミスも減らすことができます。さらに、採用に関する情報を共有し、相互チェックをすることで、早期のミスの発見、再発防止にもつながります。これにより、ミスによる人材の取りこぼしを最小限に抑え、採用のチャンスを確実に活かせます。

ATS導入のメリット3.データの分析ができる

採用管理システム(ATS)で情報を一元管理し、採用活動を進めていくことで、蓄積したデータの分析を行うことができます。採用プロセスの課題が数値として視覚化されるため、採用活動を見直すことも可能です。例えば「応募率・採用率が優秀な求人媒体はどれか」「選考において無駄なフローはないか」など、分析したデータを基に今後の採用活動や選考フローにおけるボトルネックを改善し、人材獲得に向けて更なる効率化を進めることができるでしょう。

ATS導入のメリット4.母集団の形成ができる

優秀な人材を採用する以前に、そもそもの応募者が少なく、母集団の形成ができていないという企業も少なくありません。採用管理システム(ATS)を利用することで、求人検索エンジンとの連携や、データ分析による採用手法の改善など、母集団の形成にも繋がります。また、過去に採用に至らなかった優秀な人材を採用管理システム(ATS)を用いてデータベース化しておけば、ポジションが空いた時などに効率的にアプローチすることもできます。

ATS導入のメリット5.時間とコストの削減ができる

採用管理システム(ATS)を導入することで、無駄な書類や手間を削減でき、スピーディな採用活動を実現できます。応募書類の郵送や書類管理、面接の日程調整などの業務を採用管理システム(ATS)で一括管理できるため、無駄な手間を省き、採用にかける時間を減らすことができるでしょう。また、採用管理システム(ATS)で業務を視覚化することで、採用担当者のやるべきことを明確にし、効果の高い業務に専念することができるため、効率化・時間の短縮になります。

採用活動における時間の削減は、効率化・競争力増加に加えて、早急に人材が欲しい場合にも必要最低限の時間と手間・人手で行えるため、さまざまな場面で採用管理システム(ATS)の活躍が見込めるでしょう。

また、採用管理システム(ATS)を導入することでコスト削減にもつながります。これまではさまざまな採用業務に関して、一つ一つにコストがかかっていましたが、一元化により業務を簡易化し、システム1つで採用活動業務を担うことができます。そのため、無駄なツールの削減・無駄な人員の削減などが見込めます。

採用管理システム(ATS)を導入する際の注意点

メリットの多い採用管理システム(ATS)ですが、もちろんむやみに導入すればいいというわけではありません。ここからは採用管理システム(ATS)を導入する際の注意点を紹介していきます。まとめると以下の3つです。

  1. 自社の採用活動に合わないサービスを選ぶと効率化につながらない
  2. 担当者の負担が増える場合も
  3. 無駄なコストがかかる場合も

採用管理システム(ATS)を選ぶ際にも、これらの注意点を参考にして選ぶといいでしょう。

ATSの注意点1.自社に合わないサービスを選ぶと非効率に

採用管理システム(ATS)は数多くの製品があり、それぞれの特徴やサービスは異なります。よって、自社の採用活動に合った採用管理システム(ATS)を選択しなければ、逆に口数がかかったり、無駄な費用、無駄な労力を費やしてしまったり、逆効果になってしまう可能性があります。

また、自社の採用方針によっては、採用管理システムを使用しない方が良い場合や、採用業務の外注化を行った方がいい場合もあるため、自社に採用管理システム(ATS)が必要なのか、どんなサービスが必要なのかを把握し、さらにそれぞれの採用管理システム(ATS)の特徴も把握した上で選ぶ必要があります。

ATSの注意点2.担当者の負担が増える場合も

新しいシステムを導入することで、業務の手順が大きく変わるため、担当者の負担が増えてしまう場合があります。従来の業務の負担に加えて、システムに慣れるまでは作業効率が落ちてしまったり、新たに社内でマニュアルを作成する手間ができたりと、慣れるまではデメリットが目につくかもしれません。これらの障害がおこることをあらかじめ計算に入れながら、人員の配置や業務の割り振りを行うことが大切です。

ATSの注意点3.無駄なコストがかかる場合も

採用管理システム(ATS)の導入にはかなりの初期費用がかかる上に、月々の利用料金まで掛かるサービスもあります。そのため、採用人数が少ない場合などは費用対効果が見合わず、コストがかかってしまう場合もあります。自社の予定採用人数と、システム利用料を明確にしたうえで、利用を判断するといいでしょう。

採用管理システム(ATS)の選び方

ここまで採用管理システム(ATS)のメリットと注意点について解説してきました。採用管理システム(ATS)はメリットが多い半面、自社に合うものを選ばないと逆効果になってしまいます。では、自社に合った採用管理システム(ATS)を選ぶにはどうすればいいのでしょうか。ここからは採用管理システム(ATS)の選び方を解説していきます。採用管理システム(ATS)選びに失敗しないためにも、導入前に以下の項目をチェックしておきましょう。

  1. 自社の採用に適しているか
  2. 機能や使いやすさはどうか
  3. セキュリティはしっかりしているか

ATSの選び方1.自社の採用に適しているか

まずは採用活動について自社の課題や、求める機能を明確にする必要があります。以下の4つの視点から、自社に必要なシステムを明確にしていきましょう。

  1. 採用人数・コスト
  2. 雇用形態
  3. 選考フロー
  4. 現在利用している媒体

採用人数・コスト

採用管理システム(ATS)の導入を検討する際、採用人数とコストが見合っているか確認しましょう。採用する人数が少なすぎるとシステム利用料が割高になってしまう場合があるため注意が必要です。

採用管理システム(ATS)の料金プランはそれぞれで、月額料金制、応募課金制など多岐に渡ります。採用人数が少ない場合は応募人数に応じた料金を支払う応募課金制を、採用人数が多い場合はどれだけ採用しても料金が変わらない月額料金制を利用するなど、採用人数によってシステムの選択をしましょう。

雇用形態

採用管理システム(ATS)は、新卒から中途採用まであらゆる雇用形態に対応しているものもあれば、1つの雇用形態だけに特化したものもあります。

また、「中途採用に強い」「新卒の実績多数」など1つの雇用形態に特化はしていなくとも、それを得意とする採用管理システム(ATS)も存在しているため、自社が必要としている雇用形態を明確にしておきましょう。

自社の採用したい雇用形態と一致する採用管理システム(ATS)を選択しなければ、なかなか成果が出ずに時間とコストだけを費やしてしまうことになります。

選考フロー

それぞれの採用管理システム(ATS)によって、複数の求人媒体への掲載、面接や企業説明会の日程調整、試験や面接の評価システム、応募者とのコミュニケーション機能など、細かい機能が異なるため、自社の選考フローに合わせた機能を選択する必要があります。現在自社で行っている選考フローを整理し、そのフローに沿った利用ができるシステムを選択しましょう。

現在利用している求人媒体

それぞれの採用管理システム(ATS)によって対応している求人媒体は異なります。あらかじめ現在自社で利用している求人媒体を明確にしておき、その求人媒体との連携に対応している採用管理システム(ATS)を選択するようにしましょう。

ATSの選び方2.機能や使いやすさはどうか

採用管理システム(ATS)を選ぶ際には、自社の採用活動において必要な機能はどんな機能か明確にし、それが搭載されているか確認しましょう。必要な機能を明確にするには「採用管理システム(ATS)をなぜ導入するのか」「採用管理システム(ATS)を導入してどんな成果を見込んでいるのか」を確認するといいでしょう。例えば、「採用業務の効率化による人件費削減」という目的があるのであれば、それを実現できる機能があるか確認してシステムを選ぶと良いでしょう。

また、いくら求める機能が揃っていても、使いにくいシステムでは効率化ができませんよね。使いやすさのチェックとして、無料のお試し版やトライアル製品を試用してみるといいでしょう。

ATSの選び方3.セキュリティはどうか

採用管理システム(ATS)では応募者や内定者の個人情報を扱うことになります。万が一外部に情報が漏れてしまうと、会社の信用問題に繋がってしまうため、システムのセキュリティは必ずチェックする必要があります。十分なセキュリティがされているか確認しておきましょう。

おすすめの採用管理システム(ATS)

ここまで、採用管理システム(ATS)の選び方を紹介してきました。自社に合う採用管理システム(ATS)を選ぶためにも、まずは自社の採用活動を見直すことが大切です。ここからは、おすすめの採用管理システム(ATS)を紹介していきます。おすすめの採用管理システム(ATS)は以下の通りです。

  1. HRMOS
  2. HERP Hire
  3. JobSuite CAREER
  4. ジョブカン採用管理
  5. sonar ATS
  6. i-web

1つずつ解説していくので、自社に合ったATSを探してみてくださいね。

おすすめのATSサービス1.「HRMOS」

「HRMOS(ハーモス)」とは株式会社ビズリーチが提供するサービスです。採用管理と人材管理の2種類があり、採用から入社後のキャリアサポートまでを総合的に支援するサービスです。

HRMOSの採用管理システムは、「採用コストが安くなる」をコンセプトにしており、新卒・中途問わずすべての人材採用を一元管理するサービスを提供しています。もちろん、新卒・中途それぞれの採用形態に合わせた機能が搭載されており、機能数は業界最高水準を誇るため、幅広い利用が可能です。

また、「ビズリーチ」「キャリトレ」などの転職サイトを運営しているため、採用に関するノウハウを基に作られているのも特徴です。

〈HRMOSの主なメリット〉

  • 複数の採用媒体の管理、採用に関わる情報の一元管理が可能
  • レポート機能によるデータ分析が可能
  • 「ビズリーチ」や「キャリトレ」などと連携が可能
  • セキュリティが万全
  • 2017年グッドデザイン賞を受賞しており、UIに優れている

〈HRMOSのデメリット〉

  • 「月額10万円~」と費用が高く、ある程度の人数を採用しないと費用対効果が合わない
  • 履歴書が見にくいという声がある

〈HRMOSはこんな会社におすすめ〉

  • 大規模な採用を予定
  • 新卒・中途問わず幅広く採用活動を行っている
  • 採用活動における課題を明確にしたい

公式HP:https://hrmos.co/

おすすめのATSサービス2.「HERP Hire」

「HERP Hire」とは、「社員主導型」を意味するスクラム採用を実現させるための採用管理システムです。従来の採用活動は人事や経営陣のみが担当するのが一般的で、入社してから現場との温度差やギャップが課題でした。そんな課題を解決するのが「HERP Hire」です。

採用を専門としていない社員でも操作がしやすいシンプルなUIと、社内全体での採用を活発にするためのコミュニケーションツールとの連携ができます。

そのため、「HERP Hire」は採用に関する社内コミュニケーションを活発にし、現場にマッチした優秀な人材を獲得するのに適したサービスです。

〈HERP Hireの主なメリット〉

  • さまざまなツールと連携でき、社内での情報共有が容易でスピーディ
  • 誰でも操作しやすいUI
  • 多くの媒体と連携可能
  • 複数媒体の応募状況を一元管理できる
  • 無料でも利用可能

〈HERP Hireのデメリット〉

  • 他のATSと比較すると機能不足を感じることも

〈HERP Hireはこんな会社におすすめ〉

  • 中小規模の企業で効率よく採用活動を進めたい
  • 社員全体を巻き込んで採用活動を進めたい
  • 入社後のミスマッチを減らしたい

公式HP:https://herp.cloud/

おすすめのATSサービス3.「JobSuite CAREER」

「JobSuite CAREER(ジョブスイート キャリア)」とは、中途採用にこだわった採用管理システム(ATS)です。機能や使いやすさ、サポートなどで高い評価を得ているだけでなく、セキュリティにも力を入れており、サービスの品質や安全性で高い信頼を誇ります。転職専門サイトやスケジュールアプリなど豊富な外部ツールとの連携も可能で、迅速な対応、円滑なコミュニケーションが可能です。

〈JobSuite CAREERの主なメリット〉

  • 500社以上の実績からなる、中途採用に特化したノウハウがある
  • 契約継続率95%以上、利用者から高い評価を得ている
  • 使いやすさ・安全性・実績、どれを取っても申し分ない

〈JobSuite CAREERのデメリット〉

  • 「月額5万円~」の月額料金がかかる
  • 無料での試用ができない
  • 中途採用に特化しており、新卒採用には利用できない

〈JobSuite CAREERはこんな会社におすすめ〉

  • キャリア採用・中途採用に重きを置いている
  • 採用規模が大きく、月額料金でもコスパが良い
  • セキュリティのアクシデント対策を重視している

公式HP:https://jobsuite.jp/career/index.html

おすすめのATSサービス4.「ジョブカン採用管理」

「ジョブカン採用管理」とは、新卒・中途・アルバイトなどさまざまな雇用形態に対応している採用管理システム(ATS)です。「良い人を採ることに集中できる」というコンセプトのもとに、人事・採用担当者約1,000人の意見をもとに開発された採用管理システムで、6,000以上の導入実績を誇ります。誰でも使えるシンプルなUIと、採用活動に集中するための工数削減が持ち味で、月の新規登録者数が30名以下で求人媒体への自動連携機能が不要であれば無料で利用ができることも特徴です。

〈ジョブカン採用管理の主なメリット〉

  • 応募者とLINEでコミュニケーションができ、スピーディなやり取りで離脱防止
  • 操作性・利便性に優れ、現状を一目で把握できる
  • 無料で利用可能、一ケ月単位で契約できる

〈ジョブカン採用管理のデメリット〉

  • 応募者の登録人数によって変動するため、コストが高くなることも

〈ジョブカン採用管理はこんな会社におすすめ〉

  • 安定した実績のある採用管理システム(ATS)を導入したい
  • 使いやすく、サポートが充実したシステムを導入したい
  • コスパに優れたシステムを導入したい

公式HP:https://ats.jobcan.ne.jp/

おすすめのATSサービス5.「sonar ATS」

「sonar ATS」とは、採用業務の自動化に力を入れており、新卒、中途採用などあらゆる採用ニーズに対応した採用管理システムです。他の採用管理システム(ATS)にない特徴として、独自の採用フローを作成できる点が挙げられます。そのため、セミナーやWebテストなど採用フローを工夫している企業であっても柔軟に対応・管理できます。

また、導入支援サポートも手厚く「せっかく導入したのにうまく使えない」などの問題にも対応してくれます。

〈sonar ATSの主なメリット〉

  • 新卒・中途採用を一括管理できる
  • 採用業務の自動化に優れる
  • 採用フローに柔軟に対応
  • 求人媒体のみならずLINEやSlackなどとも連携可能
  • 無料トライアルもあり、試しやすい

〈sonar ATSのデメリット〉

  • 利便性に欠けるという声がある

〈sonar ATSはこんな会社におすすめ〉

  • 無料で採用管理システムを試したい
  • 採用業務に人手が足らず、自動化したい
  • 独自の採用フローに対応してほしい

公式HP:https://sonar-ats.jp/

おすすめのATSサービス6.「i-web」

「i-web」とは、新卒、中途のみならず、グローバル採用、グループ採用などさまざまな採用ニーズをカバーしている採用管理システムです。特に新卒採用に強く、就職希望企業ランキング上位130社において導入率1位を誇っています。

求人サイトだけでなく、適正検査システムとも連携しているため、あらゆる角度から応募者を分析できます。

また、サポート体制も充実しており、導入サポートはもちろん、コンサルティングや採用プロセスのアウトソーシングも提供しています。採用管理だけでなく、採用に関するさまざまな業務において頼れるサービスです。

〈i-webの主なメリット〉

  • 新卒採用に強い
  • 採用活動を多角的に分析できる
  • 適性検査の活用で優秀な人材を見極められる
  • 多くの媒体と連携可能

〈i-webのデメリット〉

  • 「7.5万円/月~」と月額費用がかかるため、少人数の採用には向かない

〈i-webはこんな会社におすすめ〉

  • 新卒採用に力を入れている
  • 適性検査で客観的に人材を見極めたい
  • 採用情報の管理だけでなく、さまざまな採用活動のサポートをしてほしい

公式HP:https://www.humanage.co.jp/service/i-web/about_iweb/

採用活動の効率化、コスト削減なら「京栄くん」

ここまで、採用管理システム(ATS)の基本的な情報からメリット、注意点、おすすめのATSまで紹介してきました。自社に合ったATSサービスは見つかったでしょうか。

採用管理システム(ATS)の導入を検討している採用担当者の方は「採用活動を効率化し、コストや手間を省きたい」と考えているかと思います。その場合、採用サイトを無料で構築してくれる「京栄くん」がおすすめです。

京栄くんなら、採用サイトの構築・運用、求人原稿・求人画像の制作サポートを代行してくれることに加え、独自ノウハウを用いて応募数を最大化してくれるため、採用にかかる手間の削減ができます。また、完全応募課金型なので、初期費用・月額費用などのリスクを負うことはありません。

採用管理システム(ATS)では、コストを抑えつつ効率よく採用活動を行えるというメリットに対して、「導入にあたって採用担当者の負担が増えてしまう」「サービスによっては初期費用・月額費用がかかってしまう」というデメリットがありました。しかし京栄くんであれば採用の効率化・コスト削減に加えて、導入の際の負担もほとんどなく、初期費用も無料で始めることができます。

「今の採用活動のコスパが悪い、効率が悪い、でもATSを導入する手間はかけられない」といった場合は、ぜひ一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。