採用管理システム「ATS」って何?ATSのメリット・デメリットや選び方を徹底解説!

atsとは?
Pocket

企業の採用担当者の中には、ATSと呼ばれる採用管理システムを利用しているという方も多いのではないでしょうか?しかし、実際には何となく使っている人が多く、ATSの用途やメリットを具体的に説明できないという方もいます。そこで今回は、採用管理システムであるATSのメリット・デメリットや選び方を解説していきます。

採用管理システム「ATS」とは?

atsとは?

atsという言葉は知っていても実際にどういうツールか知っていますか?

ATSとは、Applicant Tracking Systemの略称で、採用管理のための応募者追跡システムのことを指します。複数の求人サイトを利用している場合、どこから応募してきたのか、その方の個人情報や履歴書、現在の選考状況などをそれぞれ確認するのは手間がかかりますし、抜け落ちてしまう可能性もあります。そのため、すべての情報を1つのシステムで一元管理することができるのが「ATS」です。

ATSを導入して採用を行うメリット

では、ATSを導入して採用活動を行うと、どのようなメリットがあるのでしょうか?

atsのメリット

atsのメリットを理解することで効果的に活用することができます。

採用業務にかかる手間を省くことができる

ATSを利用すれば、採用業務にかかる手間を省き、より管理しやすい状態を作り出すことができます。どこの企業でも採用活動は1人で行うわけではないので、複数人で同じ情報を共有する必要があります。しかし、複数の場所で情報を見なければいけない場合、必要な情報を探す手間がかかりますし、その情報の誤認が起こる可能性があります。また、1か所にまとめて見れるシートを作ろうと思ったとしても、その作成は面倒ですし毎回更新する手間がかかります。これらをすべて一元管理することができるので、ATSを使うと便利に採用活動を行うことができます。

より簡単に採用状況を分析することができる

ただ採用活動を行っていても、自社が望むような結果が出ることはありません。より高い効果を期待するのであれば、現状の求人情報やサイトを使ってどのような結果が出ているのかを分析する必要があります。しかし、たくさんの求人サイトを使って採用を行っている場合、それぞれを分析するのは大変です。そんな時、ATSを使えばすべての情報をまとめてチェックすることができるので、容易に求人サイトの比較や分析を行うことができます。

採用の一部を自動で行ってくれる

ATSによっては、採用活動の一部を自動で行ってくれるものもあります。例えば、応募がきた段階で自社が提示している条件を満たしていない応募者には、自動的にお断りの連絡を送ってくれるものもあるので、採用担当者が行わなければいけない業務を減らすことができます。このような仕組みを使えば、より採用活動の作業効率を高めることができるため、導入を検討する企業が増えてきています。

ATSを使って採用を行うデメリット

ATSにはたくさんのメリットがありますが、その反対にデメリットも存在します。利用する際には、そのことを念頭に置いて置く必要があります。

採用単価が上がる

ATSを導入するのには費用がかかります。そのため、1人の人材を獲得するために必要となる採用単価は上がってしまいます。採用活動における予算があまりない企業の場合、ATSを導入することによって、他のところに費用を使えなくなってしまうリスクもありますので、現状の予算をしっかりと考えて導入する必要があります。

少人数の採用には向かない

毎年新卒の採用活動を行う企業や大量募集をする企業の場合には、ATSを導入することのメリットは大きいです。しかし、時々しか採用活動を行わない企業や少人数だけを求める場合にはコストだけがかかってしまい、あまり意味がないという場合もあります。近年の自社の採用活動を振り返って、コストを割く必要があるのかを検討することをおすすめします。

自社に合ったATSの選び方

atsの選び方

atsの選び方を解説致します。

ATSを導入して採用活動を行う場合、自社の用途に合わせたサービスを選ばなければ思った以上の効果が得られない可能性があります。そのため、導入前にどのようなサービスを選べばより費用対効果が高くなるのかを検討することが大切です。そこでここからは、自社に合ったATSの選び方をご紹介していきます。

自社の使っている求人サイトと連携できるかどうか

ATSを使う場合、求人サイトと連携することが必要となります。現在使っている求人サイトがあるのであれば、その求人サイトと連携できるサービスを探さなければいけません。また、ATSを検討する際に現状使っている採用サイトでどれくらいの効果が出ているのかを見直し、ATSと連携できるサイトへの変更を検討するのも1つの方法でしょう。

自社のニーズに合うかをチェックする

ATSのサービスはたくさんあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。自社でどれくらいの人数を採用する必要があるのか、採用に使える予算はいくらなのかを事前に明確にし、その中でより効率的に採用活動を行えるATSはどれかを選別する必要があります。ATSによっては、新卒採用・中途採用専門というものもありますので、雇用体系によって使うATSを選ぶのも1つの方法でしょう。まずは自社でどのような採用活動を行いたいかによって使うATSは変わってきますので、採用担当者の中でニーズを明確にしてから行うことをおすすめします。

誰でも操作しやすいサービスを選ぶ

ATSにはさまざまな機能がついています。サービスによっては、たくさんの機能がありすぎて結果的に使いづらくなってしまっているものもあります。そのため、自社で使いやすいATSはどれなのかを試してみることが必要になります。ATSによっては、無料でお試しできる期間が設けられているものもありますので、自社で使いたいと思ったサイトを複数試してみてから選ぶことをおすすめします。

応募者が操作しやすい仕様かをチェックする

ATSによっては、求人サイトを作ることができたり、応募者と直接連絡をとることができるサービスもあります。これはとても便利なサービスですが、応募者が使いづらいサイトになっていたり、読み込みに時間がかかってしまうものだと、応募者が途中で離脱してしまう可能性があります。そのため、応募者がそのサイトを見た時にどのように感じるのか、ストレスなく利用することができるのかという視点を持つことも大切です。

セキュリティ対策がされているのかを確認する

どれだけ使いやすいサービスだったとしても、ネット上で個人情報を管理する場合、情報が流出してしまうリスクがあります。個人情報の管理ができていないと、企業の信頼を落としてしまうことになりかねませんので、しっかりとセキュリティ対策が行われているATSを選ぶことが重要になります。また、トラブルによって情報が消えてしまったりする事態を避けるためにも、バックアップをとれるものを選んでおくとより安心でしょう。

「京栄くん」ならコストと手間を減らせる

京栄くんならコスパよく運用できます

京栄くんは効率よく採用活動をしたい方にオススメのツールです!

ATSを検討している企業の方は、採用にかかるコストと手間をできるだけ下げたいと考えている場合が多いでしょう。そのような企業の採用担当者の方には、「京栄くん」がおすすめです。京栄くんであれば、プロが独自のノウハウを使って自社に合う求職者を集めてくれますし、費用も完全成果報酬型となっているため、無料で始めることができます。ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか?

資料請求