CMでお馴染みのバイトルNEXTとはどんな媒体?

バイトルNEXTとは?
Pocket

この記事では、ここ数年TVCMの効果によって会員登録数が急増している『バイトルNEXT』について解説していきます。

さらに今回は、求人広告の営業経験者だからこそ知っている、他ではあまり知られていないバイトルNEXTの推しポイントも紹介しています。

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

バイトルNEXTの特徴

 

バイトルNEXTとは、正社員向け求人媒体です。

また、アルバイト向け求人媒体『バイトル』の姉妹サイトでもあります。どちらかというと、以前は圧倒的にバイトルの方が認知度が高かったと言えるでしょう。

しかし、人気タレントを起用したプロモーションで認知度が一気に急増し、特に社員志向の若い世代へのアプローチが強く伝わってきます。

ここではまず、バイトルNEXTの特徴を順番に詳しく紹介していきます。

 

  • バイトルNEXTの会員属性
  • 原稿修正が何度でも出来る
  • 無料でバイトルにも同時掲載可能
  • 電話からの応募対応漏れの対策がある

 

バイトルNEXTの会員属性

 

バイトルNEXTの会員属性は、若手層が中心となっています。

まず、バイトルNEXTの約半数が20代〜30代のユーザーで占めており、34歳以下の若手が51%となっており、男女比率もほぼ同率です。また、未経験もしくは社会人経験が浅い求職者が多く、掲載案件の約8割が年収400万円以下の企業というのもバイトルNEXTの特徴と言えるでしょう。

バイトルNEXTの強みの一つが、幅広い職種に適していること。特に経験やスキルを求めず積極的に採用を目指しているので人材育成に積極的な企業が多い傾向にあります。

 

職種の例としては、以下が挙げられます。

  • 販売
  • 飲食
  • 製造
  • 運輸
  • 軽作業
  • ドライバーなどが挙げられます。

 

年代別の応募結果をみると飲食業界は約7割。さらに、IT.営業・医療・介護・福祉業界の半数が10代〜20代からの応募結果となっているのです。

一方で、物流や製造、建設、土木業は年齢層が高い傾向にあります。

『バイト経験を活かして社員になりたい』という正規雇用への関心が強く、働く意欲の高い人材を求めている企業にバイトルNEXTは向いているでしょう。

 

原稿修正が何度でも出来る

 

バイトルNEXTでは掲載中の原稿修正が無料で何度でも出来ます。つまり、仮に求めるターゲットが途中で変わっても、期間内であれば応募状況に応じてすぐに書き換えることができます。

採用のターゲットが変わる事で、掲載契約をやり直す必要もないので、手間やコスト削減にも繋がります。

さらに、ユーザーからのアクセス数をチェック出来る『応募分析レポート』という機能があります。数値から効果を検証して原稿をブラッシュアップすることで効果UPに繋げる策略もあるのです。

 

無料でバイトルにも掲載連動

 

アルバイト向け求人のバイトルに掲載を連動しているのにはこんな理由があります。実は、バイトルに登録している会員の約5割は『いずれは社員になりたい』と思っているユーザーなのです。

 

つまり同時連載することで

  • 仕事を探している
  • 正社員になりたい
  • 求人サイトで仕事を探そう

 

という応募意欲が高い顕在層にも自然とアプローチを仕掛けているのです。自社の求人をどれだけのユーザーの目に止めさせるかも採用活動では欠かせないポイントになります。

 

電話応募の対応漏れ機能がある

 

電話応募が不通時の場合、SMSでお知らせしてくれる機能があります。応募者への対応がどれだけ早いかで、採用結果は大きく変わります。せっかく応募しても企業からの連絡が遅いことに不満を感じている求職者も多いのです。

また、求職者は複数同時に応募していることが殆どなので、対応が早い企業に良い印象を持ち、採用に繋がりやすい傾向があります。

対応の早さで求職者を逃さないのが採用への近道と言えそうです。

 

バイトルNEXTの強み

 

次に他媒体に負けないバイトルNEXTの強みを紹介します。

以下の4つとなりますので順番に解説します。

 

  • 情報量が満載の原稿
  • 動画機能で求職者に働くイメージを持たせる
  • 修正原稿の反映が早い
  • キャンペーンが豊富

 

 

情報量が満載の原稿

 

バイトルNEXTの原稿は、プラン関係なく情報量が満載です。というのも、他社の媒体は料金プランによって原稿に載せる画像数や、テキストの量で差別化を図っています。しかし、バイトルNEXTは、どの料金プランでも同じ原稿量で、求職者が知りたい情報をしっかり伝えられるのです。原稿量が足りず、自社の魅力を伝えきれないということないので、企業にとっても嬉しいですよね。

 

その上、バイトルNEXTの原稿は各項目毎に分かれてはいるものの掲載内容については比較的自由です。つまり、掲載のコンセプトやアイデアによって求職者にどのように伝えていくか戦略的にアプローチできるのです。

 

動画配信機能で企業の魅力を伝えられる

 

動画配信をすることで、企業の魅力をよりリアルに伝えることができます。たとえば、1分間の動画でメッセージや仕事風景をアピールできるとしたら、180万文字の情報伝達量があると言われています。ユーザーにとってリアルを伝くえられる情報量が多いのは最大の魅力ですよね。

また、求職者がどの企業で働くかを決めるポイントには『この会社で働く自分』が想像出来るか、というのも決め手の一つとして挙げられます。

実際に働いている現場の雰囲気や、働く仲間からのメッセージを、写真ではなく動画にすることで、よりリアルに伝えることが出来るのです。

さらに求職者は企業のことを事前に調べて応募をしてくるので、企業の評判や口コミで得た先入観を取り除く効果もあります。

 

修正原稿の反映が早い

 

バイトルNEXTは、掲載中に原稿修正してからのサイトへの反映がとにかく早いです。他媒体の場合、早くて翌日、もしくは金曜日に修正依頼した場合は週明けになるなど、反映に時間を要します。

そうなると、新しい原稿に反映するまでの間に応募があった場合、求職者との間にトラブルが起こる可能性もあります。一方、バイトルNEXTは反映までに最短1時間というかなりスピーディーなので掲載期間の限られた時間を無駄なく最大限に活用できるのです。また、原稿修正を担当する営業とどれだけ早くコンタクト取れるかも重要となります。

 

キャンペーンが豊富

 

バイトルNEXTは、企業にとって嬉しいキャンペーンが豊富に揃っているのも魅力です。

例えばこんなキャンペーンがあります。

 

キャンペーン名 内容
リトライプラン 目標応募数に満たなかった場合、無料で延長できる。
はじめましてキャンペーン

 

初めて掲載する企業や、一定期間掲載がなかった企業向けに、掲載期間延長+スカウトメールを送れる。
GWやお盆、年末年始の1週間延長CP 対象期間中の契約で1週間掲載延長ができる

 

キャンペーンが充実させる事で、採用活動が難航しても、他媒体への乗り変えを防ぐ事ができるので、企業にとっても媒体にとってもメリットと言えるでしょう。

 

バイトルNEXTの掲載について

 

バイトルNEXTの掲載について順番に解説していきます。

 

  • 料金体系
  • 他媒体にはない採用効果UP対策
  • 企業からの評判

 

料金体系

 

バイトルNEXTの料金体系は、掲載順位、掲載地域、掲載期間によって決められています。

今回は、東京都と愛知県に出した際の掲載料金を例にして紹介します。それぞれのプランと料金は以下となります。

 

※東京都(応募先が千代田区、港区、中央区、渋谷区、新宿区、豊島区の場合)

プラン名 基本料金 掲載期間
Pプラン ¥300,000~ 2週間
PLプラン ¥220,000~ 2週間
Dプラン ¥142,000~ 4週間(8週間、12週間)
Cプラン ¥95,000~ 4週間(8週間、12週間)
Bプラン ¥57,000~ 4週間(8週間、12週間)
Aプラン ¥38,000~ 4週間(8週間、12週間)

 

※愛知県(応募先が名古屋市中区・中村区のいずれかの場合)

プラン名 基本料金 掲載期間
Pプラン ¥210,000~ 2週間
PLプラン ¥154,000~ 2週間
Dプラン ¥99,000~ 4週間(8週間、12週間)
Cプラン ¥67,000~ 4週間(8週間、12週間)
Bプラン ¥40,000~ 4週間(8週間、12週間)
Aプラン ¥27,000~ 4週間(8週間、12週間)

 

 

基本プランは全部で6種類で掲載順位が上位順でP→PL→D→C→B→A となっています。

P、PLプランは、2週間掲載のみ。D〜Aプランは、4週間、8週間、12週間プランとなっています。掲載原稿のボリュームは変わらないため、PプランとAプランで金額の差があるのは、掲載順位の差になりますね。

 

他媒体にはない採用効果UP対策

 

バイトルNEXTには、採用効率を最大限に活かすため、このような2つの取組みをしています。

 

  • しごと体験、職場見学

就労前に実際の職場を見せる機会を設けることで、求職者とのミスマッチの軽減に繋がります。この体験・見学を原稿に載せた場合、バイトルNEXTのデータによると、載せていない原稿よりも1.3倍応募効果がUPしているのが分かっています。

 

  • 追加オプション(i スカウト・iアプローチ)

求職者の行動データを分析して、積極的にユーザーへアプローチする機能です。

 

 

iスカウト iアプローチ
①特徴 希望するユーザーを選択して送るダイレクトメール マッチングする確率が高いユーザーへ自動で送るダイレクトメール
②共通点 原稿内容とマッチングするユーザーを自動でリストアップ 原稿内容とマッチングするユーザーを自動でリストアップ
③違い 原稿とユーザーが検索している希望条件に合わせておすすめ度が高い求職者に一斉送信 ユーザーのプロフィールや行動データを見ながら1人ずつ選択してダイレクトメールを送る
④企業側の設定作業の有無 不要 自社で選択して送信

 

企業からオファーすることで、求職者に自社の存在を知ってもらうことができます。採用活動を効率よくする為には、応募をひたすら待つのではなく、掲載中の限られた期間に時には攻めることも必要ということです。

 

 

バイトルNEXTの採用率を上げる工夫

 

バイトルNEXTでは採用率を上げるためにこんな工夫がされています。

 

  • 動画取材には経歴が長い社員
  • ポテンシャルの高い未経験者層

 

 

動画取材には経歴が長い社員

 

バイトルNEXTの強みである「動画」には、採用率を上げる為の工夫があります。

それは、動画インタビューでは、あえて経歴が長い人に出演してもらうことです。

 

それにはこのような理由があります。

 

経歴が長い社員を出すことで、自社ならではの経験をリアルに伝えられるからです。

 

たしかに、求職者と年齢が近い若手社員からのメッセージには、働くイメージを与えやすく共感を得やすいというメリットはあります。

ただ経験が浅い分、その企業だからこそ経験した内容というより、社会人としてのメッセージになりがちという難点もあるのです。

 

一方、さまざまな業務に携わり困難を乗り越えた経験値の高い社員からのメッセージでは

『こんな壁にもぶつかったけど、どんな方法で乗り越え今に至るのか』

それは一緒に働く仲間だったのか、新しい技術やノウハウを高めたからなのか、というメッセージにもストーリー性があり、その企業の内部についてもリアルに伝えられるメリットがあります。

 

良いことも悪いことも含めて、企業のことを理解して、それでも働きたいと思ってくれた人材を採用したいという意図が込められているのです。

 

 

ポテンシャルの高い未経験者層

 

バイトルNEXTにはポテンシャルが高い未経験者が多いです。というのも「未経験から正社員になりたい!」「フリータ―だけど、そろそろ正社員にならないと…」などと正社員で働きたいけど、なかなか働けないというユーザーが多いのです。

 

例えば、25歳後半、フリーターで30代半ば、非正規派遣で40代後半という属性の求職者がゴロゴロいます。なぜかというと、このようなユーザーは、マイナビ転職やdodaという大手転職サイトでは履歴書が汚れてしまって書類選考で落とされてしまう現実があります。

 

 

 

それに対して、バイトルNEXTはシステム上、基本情報を入れるだけで応募ができて、書類選考の流れがありません。企業によって書類選考を行うケースはありますが、ブランクがある方や、はじめて正社員になるユーザーは好んで利用している背景があるのです。したがって、未経験者層でも将来を見据えて働きたいポテンシャルを秘めているユーザーがいるのも推しポイントの一つと言えます。

 

まとめ|バイトルNEXTとはどんな媒体?

 

ここまでバイトルNEXTの特徴や掲載の仕組みを説明してきました。

動画配信や体験・見学で、リアルな職場を伝えている媒体は他にはない試みです。

バイトルNEXTに載せている多くの企業が、これからの将来を担っていく若手層にチャンスを与えて活躍して欲しいと願っているのだと思います。

 

ここまで読んでくれた人に採用活動をスムーズにしたいなら無料掲載の「京栄くん」を利用してみては?

 

 

京栄コンサルティングが運用している「京栄くん」ならスタッフのノウハウを活かして採用活動をサポートします!

 

・有料広告などの運用ノウハウ

・求人原稿のコピーライティング

・求人画像のデザイン力

 

上記のようなスタッフのノウハウをなんと無料で最大限に発揮します!

採用活動で無駄な出費を抑えたいなら一度お問い合わせをしてみることをおすすめします。