採用活動で重要な「母集団形成」って何?その意味と方法について解説します

母集団形成とは?
Pocket

採用活動の中で「採用したい人数分の応募がない」という悩みを抱えている経営者・人事担当者はかなり多いのではないでしょうか?採用を考える時に、ただ求人情報を出しているだけでは思ったより人材が集まらないということは多くあります。そのため、「母集団形成」を考えることが重要だと言われています。そこで今回は、採用活動における「母集団形成」について詳しく解説していきます。

 

採用活動の母集団形成って何?

母集団形成とは

採用活動において母集団形成は必要不可欠です。

母集団とは、統計学で使われる用語で「調べたいデータの総数」のことを指します。そのため、採用活動の中では「自社に合う候補者」のこととなります。つまり、採用活動における母集団形成とは、「自社に合う候補者を必要な人数だけ集めること」となります。

採用活動においては、たくさんの応募があることを重要視している採用担当者が多いです。しかし、実際により質の高い採用活動を行うためには、無作為の100名の応募者を集めるより、自社に興味があり働きたいと思ってくれている人を30名集めて、その中から自社が獲得したいと思っている5名を選ぶという形式を作ることが大切です。これが採用活動の母集団形成の考え方になります。

 

採用活動で母集団形成を行うメリット

母集団形成のメリット

母集団形成をしっかりと行うことで優秀な人材を確保することができます。

では、採用活動の中で母集団形成を意識することによって、具体的にどのようなメリットが得られるのでしょうか?

失敗を限りなく避けられる

採用活動を行っているということは、現時点で社内に必要な人材がいないという状態の場合が多いでしょう。しかし、母集団形成を意識せずに何となく採用活動を行ってしまうと、必要な人数を採用することができなかったり、自社で求めていた人材ではない応募者ばかりが集まってしまったということが起こります。人が集まらなければ元も子もありませんし、自社と合わない応募者を集めてしまった場合、あまり戦力にならなかったりすぐにやめてしまうリスクもあります。このような事態を避けるためにも、採用活動の際にはどんな人材がほしいのかを明確にして、計画的に行うことが重要です。そのために必要なのが母集団形成です。

 

計画的に予算を使うことができる

採用活動を行う際には、限られた予算の中でより会社に貢献してくれる人材を探す必要があります。やみくもに採用活動を行うと、結果は出ていないのに予算だけ使ってしまったという事態になりかねません。今ある予算の中で効率的な活動を行うためには、事前準備が大切になります。母集団形成を行うことによって、必要な予算の中で事前に決めたターゲットに対して必要な人数を集めることが可能となります。

 

自社で活躍してくれる人材を獲得できる

母集団形成の目的は、募集の際から自社に合う人材を集めることです。元々集まった人材が自社の社風や求めるスキルに合う人なので、その中からよりよい人材を選ぶことができます。自社に合う人材を獲得することができれば、長期的に働いてくれる可能性も高まりますし、すぐに即戦力として活躍してくれることもあるでしょう。

 

採用活動の母集団形成に必要なポイント

母集団形成のポイント

母集団形成のポイントを抑えることでより効率よく採用活動を勧めることができます。

では、ここからは採用活動の中で母集団形成を行う際に考えるべきポイントについてご紹介していきます。

ターゲットを明確にする

採用活動の際に最も重要なのは、どのような人材がきてほしいのかを明確にすることです。求人を出す時に、より多くの人材が応募してほしいからと、誰にでも当てはまるようなあいまいな内容を書いてしまう採用担当者は多くいます。しかし、あいまいな内容だと誰の心にも刺さらない可能性がありますし、キープとして応募してくる人も増えてしまいます。「この会社で働きたい」と強く思ってもらうためには、より具体的にターゲットにアプローチし、そのターゲットに刺さる明確なメリットを提示することが重要となります。

例えば、ターゲットでいうと「10~60代まで活躍中」と書くよりも、「第二新卒も大歓迎」と書くことによって、より若い世代に見てもらいやすくなります。また、若い世代で多くの人材を集めたいと思っている場合には、「未経験者でもOK!手厚い研修があります」と書くと、あまり自分のスキルに自信がない若者でも応募しやすくなります。まずはその求人の内容を見てもらって、ここで働きたいと思ってもらうことを考えましょう。

 

サイトの見た目よりも内容を重視する

企業の中には、求人サイトにお金や時間をかけて魅力的なビジュアルのサイトを作っているところも多くあります。もちろん見た目にこだわるのは悪いことではありませんが、中身が充実していないと自社に必要な人材は応募してくれません。

時代が変わるごとに応募したいと思っている人の価値観は変わるので、ターゲットを明確にしたらそのターゲット層に響くような内容に変更する必要があります。すでに何年も前に設定した原稿のままになっている場合には、今のトレンドを調べて変更することをおすすめします。

 

他の企業の募集と比較する

母集団形成を行う上で重要なのは、同業他社がどのような求人を出しているのかをチェックするということです。同業他社の場合、同じようなターゲット層を設定している企業もあるでしょう。その場合、他の企業との差別化が図れなければ、応募者側の視点でいうと自社に応募するメリットが感じられないでしょう。そのため、常にターゲット層の応募者側の視点に立って、同業他社よりも「この会社で働きたい」と思えるかどうかを考えることが必要となります。例えば、近くにある同業他社が給料が25万なのに対して、自社が23万であれば給料が高い方にいきたいと考える応募者が多いということは容易に想像できるでしょう。その金額設定しかできないのであれば、福利厚生を充実させたりノー残業デーがあることをアピールするなど、それ以外の部分で魅力を感じてもらえる要素をしっかりと提示することで、他社より魅力的だと感じてもらえます。

 

採用時期や応募方法の工夫する

採用活動を行う際には、ターゲット層の人材がどのような時期に求人に応募しやすいのか、どのような応募方法だとより行動に移しやすいのかを判断することが大切です。例えば、新卒を採用したいという場合に2~3月に応募をかけてしまうと、他の企業に落ちた応募者しか集まらない可能性が高いので、同業他社が求人を出す時期にはすでに自社でも求人がある状態にしておく必要があります。また、40代以上の方を集めたいと思った場合には郵送で書類を送ってもらう方が応募しやすいと思うけれども、20代の場合はLINEやGoogleフォームで一度応募する方が行動しやすいという場合もあります。そのように、他社と比較し工夫をして採用活動を行うことによって、自社がターゲットに設定した人材をより多く獲得することが可能となります。

 

丸投げしたい採用担当者は「京栄くん」がおすすめ

コスパを求めるなら京栄くん

京栄くんを利用することで母集団形成を丸投げすることができます。

いかがでしたか?母集団形成の形成が重要だと分かっていても、「なかなか自分達では難しい」「ターゲットに響く言葉がどれか分からない」という採用担当者も多いのではないでしょうか?そのような方には「京栄くん」がおすすめです。京栄くんは採用のプロが無料で採用サイトや求人原稿などを作成してくれて、独自のノウハウでより多くの応募者を獲得してくれるので、すべて丸投げで採用活動を行うことができます。料金は完全成果型となっているので、リスクなく魅力的な人材を獲得したい方は一度お問い合わせしてみることをおすすめします。