careerjet(キャリアジェット)って効果が出る?料金体系、メリット・デメリットを徹底解説!

careerjetとは
Pocket

企業の求人担当者であれば、careerjet(キャリアジェット)というサイトの名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?careerjetとは、ロンドンで運営されている求人サービスで、indeed(インディード)と同じような求人検索エンジン型となっています。indeedよりも前に運営されているサイトですが、知らないという方もいるのではないでしょうか?そこで今回は、careerjet(キャリアジェット)のメリット・デメリットについてご紹介していきます。

careerjet(キャリアジェット)とは?

careerjetとは

careerjetは日本だけでなく世界で幅広ク活用されています。

careerjetとは、ロンドンに本社があって2008年からサービスを開始している求人検索サイトです。現在はスマホ用アプリもあり、日本でも使っているという方もいます。careerjetには、日本だけではなく世界90カ国の求人が検索されており、28言語で見ることができます。掲載数も700万件を超えており、どのサイトよりも多くの求人を扱っていると言えます。

 

careerjetの求人掲載方法と料金

careerjetには2つの求人掲載方法があります。掲載方法によって表示の仕方や金額が異なるので、自社が求める様式や予算に応じて選ぶことができるようになっています。

careerjetの掲載料金

careerjetには複数の掲載方法があります。必要に応じて使い分けましょう。

マニュアル掲載

careerjetのマニュアル掲載とは、careerjetのサイトで直接求人を作成する方法となります。careerjetのアカウントにログインすると、求人広告を作成するために必要な項目が出てくるので、その内容に従って記入すればあまり知識がない方でも簡単に求人原稿を作ることができます。マニュアル掲載の場合、1つの求人につき1万円で45日間掲載することができます。

 

自動掲載

careerjetの自動掲載とは、自社が持っている求人サイトを掲載してもらうという方法です。アカウントにログインした後、申請することで自動的に掲載してもらえます。

自動掲載の場合には、期間で料金を支払うのではなく、1クリック10円という単価設定になっています。そのため、クリックされて初めて費用が発生することになります。また、クリック単価を上げることによって、より上位に表示させることも可能です。

careerjet(キャリアジェット)のメリット

careerjetのメリットは?

careerjetのメリットをしっかり理解することで効率よく採用活動をすることができます。

careerjetを利用すれば、どのようなメリットがあるのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

 

世界各国の求人を見ることができる

careerjetでは、世界各国の求人が掲載されており、さまざまな求人情報を確認することができる点が大きなメリットとなっています。もちろん日本人の求人者が海外の求人を探すこともできますが、反対に現在海外に住んでいる方でも日本の求人を探すことができます。今は海外から多くの人材が日本に流入しており、外国人の力で回っているという企業も存在します。そのような企業の場合、より簡単に海外の方にアプローチすることができます。また、海外の人材がほしいという場合にも、careerjetを使えば他のサイトよりも容易に探すことができるでしょう。

 

より安い費用で採用活動を行える

careerjetには、「マニュアル掲載」と「自動掲載」の2つの求人掲載方法があります。どちらの掲載方法も、同じような形態の求人サイトと比較すると安い価格設定となっているため、気軽に始めやすいと思う採用担当者は多いでしょう。求人広告にあまり予算を割けないという企業でも、費用を抑えて採用活動ができるという点は大きなメリットになります。

また、careerjetは現状だと他の有名な求人サイトと比べると、まだまだ登録している企業は少ないです。そのため、あまり大きな費用をかけなくてもより上位に表示される可能性が高いので、より人材を確保しやすい環境になっていると言えるでしょう。

 

スカウト機能で企業からもアプローチできる

careerjetには、簡易スカウト機能が用意されています。careerjetに登録するユーザーは自分の履歴書を登録することができるようになっているため、企業の採用担当者が履歴書を検索して自社に合いそうな人材を探すことができるというサービスがあります。通常の求人サイトの場合、求職者からの一方向からのアプローチしか行えないため、求職者に求人を見つけてもらえなければ応募してもらうことはできません。しかし、簡易スカウト機能を使えば、自社からもアプローチして自社のことを知ってもらうことができるので、使いやすいと感じる人も多いでしょう。

 

 

careerjet(キャリアジェット)のデメリット

careerjetのデメリット

careerjetのデメリットをしっかり理解することで余すことなく活用することができます。

careerjetにはたくさんの魅力がありますが、その反対にデメリットも存在します。その点を理解して活用することが大切です。

 

知名度が低く他サイトより利用者数が少ない

現在、careerjetと同じ形態で最も人気のあるサイトが「Indeed」です。Indeedの場合、2800万人というユーザーが利用しています。しかし、careerjetの月間訪問数は79万人となっているので、Indeedに比べるとユーザー数が少なく、まだまだ日本では知られていないことが分かります。そのため、より短期間でたくさんの人材を獲得したいという場合には向いていません。

 

careerjetの代理店が日本にはない

careerjetはまだ知名度が少なく、利用者数も他のサイトよりも少ないので、求人を出したいという企業をサポートする代理店が日本には存在しません。そのため、Indeedのように誰かに依頼して運用してほしいと思っても、それを頼むことができないので、すべて自社で行う必要があるというのが現状です。

 

クリック数しか見ることができない

careerjetは、有料求人と無料求人のクリック数を見ることしかできません。同じような検索エンジン型求人サイトであるIndeedの場合、表示された回数やクリック数、それに対する応募率や応募単価などさまざまな情報が見れるようになっています。そのため、Indeedと比較すると自社の求人がどれくらい効果があるのかという分析が難しい点がデメリットと言えます。運用する時にはその点を加味して行う必要があるでしょう。

 

クリック数の金額上限を設定できない

careerjetでは、1日もしくは1か月で使える予算を設定することができません。そのため、自分達が思っている以上に一気にクリックされてしまい、かなりの予算を使ってしまうということもあります。クリックされたからと言って、応募がくるというわけではないので、予算が無駄になってしまうリスクも考えて掲載する必要があります。

 

コスパを求めるなら「京栄くん」がおすすめ

コスパを求めるなら京栄くん

京栄くんはコストパフォーマンスに優れているので無駄なく応募を獲得することができます。

いかがでしたか?careerjet(キャリアジェット)は世界各国に対して求人を出すことができたり、より安い金額で上位に表示させることはできますが、思った以上に成果が望めずに予算を使ってしまったり、思ったより求人を見込めないケースも考えられます。ただ、Indeedなどの有名なサイトに登録しても、たくさんの求人に埋もれてしまう可能性があります。

より安い価格で高い成果を出したいと考えている採用担当者には、採用のプロが効率よく行ってくれる成果報酬型の「京栄くん」がおすすめです。詳しい内容が気になる方はぜひお気軽にお問い合わせください。