求人広告費用を比較・費用対効果を求めるなら?

Pocket

採用にどれくらいお金をかけていますか?求人広告は様々、有料のものや無料のもの、有料のものでも課金形態に色々なパターンがあります。高い金額をかけても費用対効果が低ければ意味がありません。それぞれの求人広告について比較し、費用対効果を重視した広告と出来るようご説明します。

採用にかかる費用

企業が永続的に営業活動を行うために必要なことのひとつが「採用」です。在籍する社員・スタッフは必ず歳を重ねるため、毎年年齢的な要因から退職する方がいます。家庭の事情で退社しなければならない方もいるでしょう。自身の思い描くキャリアと業務のギャップが生じ転職を志す方もいるでしょう。予測不能なことがらも、予測不可能なことがらも、働くひとを取り巻く様々な事情の変化により、一企業の社員の出入りは必ず生じます。だからこそ、企業は採用に関して常にアンテナを張っている必要があるでしょう。

しかし、採用活動は費用や手間がかかるものです。様々な企業を就職先として見きわめている求職者に対し、採用活動を成功させるためには紙媒体やウェブ媒体への求人広告の掲載、また応募者の面接、面接後のフォローなどきめ細やかに行わなければならず、人的・時間的・金銭的コストを要します。このページでおすすめしたいのは、採用にかかる費用を細分化して内訳を知り、採用に関してムダにお金をかけないようにすることです。

採用費用は大きく分けて、外部コスト・内部コスト、の2つになります。

外部コスト

・面接や企業説明会の際、求職者に配るための会社案内などの資料制作費
・求人広告費
・会社説明会を開催する際の貸会議室等の使用料
・成功報酬型の場合、採用時エージェントに払う費用

内部コスト

・担当者の人件費
・社員による紹介者を採用する場合、紹介してくれた社員へ払うインセンティブ

さらに、1人当たりの採用コストも算出してみましょう。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
1人当たりの採用コスト=採用費用全体÷採用人数
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

採用にかかる費用は把握できたでしょうか?
1人当たりの採用コストが年々上がっていて、採用活動を行う中で費用対効果を鑑みると思うような成果が表れていないとお考えの場合は、外部コストと内部コストの金額を見て、何に費用をかけすぎてしまっているか確認してみましょう。

求人広告の予算・採用にかかる費用は高額

採用にかかる費用を内部コスト・外部コストに大別し、さらに内訳を見ていくと……「求人広告費に多くの金額を割いているように思える」という印象を抱きませんでしたか?

業種や従業員数によって差はあれど、求人広告費用は年々増加傾向にあります。
2019年の中途採⽤の求人広告予算は平均221.4万円、実績は平均144.4万円、2018年と⽐較した場合「変わらない」と答えた企業が約5割を占め、「増えた」と答えた企業が4割弱となっています。
従業員数別では、『60〜299⼈』『300⼈以上』の企業より『60人未満』の企業の方が求人広告費が増えたと答えています。
業種別では、『IT・通信・インターネット』『医療・福祉』が他業種より「増えた計」がやや高い良いです。

1人当たりにかかる採用広告費

1人あたりの求人広告費にも目を向けてみましょう。
先ほども、算出方法を取り上げましたが、データによると中途採用の場合1⼈あたりの求⼈広告費に50万から60万かかるという報告もあります。かさむ採用費用に頭を悩ませている企業も少なくないのではないでしょうか。

参照:マイナビ中途採用 状況調査2020年版 – 株式会社マイナビ

求人広告費用の比較

ここまで、採用にかかる費用は外部コストと内部コストがあり、その中でも外部コストである求人広告費が年々増加傾向にあるということをお伝えしました。
それでは、その求人広告費をムダにせず効率的に使うためにはどうしたらよいのでしょうか?

求人広告費用は媒体によって様々です。ここでは、媒体の特徴や価格帯をお伝えします。

リクナビ 求人広告 費用

新卒採用 「リクナビ新卒」40万円~(最大13ヶ月)
中途採用 「リクナビNEXT」18万円~(最小サイズに2週間掲載した場合)

1960年代から新卒採用メディアを運営、採用ノウハウもリソースも豊富な求人大手「リクルートキャリア」が運営するのが「リクナビ」です。新卒採用は「リクナビ新卒」、中途採用は「リクナビNEXT」と採用したい年齢層によってサイトが分かれています。
新卒採用は通年行う企業が多いため「リクナビ新卒」の広告費用は通年利用で40万円(最大13ヶ月)からとなっています。
大手サイトの安心感、そして広告のプロの手によって、自社の求める人物像に合わせた原稿作成を行ってもらえるため、人気の媒体です。
安価ではありませんが、知名度が高いためその効果には定評があります。

参照:https://www.recruitcareer.co.jp/business/new_graduates/rikunabi/price/

タウンワーク求人広告費用

¥10,000~ (エリアにより異なる)

「リクルートジョブズ」が運営する求人メディア「タウンワーク」。
地域を限定したパート・アルバイトの採用活動に向いている求人広告媒体です。
皆さんもまちなかや駅のラックで、求人情報フリーペーパーのタウンワークを見かけることがあるのではないでしょうか?「ネットと雑誌の求人広告でトータルアプローチ」できるのがタウンワークの強み。2018年には求職者リーチナンバーワンを達成(リクルートジョブズ社調べ)しています。

2020年7月から、フリーペーパーへの掲載頻度によって「Webメイン」「Web・フリーペーパー併用」とプランが分かれました。「Webメイン」のプランは、例えば求人広告をタウンワークに2週間掲載する場合、初めの1週間に発刊するフリーペーパーのみに求人広告を掲載するというもの。
対して、「Web・フリーペーパー併用」のプランは掲載期間2週間のうち、どちらの週に発刊するフリーペーパーにも求人広告を掲載するというものです。
貴社の業種や、求める人物の年齢層を考慮して、適したプランを選択しましょう。

その他、企業・事業所の採用担当者が自ら管理画面にログインし求人広告を制作し人材を募集することができる「タウンワークオンライン」というシステムがあります。

参照: https://townwork.net/twc/jobpost/price/index.html

Indeed求人広告費用

近年盛んにCMを放送している「Indeed」。テレビから聞こえる「♪仕事探しはインディード」というフレーズを覚えている方も多いのではないでしょうか?

Indeed求人広告の場合、無料で掲載することが可能です。ただし、無料だと多くの求人情報に埋もれてしまいがちです。
より高い効果を求めるなら、有料での掲載を視野に入れることをおすすめします。

有料での掲載を検討するにあたり、採用担当者の方にまず知ってほしいのは、Indeedという求人広告の特殊性です。他の転職サイトは「求人広告の掲載枠」を販売しているのに対し、Indeedはリスティング広告と同様にクリック課金型を採用しているということ。その価格はIndeed上のページの訪問者の検索毎にオークションをして決められています。
上限クリック単価は15~1,000円に定めることができます。

無料で掲載が可能なため、これまで大手求人サイトを使ってきた企業さんにとってはコストカットも可能かも知れませんが、運用に際してはある程度の知識を要し、また手間もかかるでしょう。
ただし、IndeedはSEOに強く利用者数も圧倒的な量を誇ります。Indeedに対応した採用管理ツールもありますので、そのようなツールを使いながら活用してみても良いかもしれません。

参照:https://jp.indeed.com/%E6%B1%82%E4%BA%BA%E5%BA%83%E5%91%8A

ハローワーク求人広告費用

1947年、職業安定法により設けられ、かつては職業安定所(職安)と呼ばれた「ハローワーク」。国の職業紹介機関です。
失業手当の受給申請のため、失業した際には誰もが一度は足を運ぶ場所であるということもあり、幅広い年齢層の求職者が知っている求人情報サービスといえるでしょう。
ハローワークへの求人広告の掲載は無料。しかし、事業所の住所を管轄するハローワークに出向き求人申込書を提出、求人票の作成を依頼する必要があります。
作成された求人票はハローワーク内で掲出され、ハローワーク内の求人情報端末でも閲覧できます。さらに、ハローワークインターネットサービスにも情報がアップされるため全国からも閲覧が可能です。
失業時に誰もが足を運ぶ場所ですから、ハローワークの求人広告は多くの求職者の目につきやすいと言えるでしょう。
事業所の住所を管轄するハローワークに出向いて手続きをする手間はありますが、無料ですし、行政だからこその安心感もあります。ひとまず掲載してみても良いでしょう。

参照:https://www.hellowork.mhlw.go.jp/

求人広告の仕組みも色々

求人広告に関して、現在民間企業や国が提供する具体的なサービスをお伝えしました。
実は、求人広告には掲載時に費用を支払う「先行投資型」のものだけではなく、求人企業が求めた成果に対して一定以上の効果が出た場合に報酬の支払いが生じる「成功報酬型」のものがあります。

「先行投資型」の求人広告とは、この記事でこれまでお伝えした、「リクナビ」や「タウンワーク」はそれに当てはまります。Webや紙媒体へ掲載した際に支払いが生じるからです。

「成功報酬型」の場合、初期費用や掲載料が無料になっているプランが多いでしょう。
成果報酬型の採用サービスはいくつかの種類に分けられます。
閲覧者が採用ページをクリックしたとき・応募があったとき・採用が成功したとき、など報酬が生じるタイミングは様々だからです。先ほども紹介した「Indeed」は掲載無料ですが、閲覧者のクリックで課金されるので、クリックに対する成功報酬型の求人広告となります。

このように求人広告にも様々な仕組みがあり、各社様々なサービスを提供しています。
しかし現在、求人広告業界で多く利用されているのは「先行投資型」。ただし先行投資型の場合、極端な話、応募がなくても、採用がなくても費用がかかります。

求人広告費用・仕組みを比較して検討

求人は広告費が高いから、費用をかけたから良い人材が採用できるという効果が出る訳ではありません。
例えば、掲載料が高額な大手求人広告媒体と無料掲載可能でクリック課金タイプの求人広告の2社を同じような条件で利用した場合、クリック課金タイプの求人広告の方が採用者数が多く、費用対効果が高かった、という事例もあります。

無料掲載の求人広告の場合、ある程度運用に対する知識があることや手間をかけることが必要です。
また、無料ではなくとも、大手求人広告と比較して低価格の求人広告を利用した場合、その媒体のブランド力や認知度の面で、果たして採用にまで至る効果が得られるかどうかは疑問です。
もし、求人広告に関して、「費用対効果」を重視したいとお考えの場合は、採用時のみに支払いを行えばよい、成功報酬型の求人広告を視野に入れてみても良いかもしれません。

求人広告費用に費用対効果を求めるなら

求人広告には、媒体によって特性があり、課金形態もパターンがいくつかあることがお分かりいただけたでしょうか。貴社に合うものは見つかりましたか?
しかし、採用できるかどうか分からないものに対し、費用をかけることを敬遠する場合・費用対効果を重視する場合は、効果があったときにだけ支払が生じる成功報酬型の求人広告を検討してみてはいかがでしょうか?
完全成功報酬型だから支払いは応募のあった時のみでよい、それが株式会社京栄コンサルティングが運営する「京栄くん」というサービスです。 採用サイト構築料金 ・採用サイト管理費用・コンテンツページ・トップページ・採用サイト運営費用 ・その他のランニングコストを負担してくれます。

京栄くんについて

応募単価は、ご利用の企業様の業種等により変動。営業担当がヒアリング行ったうえで価格をシミュレーション、最適なプランを提案してくれます。一般的な採用サイトの機能はもちろん、IndeedやGoogleしごと検索にも対応しているも嬉しいポイントです。お問い合わせは下記フォームから可能です。 これまでの採用方法と違った新しい採用手段を探している企業様は、一度相談してみてはいかがでしょうか?

お問合せ