google for jobsってどんなサイト?Googleしごと検索の特徴とメリットを徹底解説します

google for jobs解説
Pocket

「google for jobs」という求人サイトをご存じですか?日本では「Googleしごと検索」と呼ばれることもあります。

このサービスは、世界最大手の検索エンジンであるGoogleが提供している検索エンジン型求人サイトです。類似サービスで認知度が高いのはIndeed(インディード)ですね。

そこで今回は、多くの方に利用されているgoogle for jobsの特徴とメリットについてご紹介していきます。

google for jobsのメリット

採用サイトを使用するメリット

採用サイトを使用するメリットを解説します。

ではまずは、google for jobsのメリットから見ていきましょう。自社で使うかどうか判断するための材料としてチェックしてみてください。

検索上位をとれなくても上の方に表示される

インターネットに求人広告を表示する時に、現在は検索上位という話題が多く出ると思います。これはユーザーが求人を探して検索を行った時に上の方に表示されるかどうかということです。

Googleの場合、よりユーザーに価値を提供しているページを上位に表示させるようにしているのですが、今はどの企業も検索で上位に表示されるように工夫をしているので、新しく立ち上げたサイトが上位に表示されるのは難しいと言われています。しかし、google for jobsの場合は、SEOが全く関係なく検索画面の上部にgoogle for jobsの結果が表示されるので、特にサイトパワーがなくてもユーザーの目に止まりやすいという点が魅力的だと言われています。

新しく求人サイトを作ったばかりだけれども、より早く効果を見出したいという企業におすすめです。

無料で求人広告を掲載できる

google for jobsは利用料が無料となっています。そのため、どの企業でも手軽に始めやすいという点が魅力的でしょう。自社のウェブサイトがないという企業でも、google for jobsに対応している求人媒体を使えば簡単に掲載することができるので、とても便利です。

お金をかけずに求人広告を掲載したいという企業の場合にはおすすめです。

利用者がどんどん増えている

google for jobsは2019年からスタートしたまだ新しいサービスですが、現在は利用者が急増してきています。現在何かを検索する時にGoogleを使う方が多く、Googleで求人の検索を行うと自動的に上位に広告が表示されるので、自然と浸透してきているのだと考えられます。

検索をした時に上の方のページから開くという方は多いので、自然に目に触れやすいという点も魅力の1つと言えるでしょう。

求人の絞り込みがしやすい

google for jobsの特徴としてユーザーからよく挙げられるのは、求人の絞り込みがしやすいという点です。他の求人サイトでも絞り込み検索を行うことはできますが、google for jobsの場合は絞り込みを行った時点ですぐに結果が反映されるので、ノンストレスで自分に合った求人を探すことができるという点が人気と言われています。

また、地域名だけではなく特定の場所から半径〇メートルといった距離指定で求人を探すことができるので、より細かく自分の務めたい企業を探すことができる仕様となっています。google for jobsにはたくさんの求人広告が掲載されていますが、この詳細な絞り込みのおかげでより自社に合った求職者が自社のサイトにたどり着きやすい導線を敷くことができるので、求める人材が応募してきやすい設計になっているということができるでしょう。

企業のレビューが表示されるので魅力を伝えやすい

google for jobsには、Googleに掲載されている企業レビューが求人と一緒に表示される仕様となっています。そのため、企業レビューの数値が高い企業であれば、求職者もより安心して面接に応募しやすい環境となっています。

WEBサイトに掲載されている口コミなども同時に表示されるので、より企業の魅力を第三者の声で求職者に伝えることができるでしょう。

google for jobsのデメリット

採用サイトのデメリット

採用サイトのデメリットを解説します。

google for jobsには、他の無料求人サイトや有料求人サイトと比較して使いづらいと感じる部分もあります。そのため、ここではgoogle for jobsのデメリットについても触れていきます。

求人を直接掲載することはできない

google for jobsの1番のデメリットと言われる点は、直接求人を掲載することができないという点です。

インディードなどの求人サイトであれば、自社で求人を掲載することができますが、google for jobsの場合は求人情報をネット上に公開し、そのページをgoogle for jobsに掲載するという方法をとらなければいけません。そのため、今サイトなどを持っていないけれどもgoogle for jobsに掲載したいという場合は、自社で求人サイトを作るかgoogle for jobsに対応している求人広告サイトに登録する必要があります。

サイト内で応募者の管理ができない

google for jobsでできるのは求人広告を掲載することだけで、応募してきた人を管理することはできません。そのため、応募してきた人の管理は掲載している自社求人サイトや使っているサイト内で行う必要があります。

他の無料サイトでは応募者の管理を行えるところもたくさんあるので、不便に感じる担当者の方もいるようです。

Google以外では表示されない

現在、日本人の76%がGoogleを使っていると言われています。しかし、逆にいえば残りの24%の方はGoogleを使ってないということになります。

google for jobsはGoogle以外の検索エンジンを使った場合には表示されないため、Googleを使うユーザーにしかアプローチすることができません。大半の方がGoogleを使っているから問題ないと思う企業はそれでいいと思いますが、この点が気になる担当者の方は他の求人サイトも併用して使う方がよいでしょう。

有料プランがない

google for jobsは無料で利用できるようになっています。

他の無料求人サイトでは、有料プランを選べば上位に表示できるようになっているところが多いですが、google for jobsの場合そのようなプランは一切用意されていません。google for jobsでは、検索順位はありますがそのロジックは一切公表されておらず、通常のGoogle検索同様価値の高いコンテンツを上位に表示させていると考えられています。

そのため、しっかりとサイトを作り込まなければなかなか上位表示させることは難しく、他の求人に埋もれてしまう可能性もあるので注意が必要です。

より効率よく採用活動を行いたい採用担当者の方は…

採用サイトは京栄くんがおすすめ

少しでも採用コストを抑えたいなら京栄くんをおすすめします!

google for jobsを使えば、SEOなどの順位は一切関係なくGoogle検索画面の上の方に求人広告を表示させることができるので、より多くの求職者の方の目につきやすくなるでしょう。しかし、google for jobsにも多くの求人が存在するので、より自社が求める求職者にピンポイントにアプローチしたいと思うのであれば、採用のプロに依頼することをおすすめします。

京栄くん」を使えば、より効率よい採用活動を行うことができるので、ぜひこの機会に検討してみることをおすすめします。