Googleしごと検索とは|そのメリットや掲載方法について解説

Google仕事検索とは?
Pocket

Googleしごと検索とはGoogleが提供する「求人検索エンジン」です。

利用することで自社のホームページで掲載している求人情報がGoogleの検索結果にも表示されるようになり、より多くの求人者の目に留まるようになります。

掲載方法も非常にカンタンなので手間がかかることもありません。この記事ではそんなGoogleしごと検索のメリットや求人の掲載方法、Indeedとの違いについて解説していきます。

Googleしごと検索とは

Google仕事検索とは

Google仕事検索をしっかり活用することで効率よく採用活動をすすめることができます。

Googleしごと検索とは先ほども述べたようにGoogleが提供する「求人検索エンジン」です。

従来の求人媒体は依頼して掲載を行ってもらう形でしたが、求人検索エンジンではネット上に挙がっている求人情報を自動で掲載していく仕組みとなっています。Googleで求人情報に関するキーワードの検索をかけた際、検索上位に「求人」と青い枠で表示されますが、これがGoogleしごと検索に掲載されている求人です。職種や地域、投稿日などから絞り込みも行うことができ、求職者が自分に合った仕事を探しやすいようになっています。

Googleしごと検索のメリット

Google仕事検索のメリット

Google仕事検索のメリットを理解することで採用活動をコストダウンすることができます。

Googleしごと検索に求人情報を掲載するメリットは主に4つあります。

掲載することでどのようなメリットが得られるのか一つずつ確認していきましょう。

・無料で掲載できる

・検索上位に表示される

・レビューが表示される

・応募者が増加する

無料で掲載できる

Googleしごと検索は無料で掲載できます。

できるだけ費用をかけずに求人募集したい企業におすすめと言えるでしょう。広告枠も導入されていないため、広告費を払っている企業だけが目立つ場所に表示されることもありません。

検索上位に表示される

Googleしごと検索は検索上位に表示されます。

検索結果で上位にいるほどユーザーの目に留まりやすいので規模が大きな企業ほど費用をかけてSEO対策を行っており、SEO対策が十分でない中小企業は太刀打ちできない状況になっています。

必然的に上位表示されるGoogleしごと検索なら平等に求職者に見てもらえるチャンスがあると言えます。

レビューが表示される

各口コミサイトのレビューも求人情報と合わせて表示されます。

従業員からの評判がよく良いレビューが挙がっている場合には多くの応募者が集まるでしょう。レビューが悪い場合には従業員の満足度をどのように高めていくかを考えてください。

例えば福利厚生を充実させたりワークライフバランスを改善したりする取り組みが挙げられます。

応募者が増加する

Googleは2020年時点で日本の全ユーザーの約8割が利用している検索エンジンです。

その中には当然求職者も含まれているためGoogleしごと検索に掲載されていればより多くの求職者の目に留まることになります。見てくれる母数が増えればそれだけ応募者も多くなるでしょう。

Googleしごと検索に求人を掲載する方法

Google仕事検索に求人を掲載するには?

Google仕事検索に求人を掲載する方法をしっかり理解して対策を行いましょう!

「自動で掲載してくれるなら方法も何もないのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、掲載させるにはGoogleしごと検索に対応するカタチにしなければなりません。

Googleしごと検索に求人を掲載する方法は3つあります。

・構造化データのマークアップを行う

・Googleしごと検索対応の求人サイトに掲載する

・Googleしごと検索対応のシステムを導入する

構造化データのマークアップを行う

自社のホームページで公開している求人情報を掲載したい場合には構造化データのマークアップを行う必要があります。構造化データのマークアップとは「Googleしごと検索に対応したデータになっているよ」というデータを伝えることです。ホームページ製作の知識を持った方が社内にいない場合だと行うことが難しい作業となるため制作会社などの専門業者に頼む必要があります。

Googleしごと検索対応の求人サイトに掲載する

Googleしごと検索に対応している求人サイトに掲載することで、同期して掲載が行われます。

求人サイトを何も利用していないという場合はこの機会に導入してみると良いでしょう。Googleしごと検索に対応している求人サイトは以下のようなものがあります。

・バイトル

・フロムエーナビ

・マイナビバイト

・マイナビ転職

・doda

・en転職

・リジョブ

・リクナビ派遣

・エン派遣etc.

Googleしごと検索対応の採用管理システムを導入する

採用管理システムの中にはGoogleしごと検索に対応しているものもあります。

対応している採用管理システムで求人を掲載することで、Googleしごと検索にも求人情報が掲載されます。すでに採用管理システムを導入している場合は対応しているのか確認を、まだ導入していない場合には対応しているものを検討してみてください。

Googleしごと検索に対応している採用管理システムは以下のようなものがあります。

・engage(エンゲージ)

・sonar ATS(ソナー)

・ワガシャde-DOMO

・採用係長

・ハイソル

・HITO-Manager

Googleしごと検索とIndeedの違い

Google仕事検索とIndeedの違い

Google仕事検索とIndeedを使い分けることで更に効果を上げることができます。

Googleしごと検索と同じ求人検索エンジンに「Indeed」があります。

それぞれの違いを把握してどちらがより自社に合っているのか考えてみましょう。

・広告枠がない

・検索上位に目立つように表示される

・求人情報から直接応募できない

・求人情報を手動で掲載できない

・応募者管理機能がない

広告枠がない

Googleしごと検索には広告枠がありません。

広告枠とは広告費を支払うことでより目立つ場所に求人情報を表示させられる枠のことです。

どの企業も平等に掲載できるというメリットでもありますが、必ずしも目立つ場所に求人できないため十分な成果を得られない可能性もあります。

検索上位に目立つように表示される

Googleしごと検索は検索上位に「求人」と書かれた青い枠で表示されます。

そのため検索順位に埋もれることがなく、より多くの求職者の目に留まりやすいです。実際に「東京 プログラマー」と検索をしてみたところ上から3番目に表示されていました。

Indeedが1位,2位を占めていましたが、青い枠内に表示されるためGoogleしごと検索の存在感も非常に大きいものがあります。

求人情報から直接応募できない

Googleしごと検索は掲載されている求人情報から直接応募することができません。

掲載されている求人情報から掲載元に飛んで、そこから応募する必要があります。一方で、aIndeedは掲載されている求人情報から応募できるため手間なく応募することができます。

求人情報を手動で掲載できない

Googleしごと検索は求人情報を手動で掲載することができません。

全てクローラーによって自動で掲載していく形となっています。一方でIndeedは自動掲載だけでなく手動で掲載する機能も搭載済みです。これによって求人サイトを利用していない場合、また自社でホームページを持っていない場合でも求人が行えるようになっています。

応募者管理機能がない

Googleしごと検索は先ほども述べたように直接応募ができないため応募者管理機能が備わっていません。

掲載するだけで応募は企業のホームページもしくは求人サイトで行われます。一方でIndeedにはサイト連携用と直接投稿用の2種類の応募者管理画面が備わっています。

まとめ

Google仕事検索はおすすめです!

Google仕事検索は使いこなすと非常に効果の高い求人検索エンジンです。

Googleしごと検索を利用することでより多くの求職者にアピールすることができます。

また、無料で求人情報を掲載できるため費用がかかることもありません。しかし、構築化データのマークアップを自社で行えない場合は業者への依頼費もしくは求人サイトへの掲載費、採用管理システムの導入費などがかかるためどこに費用をかけることが自社にとって最良の選択なのかよく考えるようにしましょう。

人材不足や採用難に陥っていて一刻も早く働き手が欲しいという企業はぜひ利用を検討してみてください。

効率よく採用活動を行いたいなら「京栄くん」がおすすめ!

Google仕事検索を利用したいけれどそもそも忙しくてそこまで手が回らないという採用担当の方!!

そんな方には「京栄くん」がおすすめです!

京栄くんは完全応募課金型のATSサービスとなっています。

主なサービス内容は

  • 求人検索エンジンへ求人の掲載
  • 専属スタッフによる求人ライティング
  • 初期費用完全無料・応募課金型

となっています。

料金は応募が来た数だけ!無駄な費用もかからないからコストパフォーマンスにも優れています!

詳細はこちらからお問い合わせください!