インターネットで求人募集

Pocket

求人募集方法にもいろいろな種類がありますが、費用を抑えながらなるべく広い範囲で人を集めようと思うと、インターネットでの求人が中心となります。では、インターネットにはどのような求人募集方法があり、その中でもどの方法の費用対効果が高いのでしょうか。インターネットでの求人募集についてまとめて掲載しています。

採用サイトの制作

現在は、どの企業も自社のホームページを持ち、その中に採用関係のページもあるでしょう。よりよい採用活動をするために、自社ホームページとは別に採用サイトを制作する企業が増えています。
採用サイトの制作にかかる費用は無料〜100万円越えまでさまざまです。お金をかければかけるほどデザイン性が高く、コンテンツの量が多いサイトができますが、お金をかけないといいサイトができないというわけではありません。0円から作成できる採用サイトもあります。
自社が欲しいターゲットとなる求職者を見極めて、自社の魅力を的確に伝える採用サイトを作ることが大切です。ただし採用サイトには、制作だけではなく、維持費など運用にも費用がかかってくる点には注意が必要です。

参照)採用サイトの運営にかかる費用

求人サイトへ掲載

マイナビやリクナビをはじめとした求人サイトは、インターネットで求人しようと考えたときにまず思い浮かぶサービスではないでしょうか。
仕事を探している人もまず検索するのがこのような求人サイトです。
求人サイトには掲載されている求人も多いこと、フォーマットが一定であることなどから、なかなか自社の特徴やよさを伝えづらい媒体でもありますが、インターネットを利用した求人募集としては定番の方法になっています。

リスティング広告を活用

「リスティング広告」とは、従来の広告枠を買って表示する広告ではなく、ユーザーの検索記録などに基づいてその人に合った広告を表示する広告です。仕事を探している人が「地域名+職種」のようにキーワードを入れて検索すると、自社の募集がその内容に合致しているときに検索画面に広告が表示されます。
自社のターゲットとなる人に、ピンポイントで広告が出せるので、効果があがりやすい求人募集方法とも言われています。
また、その広告がクリックされてはじめて費用が発生するので、余計なコストがかかりません。
これらの面から言って、リスティング広告は費用対効果の高い求人方法だと言えますが、リスティング広告を運用するためには専門的な知識も必要となります。

インターネットで求人募集したいけど専門知識がない場合

インターネットで費用対効果の高い求人を行うためには、充実した採用サイトを作り、必要に応じて広告などを打つという方法があります。しかし、通常業務で手一杯でなかなかそこまで手が回らないという方も多いのではないでしょうか。
そういう場合は、採用のプロの手を借りてインターネットの求人募集をすすめるのがおすすめです。
ただし気になるのは費用です。たとえよい採用サイトを作ってたくさん広告が打てたとしても、コストがかさんでしまうと費用対効果が落ちてしまいます。

応募まで無料の求人募集方法もある

応募まで費用がかかるのが当然という求人のなかで、応募まで無料で求人募集できるというのは信じられないかもしれませんが、インターネット上ではそのようなサービスもあります。

京栄くんの求人募集サービス

京栄くんは、採用サイトの構築はもちろん、広告の制作や展開まで無料で可能になっています。応募があったときにのみ費用が発生する完全成果報酬制ですので、採用サイトを費用をかけずに作成し、運用することができます。

  • 採用サイトの構築費用
  • トップページの作り込み費用
  • コンテンツページの作り込み費用
  • 独自ドメインの利用料
  • 採用サイトの管理費用
  • スポンサー広告の運用費用
  • リスティング広告の運用費用
  • 求人原稿・求人画像の制作費用

採用のWIN-WINとなるサービス、京栄くん。インターネットを利用した求人募集を考えているが費用が気になる、専門的な知識が無い、無料で採用サイトを作りたい、運用を任せたい、とお考えの会社にとって魅力的な内容となっております。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問合せ