【人材募集成功のポイントはたったの3つ】人材募集とは?種類と選び方も解説!

人材募集の方法と種類、選び方を解説致します!
Pocket

「人材募集がなかなかうまくいかない」「どの媒体で人材募集すれば効果が出るの?」と悩んでいる採用担当者の方も多いのではないでしょうか。

この記事では人材募集成功のお力になれるように、人材募集を成功させるポイントや、人材募集の種類を詳しく紹介していきます。具体的なこの記事の内容をまとめると以下の通りです。

  • 人材募集を成功させるポイント
  • 人材募集の種類一覧
  • 人材募集方法の選び方

最後まで読んで人材募集について理解し、採用活動の参考にしてくださいね。

人材募集を成功させるポイント

まずは結論として人材募集を成功させるポイントを紹介していきます。人材募集で大切なのは、利用媒体と、利用方法です。

  1. 自社の分析
  2. 利用媒体の選定
  3. 正しい運用

これら3つについて詳しく解説していきます。ぜひ自社の人材募集に取り入れて採用活動をより良くしましょう。

人材募集を成功させるポイント1.自社の分析

人材募集を成功させるには、まず自社の分析を行う必要があります。自社の分析で意識することは主に以下の2つです。

  1. 現在どんな人材が欲しいのか
  2. 求人の際に掲載する自社の魅力とは何か

自社の分析で意識することの1つ目は、現在どんな人材が欲しいのか、どんな人材に応募してほしいのかを理解することです。いわゆる「採用ターゲット」を決めましょう。採用ターゲットを固めないまま人材募集を始めてしまうと、本当に必要な人材を取り逃したり、応募者とのミスマッチが生じたり、人材募集の効率が非常に悪くなってしまいます。人材募集活動の初めに採用ターゲットを明確にすることで、最適な求人媒体に魅力的な広告を掲載することができます。採用ターゲットを決めることは人材募集の基本の土台だと思って取り組みましょう。採用ターゲットを絞る上では、具体的に以下の項目を定めながら人物像を固めていきましょう。

  • 年齢層
  • 性別
  • スキル・経験
  • 性格(人柄)
  • 雇用形態

自社の分析で意識することの2つ目は、自社の求人に魅力を感じてもらうために、自社の魅力を洗い出し、整理することです。人材募集を成功させるためには、求職者に「この会社は魅力がある」と感じさせ、応募してもらう必要があります。そのためにも、自社を分析して、自社の魅力を洗い出し、整理しておくことで、求人広告を作成する際に役に立ちます。自社の魅力を探す際に参考になる具体的な項目は以下の通りです。

  • やりがい(ミッション・ビジョン)
  • 仕事内容
  • 風土・雰囲気
  • 福利厚生・給与
  • エリア・立地
  • 専門性の有無

他にも、他の企業にない独自の魅力や特徴があれば、積極的にアピールしていきましょう。

人材募集を成功させるポイント2.適した求人媒体の選定

人材募集を成功させるポイントの2つめは、正しい求人媒体の選定です。基本的には、先ほど解説した採用ターゲットを基にして人材募集の方法を選びますが、他にも、かけられるコストや採用スピード、募集の質なども媒体選定の要素として挙げられます。具体的な選び方や、状況別のオススメ求人媒体などは後ほど詳しく解説しているので、そちらを参考にしてください。

人材募集を成功させるポイント3.魅力的な求人情報の作成

人材募集を成功させるポイントの3つ目は、魅力的な求人情報の作成です。ポイント1で分析した自社の魅力を基に、求職者が魅力的だと感じる求人情報を作成していきましょう。魅力的な求人広告の要素は以下の通りです。

  • 詳細を見たくなる魅力的なタイトル
  • 具体的な職種・職務内容
  • 求めている人物像
  • 会社の強み
  • 待遇・勤務時間

これらの要素をできるだけ具体的に書くことが大切です。求職者が応募したくなる求人情報の特徴として「自分が働いているのがイメージできる」ことが挙げられます。仕事内容や企業の魅力、待遇などはできるだけ具体的に記し、求職者の不安をすべて取り除くことで、魅力的な求人情報となるでしょう。

人材募集を成功させるポイント4.正しく運用

自社の魅力を整理し、正しい媒体に魅力的な求人情報を掲載したら、後は正しく運用し要項に適した人材を採用しましょう。運用の際は数字で計測し、ボトルネックとなっている数値を探して、改善し、また計測して、と繰り返していくことで日に日に人材募集の精度が増し、成功に近づいていきます。

人材募集の方法

まずは人材募集を成功させるポイントを紹介してきました。自社を理解し、正しい媒体に、魅力的な求人を、正しい運用で掲載することが成功のポイントだということは理解できたでしょうか。では、人材募集には具体的にどのような方法があるのでしょうか。ここからは人材募集の種類と、その特徴を紹介していきます。人材募集の種類を羅列すると以下の11通りです。

  1. 求人サイト
  2. 自社採用サイト
  3. 求人検索エンジン
  4. ソーシャルリクルーティング(SNS)
  5. フリーペーパー
  6. 折込チラシ
  7. 学内掲示板
  8. ハローワーク
  9. 人材紹介(有料職業紹介)
  10. イベント・企業説明会
  11. リファラル採用

一つずつ詳しく解説していきます。

人材募集の方法1.求人サイト

求人サイトとは、さまざまな求人情報が掲載されているインターネット上のサイトのことです。求人サイトには2種類あり、雇用形態や業種などにこだわらずさまざまな種類の求人情報を扱っている「総合求人サイト」と、転職専門、バイト専門や、女性専用、医療・福祉専門など、ある特定の分野に特化した求人情報を扱っている「専門求人サイト」があります。求人サイトを利用した人材募集の特徴をまとめると以下の通りです。

  • 地域に関わらず人材募集が可能
  • 多くの人が求人情報を目にする
  • 他社の求人と比較されやすい
  • 掲載費用がかかる

求人サイトで人材募集をすることで、特定の地域に関わらず全国の求職者が閲覧することができます。また、スマホやパソコンの普及を背景に、現在では求人サイトから応募をする求職者が多くなってきており、多くの人に自社の人材募集情報をリーチすることができるのも特徴です。一方で求人数も多く、競合他社の求人情報と比較されやすいデメリットもあります。求人サイトで人材募集をする際には他社に負けないくらい魅力的な求人を作成しなければ、他社の求人に埋もれてしまい、結果が出ないのに掲載費用だけがかかってしまいます。

人材募集の方法2.自社採用サイト

自社採用サイトとは、自社のホームページを作成し、そこに求人情報を載せて人材募集する方法です。自社の採用サイトのメリットは非常に多く、人材募集を行う上で自社サイトの作成は不可欠と言えるでしょう。自社採用サイトを利用した人材募集の特徴をまとめると以下の通りです。

  • 掲載情報・掲載期間に制限がない
  • 求職者に信用をアピールできる
  • 求人検索エンジンと連携して多くの人に見てもらえる
  • コストを抑えられる
  • サイト作成には知識が必要

先ほど紹介した求人サイトなどは掲載する情報に制限がありますが、自社採用サイトの特徴として掲載情報や掲載期間に制限がないことが挙げられます。写真や動画で職場の雰囲気を伝えたり、自社の強みや実績をさまざまなデータで示したり、自社の魅力を気が済むまでアピールできます。また求職者にとっては、企業の細かい情報を知ることができるため、不安の払しょく・信用の獲得につながり、応募後のミスマッチも避けることができます。

また、次で紹介する求人検索エンジンと連携することで多くの人にリーチすることも可能な上、求人サイトのような掲載費用もかかりません。その一方で、サイトの作成にはwebの知識がある程度必要になります。これらのノウハウがない場合は、採用サイト作成のプロに外注しましょう。

人材募集の方法3.求人検索エンジン

求人検索エンジンとは、求人サイトや採用サイトから求人情報を集めて掲載しているサイトのことです。代表的な求人検索エンジンとして、「Indeed」や「Googleしごと検索」などがあります。求人検索エンジンを利用した人材募集の特徴は以下の通りです。

  • クリック課金型だから無料で掲載可能
  • 自社サイトのアクセスアップを見込める
  • 多くの他社求人と比較される

求人検索エンジンの特徴として、クリック課金型のサービスが多いことが挙げられます。掲載費用が無料のため人材募集に導入しやすく、効果に応じて費用を支払うので費用対効果の計算が立ちやすいのも特徴です。また、インターネットで検索した際に上位表示されることが多いため、自社サイトと連携することでアクセスアップにつながります。その半面、求人サイトと同様に求職者は検索して求人を探すので、他社の求人に埋もれてしまう可能性もあります。

人材募集の方法4.ソーシャルリクルーティング(SNS)

近年広がってきた人材募集方法として、SNSを利用したソーシャルリクルーティングがあります。Twitter、Facebook、YouTubeなどのSNSで人材募集専用のアカウントを作成し、求職者に向けて情報を発信する人材募集方法です。スマホの普及により、多くの人がSNSを利用する中で注目を集めています。ソーシャルリクルーティングによる人材募集の特徴は以下の通りです。

  • 若年層の求職者がターゲット
  • 採用コストを抑えられる
  • 求職者とコミュニケーションを取ることも可能
  • 運用が難しい

現代では、20代のほとんどは何らかのSNSを利用していると言われています。SNSから人材募集の情報を発信することで、20代をはじめとする若年層の求職者に訴求することができます。また、ほとんどのSNSは無料でアカウントの作成・運用をすることができるため、採用コストを抑えられることも魅力です。また、求職者とリプライ(返信)やDM(ダイレクトメッセージ)などから直接コミュニケーションを取れるので、求職者側に安心と信用を与えることにもつながります。

一方で、SNSの運用は非常に難しく、最初は誰にも見てもらえないことがほとんどです。フォロワーを集めるのもかなりの時間と手間を要することに加え、炎上で企業のイメージを損なってしまう可能性もあります。運用には時間と手間がかかる人材募集方法です。

人材募集の方法5.フリーペーパー

フリーペーパーとは、駅やコンビニ、大型商業施設など、人混みのある場所で見かける求人情報誌です。求職者は無料で手に入れることができ、さまざまな求人情報が掲載されています。フリーペーパーの特徴は以下の通りです。

  • 比較的高齢の求職者向け
  • 特定の地域に限定される
  • 掲載費用がかかる
  • 情報量が限られる

フリーペーパーは、インターネットが不慣れな高齢層や、特定の地域をターゲットにしたい場合に効果を発揮する人材募集方法です。掲載費用がかかるため、何人採用しても料金が変わらない半面で、結果が出なくても費用がかかってしまいます。また、紙の媒体のため情報量が限られるのがデメリットです。文字数や画像サイズに気を使わなければならず、もちろん動画や音声の掲載はできません。

人材募集の方法6.折込チラシ

新聞の折り込みチラシに人材募集情報を掲載する方法です。折込チラシの特徴は以下の通りです。

  • 特定の地域がターゲット
  • 潜在的な求職者に訴求
  • 他社と比較されることが少ない
  • 新聞を購読していない人が増えている

折込チラシの特徴として、地域ごとにチラシを配布することから特定の地域に限定して求人情報を発信できることが挙げられます。求人を積極的に探していない層も求人を目にするため、潜在的な求職者に訴求できることも特徴です。また、求人サイトやフリーペーパーなどの求人情報が一括して掲載されている媒体とは異なり、他社の求人情報と比較されにくいメリットもあります。デメリットとしては、電子版の新聞などの普及により新聞を購読していない家庭が増えていることが挙げられます。特に若年層の新聞離れが進んでおり、これからも購読しない人が増えることが予想されるため、若年層をターゲットにした人材募集には向かないでしょう。

人材募集の方法7.学内掲示板

専門学校や大学などの就職課に依頼して求人情報を学内の掲示板に掲載してもらう方法です。学内掲示板の特徴は以下の通りです。

  • 専門分野に強い
  • 掲載が基本無料
  • 応募数の予想が立てにくい

学内掲示板で人材募集をするメリットは、専門分野に強いことです。専門的な知識や資格が必要な人材募集の場合、その分野を専門的に学んでいる学生に訴求することが最も効率が良いでしょう。デメリットとしては、学内掲示板の利便性や形態などが学校によって異なるため、応募数などの予測が立てにくいことです。それぞれの学校の就職課の質によって成果が決まってしまいます。

人材募集の方法8.ハローワーク

ハローワークとは、厚生労働省が管轄している「公共職業安定所」のことです。就職困難者を支援するセーフティネットとして位置づけられています。ハローワークを利用した人材募集の特徴は以下の通りです。

  • 掲載料が無料
  • 掲載情報が限られている
  • 掲載期間が3ヶ月
  • 即戦力人材は少ない

ハローワークは厚生労働省管轄なので利用料金がかからない一方で、掲載情報や掲載期間に制限があります。また、就職困難者を支援するセーフティネットという位置づけのため、即戦力人材は期待できないでしょう。

人材募集の方法9.人材紹介(有料職業紹介)

人材紹介とは、人材紹介会社に人材を紹介してもらう採用方法です。「有料職業紹介」「転職エージェント」などとも言い、企業の求人依頼と求職者の要望を基にマッチングしてくれます。人材紹介を利用した人材募集の特徴は以下の通りです。

  • 成果報酬型なのでリスクが低い
  • 採用までが早く、工数も抑えられる
  • 非公開での求人が可能
  • 専門性の高い人材の確保に適する
  • 人材募集の成果が紹介会社に依存する

人材紹介は成果報酬型の料金体系なので初期費用がかからず、成果が出なかったときのリスクが低いのが特徴です。求人によってはすぐに合致する求職者を紹介してくれるため採用までの日数が短く、面接の日程調整などの業務も代行してくれるので工数も少なく済みます。人材紹介の中には「ヘッドハンティング」などのスカウト型の種類もあり、転職市場に出ていない優秀な転職潜在層の獲得も期待できます。ただ、人材募集の成果が紹介会社に完全に依存してしまうので、複数の会社と契約しながら良い会社を見極める必要があります。

人材募集の方法10.イベント・企業説明会

大手求人サイトの運営企業などが主催する企業説明会に出展し、求職者に自社の魅力を伝える人材募集方法です。「転職フェア」や「合同説明会」などとも呼ばれます。企業説明会を利用した人材募集の特徴は以下の通りです。

  • 求職者の意識が高い
  • 対面でコミュニケーションを取れる
  • 準備が必要
  • プレゼン能力で成果が変わる

企業説明会に参加する求職者は本気で求人を探している場合が多く、意識が高いのがメリットです。自社の強みや特徴を対面で伝えるため、文字や画像よりも細かいニュアンスや体験談などがわかり、求職者も安心して応募してくれるため、応募後のミスマッチも少なく済みます。ただ、プレゼン能力によって成果が左右されるため、資料やスライドなどの準備に時間を取られてしまいます。

人材募集の方法11.リファラル採用(社員紹介)

リファラル採用とは、自社の社員や知人などから直接人材を紹介してもらう人材募集方法です。売り手市場が続く中で有効な人材募集方法として近年注目されています。リファラル採用を利用した人材募集の特徴をまとめると以下の通りです。

  • よく知る人物の紹介なので信用できる
  • 採用コストを抑えられる
  • 人間関係の理解が必要
  • 社員と求人情報を共有しておく必要がある

リファラル採用は自社の社員からの紹介なので、社員は求職者のことをよく理解して推薦してくれて、求職者は社員から実際の体験談などを知ることができ、お互いに理解が深まっている中で選考に進むことができる人材募集方法です。ただ、不採用にした場合や、採用後の役職など、人間関係には気を使う必要があります。また、現在自社でどのような人材が欲しいのかを常に社員と共有しなければならないので、社員の協力が不可欠です。

人材募集方法の選び方

ここまで、人材募集の方法を五月雨式に紹介してきました。人材募集はたくさんの方法がありますよね。しかし、たくさんあり過ぎて自社ではどれを利用するべきか、迷ってしまいますよね。ここからは、実際に人材募集する際にどの方法で行うべきか、以下の5つの場面に場合分けして紹介していきます。人材募集を実際に実行する際の参考にしてくださいね。

  1. コスパ重視の場合
  2. スピード重視の場合
  3. 応募の質重視の場合
  4. 募集人数重視の場合
  5. 手間をかけたくない場合

人材募集方法の選び方1.コスパ重視の場合

人材募集にあまり予算をかけられない場合、まずは無料のものから試していくと良いでしょう。無料で運用できる人材募集方法は以下の通りです。

  • 自社採用サイト
  • ソーシャルリクルーティング
  • 学内掲示板
  • ハローワーク
  • リファラル採用

これらが、ほぼ無料で利用できる人材募集方法です。また、予算を抑えたい場合は費用対効果を計算しやすい成果報酬型の人材募集方法もおすすめです。

  • 求人検索エンジン
  • 人材紹介(有料職業紹介)

費用を払う前に大方の予算が計算できるので、リスクなく試用することができます。

人材募集方法の選び方2.スピード重視の場合

急な人員補充が必要になった場合などにはスピードを重視した人材募集が必要になります。スピードが比較的速い人材募集方法は以下の通りです。

  • 求人サイト
  • 求人検索エンジン
  • 人材紹介
  • リファラル採用

特に人材紹介は、人材紹介会社の数あるデータベースの中から求人に合った人材を紹介してくれるため、急な欠員が出た場合にも即戦力として活躍してくれる人材が期待できます。求人サイト、検索エンジンなども「新着」という検索軸があり、魅力的な求人を出すことができればすぐに応募が来るでしょう。

人材募集方法の選び方3.応募の質重視の場合

費用やスピードよりも質の良い応募が欲しい場合は、自社の魅力をしっかりと伝えてミスマッチを減らすことが大切です。情報量を多く掲載できる人材募集方法を選択すると良いでしょう。

  • 自社採用サイト
  • 企業説明会

自社採用サイトは自社の強みやビジョン、福利厚生などの情報を制限なく掲載することができ、求職者とのミスマッチを減らすことができます。また、企業説明会も参加者の意欲が高い上に対面で魅力を伝えることができるため有効でしょう。

人材募集方法の選び方4.募集人数重視の場合

繁忙期などでとにかく人手が欲しいなど、募集人数の多さを重視した人材募集をする場合は、多くの人が目にする媒体で行う必要があります。

  • 求人サイト
  • 求人検索エンジン

主にwebで検索できる媒体を利用することで多くの人の目に止まり、応募数を集めることができるでしょう。また、特定の地域限定で多くの募集が欲しい場合は折込チラシやフリーペーパーの利用も有効です。

人材募集方法の選び方5.手間をかけたくない場合

人材募集にあまり手間をかけたくない場合や、採用ノウハウに自信がない場合などはあらゆる人材募集に関する業務を外注することで解決します。

  • 人材紹介

人材紹介は求人要項を提出するだけで人材を紹介してくれるため、運用などの業務が少なくて済みます。また、求人広告を広告代理店に外注したり、自社の採用サイトの作成を外注することで、工数を削減することも可能です。

ほとんどの場面で有効な人材募集方法「京栄くん」

ここまで、場面別でおすすめの人材募集方法を紹介してきました。自社の求人状況によって、どのような方法で人材募集をしていけばいいか理解できたのではないでしょうか。コスパ・スピード・質・数・手間の5つの場面に分けて紹介してきましたが、これら5つを満たす人材募集方法があります。それが「京栄くん」です。

京栄くんなら、初期費用・運用費用を先行投資して採用サイトを作成してくれる完全成果報酬型なのでコストパフォーマンスが良いです。また、採用のプロに採用サイトの作成を任せられるので効率よく質の良いサイト効果が最大になるように運用してくれます。

コスパ・スピード・応募の質・応募数・手間の5つすべてを満たす人材募集サービス「京栄くん」について詳しく知りたい方は試しに問い合わせてみてください。