応募が殺到する求人募集の書き方|気をつけるべき注意点も

Pocket

「求人募集をかけようと思っているけど書き方が分からない」
「どうすれば応募が来るんだろう」

このような悩みを抱えている担当者も多いのではないでしょうか。

せっかく求人募集をかけるのであれば優秀な人材を採用したいですよね。間違った書き方をしてしまうと自社と応募者でミスマッチが起きたり、応募が来ない可能性もあります。

そこで、この記事では求人募集の書き方と書く際の注意点について解説していきます。これから求人募集をかけようと思っている方はぜひ読んでいってください。

求人募集をかける前に考えるべきこと

求人募集をかける前に考えなければならないことが3点あります。

それぞれをきちんと考えてから求人募集を書くようにしましょう。

  1. ターゲットはどのような人物か
  2. 自社の強みは何か
  3. どう請求すれば希望通りの人材を確保できるか

1. ターゲットはどのような人物か

まずどのような人物が自社に来て欲しいのかを考えましょう。

最低限確認しなければならないのは以下の2点です。

・業務に取り組むにあたって必要なスキル
・どんな性格の人が職場に馴染めるか、また向いているのか

これらの他にも経験豊富な即戦力が欲しいのか、それとも伸びしろのある若い人材が欲しいのかなど求める人物像を明確にしてください。

2. 自社の強みは何か

ターゲットが定まったら次に自社の強みは何かを考えましょう。

例えば「給料が高い」や「休日が多い」、「福利厚生が充実している」などが強みとして挙げられます。同業他社と比べて明確な強みがあれば、それは良い人材を確保するための武器となります。

3. どう請求すれば希望通りの人材を確保できるか

最後にどのように請求すればターゲットとする人物を確保できるのかを考えます。

もし高度なスキルが必要な業務なのであればその分ターゲットは高い給料を求めているはずです。この場合には「給料が高い」という強みを前面に押し出して請求すれば確保できる可能性が高いと言えます。

ターゲットと自社の強みを掛け合わせて考えるようにしましょう。

求人募集の書き方

求人募集をかける前に考えるべきことを終えたら、いよいよ求人募集を書いていきます。

求人募集の書き方は以下の3つのポイントを意識しましょう。

・職種名は簡潔に業務内容が分かるように書く
・業務内容はできるだけ詳しく書く
・応募要件は最小限にとどめる

職種名は簡潔に業務内容が分かるように書く

職種名は簡潔に業務内容が分かることが重要です。

例えば職種名に「営業」とだけ書いていても「ルート営業」なのか、それとも「駆け込み営業」なのかでは大きく業務内容が異なります。応募者が最初に目にする部分なので簡潔に伝わるよう心がけてください。

業務内容はできるだけ詳しく書く

業務内容は応募者にとって一番重要な部分なのでできるだけ詳しく書くようにしましょう。

詳しく書かなければ「入社したら思ってたのと違った…」というミスマッチが起きてしまう可能性もあります。専門用語を多用してしまうと逆に伝わりにくくなってしまうので一般的な表現を使ってください。

応募要件は最小限にとどめる

応募要件は厳しく定めたいところですが、厳しすぎると応募がなくなってしまいます。

持っておいた方が良いスキルを書くのではなく、確実に欲しいスキルだけにとどめるようにしましょう。

求人募集を書く際の注意点

求人募集を書く際に気をつけるべき注意点として以下の4つがあります。

・写真は職場の雰囲気が伝わるものにする
・具体的な表現で書くようにする
・職業安定法を確認する
・男女雇用機会均等法を確認する

写真は職場の雰囲気が伝わるものにする

職場の雰囲気は言葉では中々伝わりにくいものです。

アピールしたいことが伝わるような写真を使うようにしましょう。アットホームな雰囲気が売りであれば社員同士が仲良くしている写真を、綺麗なオフィスが売りであればオフィスの写真を載せるようにしてください。

具体的な表現で書くようにする

抽象的な表現ではなくより具体的な表現で書くようにしてください。

例えば「頑張りはきちんと評価する」ではなく「入社1年目で年収が600万円を超えた社員も」というような表現にすることで応募者もイメージがしやすくなります。

数字で表現することを意識すると具体性が増して伝わりやすくなるでしょう。

職業安定法を確認する

2018年1月1日に施行された職業安定法の改定によって求人募集する際には最低限明示しなければならない項目が定められています。これらの項目を表記しなければ法律違反となるため注意が必要です。

・業務内容 ・契約期間
・試用期間 ・就業場所
・就業時間 ・休憩時間
・休日   ・時間外労働
・賃金   ・加入保険
・募集者の氏名又は名称

男女雇用機会均等法を確認する

労働者の募集に関して性別を理由とする差別を禁止するために男女雇用機会均等法という法律が定めれています。

以下のような行為は性別を理由とする差別に該当するため注意が必要です。

・募集/採用の対象から男女のいずれかを排除すること
・募集/採用の条件を男女で異なるものとすること
・採用選考において、能力・資質の有無等を判断する方法や基準について男女で異なる取扱いをすること
・募集/採用に当たって男女のいずれかを優先すること
・求人の内容の説明等情報の提供について、男女で異なる取扱いをすること

まとめ

求人募集はただ行えば応募が来るというものではありません。

どのようにすれば希望する人材が応募してくれるのか考えなければ、思うような成果は得られないでしょう。また職業安定法や男女雇用機会均等法のように求人募集の際には法律も関わってくるので十分に注意が必要です。