求人広告とは?採用を加速させるたった3つのポイント

求人広告とは?ポイントを解説致します。
Pocket

「自社の求人をもっとたくさんの人に知ってほしい」「求人広告ってどれを使えばいいの?」など、求人広告に関する悩みを持つ採用担当者の方も多いのではないでしょうか。求人広告は種類も豊富で、最適な求人広告を出すためにはどうすれはいいのか悩むところですよね。

そこで今回は、求人広告についての基本的な情報から、実際に成功に導くためのポイントなどを徹底的に解説していきます。具体的な内容は以下の通りです。

  • 求人広告とは?広告媒体を種類ごとに詳しく解説
  • 求人広告を成功させる3つのポイント

求人広告は求職者に自社を知ってもらう数少ない手段です。いい人材を獲得するためには求人広告は欠かせません。この記事を読んで求人広告についての悩みを解消し、自社の採用活動を加速させましょう。

Contents
  1. 求人広告とは
  2. 求人広告媒体の種類1.web媒体
  3. 求人広告媒体の種類2.紙媒体
  4. 求人広告媒体の種類3.人媒体
  5. その他の求人広告.ハローワーク
  6. 求人広告を成功させる3つのポイント
  7. 求人広告を成功させるには、外注もおすすめ!

求人広告とは

求人広告とは、企業の求人情報が掲載されている広告のことです。

求人広告にはさまざまな媒体があり、それぞれ特徴やメリットが異なります。求人広告を運用する際には、これらの違いや特徴を把握し、効率的に運用することが大切です。まずは求人広告媒体の種類について紹介していきます。

  1. web媒体
  2. 紙媒体
  3. 人媒体

求人広告は大きく分けると以上の3種類です。それぞれについての特徴やメリットなど詳しく紹介していきます。

求人広告媒体の種類1.web媒体

web媒体の求人広告とはその名の通り、web上に求人広告を掲載する方式のことを指します。web媒体による求人広告の特徴をまとめると以下の通りです。

  • 若年層にユーザーが多い
  • 多くの人にリーチが可能
  • たくさんの情報を掲載できる
  • 他の求人広告に埋もれてしまう可能性がある

近年ではパソコンやスマホの普及によりweb媒体の求人広告が増えていて、紙媒体に比べると若年層にユーザーが多いのが特徴です。

web媒体に求人広告を掲載するメリットとしては、多くの人にリーチできることが挙げられます。紙媒体や人媒体だとエリアや閲覧者が限られてしまうのに対し、web媒体であれば全国のさまざまな人に届けることができます。また、紙媒体に比べると掲載できる情報量も多く、文字や写真だけでなく動画を載せることもできるため、自社の魅力が伝わりやすいメリットもあります。

デメリットとしては、他の多くの求人広告に埋もれてしまう可能性があることです。求人広告を作成する際は他者の求人と常に比較されることを意識しましょう。

では、具体的なweb媒体の種類について、もう少し詳しく解説していきます。web媒体の求人広告には主に以下の4つがあります。

  1. 求人サイト
  2. 自社サイト
  3. 求人検索エンジン
  4. SNS(ソーシャルリクルーティング)

web媒体の求人広告1.求人サイト

求人サイトとは、web上でさまざまな求人情報が掲載されているサイトのことです。求人サイトの中でも、地域や業種、職種などを限定せずにさまざまな求人城男法を扱っている求人サイトが「総合求人サイト」と言い、転職やバイト募集、派遣などから、女性専門求人サイトなど、その分野専門の求人情報を取り扱う求人サイトを「専門求人サイト」と言います。求人サイトの特徴をまとめると以下の通りです。

  • 全国の求職者に求人を広告できる
  • 求職者は多くの求人広告を1度に比較できる
  • 豊富な検索軸で採用要件にマッチした応募が集まりやすい
  • 求人サイトによって特徴がある
  • 掲載費用がかかる

他の媒体との大きな違いとして、エリアを選ばず全国の求職者に求人広告を訴求することができることが大きな特徴です。求職者目線でも、他の媒体に比べて求人数が多く、全国にあるさまざまな業界、業種の求人情報を1度に見ることができます。また、求職者はサイト内の検索機能で検索して応募するため、採用要件を満たした求職者が集まりやすいこともメリットです。

近年、求人サイトは増えてきており、それぞれの求人サイトによって特徴が異なります。自社の採用ターゲットによって、さまざまな求人サイトを使い分けるといいでしょう。

web媒体の求人広告2.自社サイト

自社のホームページに求人情報を広告する方法です。自社サイトによる求人広告の特徴をまとめると以下の通りです。

  • 求職者に信用をアピール
  • コストを抑えられる
  • 掲載情報・掲載期間に制限がない
  • 求人検索エンジンとの連携で多くの人に閲覧してもらえる
  • 作成には知識やノウハウが必要

求職者にとって、企業の自社採用サイトの有無はそのまま信用の有無につながります。求職者が気になった企業を検索したとき、採用サイトがないとそれだけで不安を抱かせ、応募を取りやめることもあります。一方で採用サイトがあると、企業の魅力や雰囲気が存分に伝わり、信用につなげることができます。求人広告において、自社サイトを作ることは不可欠と言えるでしょう。

その他の自社サイトのメリットとして、求人サイトは掲載すると費用がかかるのに対して、自社サイトは求人広告を無料で掲載できます。また、求人サイトに比べて情報を豊富に掲載でき、自社の魅力や会社の雰囲気など細かい事までサイトから伝えることができるので、応募後のミスマッチが比較的起こりにくいことが特徴です。次で紹介する求人検索エンジンと連携することで、多くの求職者にリーチすることも可能になります。

その一方でホームページの作成が必要になるため、ウェブの知識やノウハウが必要になります。これらの知識がない場合は、自社採用サイトのプロに外注するといいでしょう。

web媒体の求人広告3.求人検索エンジン

求人検索エンジンとは、採用ページや求人サイトから求人情報を集めて掲載しているサイトです。代表的なものとしてIndeedGoogleしごと検索などがあります。求人検索エンジンの特徴は以下の通りです。

  • 無料で掲載が可能なクリック課金型
  • 求職者は多くの求人広告を1度に比較できる
  • 採用要件にマッチした応募が集まりやすい
  • アクセスアップを見込める

無料で求人広告を掲載でき、求人をクリックした数に応じて費用が発生するクリック型課金なので、成果に合ったコストをかけることができます。求人サイトと同様に、求職者は条件を絞って検索し、一度に比較できるので、求職者にとって使いやすく、企業にとっては要件にマッチした募集が集まりやすいのも特徴です。

また、インターネットで検索した際にはサイトが上位表示されることが多く、たくさんのアクセスを見込むことができるのも魅力です。自社サイトと連携してアクセスupを図るといいでしょう。

web媒体の求人広告4.SNS(ソーシャルリクルーティング)

近年注目されている採用方法として、SNSを利用するソーシャルリクルーティングがあります。TwitterやFacebook、YouTubeなどのSNS上での採用専用アカウントを作成し、SNS上の求職者に向けて求人広告を配信します。ソーシャルリクルーティングの特徴は以下の通りです。

  • 若年層にリーチ
  • 採用コストを抑えられる
  • 求職者と密にコミュニケーションを取れる
  • 運用が大変

スマホが普及した現代ではSNSを利用する人が多く、特に20代のほぼ全員が何らかのSNSを利用していると言われています。メリットとしては求人サイトや自社サイトに比べて求職者と密にコミュニケーションをとることができ、ミスマッチを防げることが挙げられます。

また、アカウント作成・運用の多くは無料で取り入れるのも比較的容易な半面、デメリットとして多くの人に届けたり、フォロワーを増やすしたりするには時間と労力がかかるのがデメリットです。定期的に投稿しなければならず、万が一アカウントが炎上してしまった場合には企業全体のイメージダウンにもつながってしまいます。

求人広告媒体の種類2.紙媒体

紙媒体の求人広告とはその名の通り、紙面に求人広告を掲載することです。紙媒体の求人広告の特徴をまとめると以下の通りです。

  • 地域の求職者に訴求できる
  • 潜在的な求職者にも訴求できる
  • 掲載原稿の変更・編集が手軽にできない
  • 掲載情報・掲載期間が限られる

紙媒体の求人広告の代表的なものとして、駅やコンビニなとに設置されているフリーペーパーや、新聞の折り込みチラシなどがあり、その地域の求職者に訴求できることが特徴です。メリットとしては、求職者から積極的に検索して求人を探すweb媒体とは異なり、偶然に求職者の目に止まる可能性があり、潜在客に訴えることができます。

デメリットは、掲載した原稿を気軽に編集できないことや、掲載情報・掲載期間が限られてしまうことが挙げられます。地域に密着した募集をしたい企業にオススメの求人広告媒体です。

具体的な紙媒体の求人広告は以下の通りです。それぞれについて詳しく解説していきます。

  1. フリーペーパー
  2. 折込チラシ
  3. 学内掲示板

紙媒体の求人広告1.フリーペーパー

紙媒体の求人広告として代表的なものの1つがフリーペーパーです。駅やコンビニ、大型商業施設などに設置されていて、利用者は無料で求人広告を閲覧できます。フリーペーパーの特徴は以下の通りです。

  • インターネットに不慣れな高齢層に効果発揮
  • 特定の地域がターゲットに
  • 掲載料がかかる
  • 情報量が限られる

フリーペーパーは、インターネットに不慣れな高齢層や、特定の地域をターゲットにしたい場合に効果が期待できるのが特徴です。料金は掲載課金なので、どれだけ採用してもコストが変わらない半面、1人も採用できない場合には掲載料だけが消えてしまうことになります。また、デメリットとして、情報量が限られることがあります。webサイトのように動画を掲載することはできず、文字や画像のスペースを増やすと掲載料がさらにかかるため、費用と情報量のバランスを取らなくてはなりません。

紙媒体の求人広告2.折込チラシ

新聞の折込チラシに求人広告を掲載する方法があります。折込チラシの特徴は以下の通りです。

  • 特定の地域がターゲットに
  • 潜在的な求職者に訴求できる
  • 他社と比較されることが少ない

折込チラシのメリットとしては地域ごとにチラシを配布できるので、地域を限定して求人広告を出せることです。求人を積極的に探している顕在的な求職者と言うよりも、たまたま広告を見て興味が湧いた潜在的な求職者をターゲットにできることもメリットの1つでしょう。また、webでの求人広告や、フリーペーパーへの掲載と異なり、他社の求人広告と直接比較されることがないことが特徴です。

紙媒体の求人広告3.学内掲示板

専門学校や大学などの就職課に掲載を依頼し、学内の掲示板に求人広告を掲載する方法です。学内掲示板に求人広告を掲載する特徴をまとめると以下の通りです。

  • 学校ごとにターゲットを絞りやすい
  • 専門分野に強い
  • 応募数が読めない
  • 学校ごとに掲載方法が異なり手間がかかる。

学内掲示板に求人広告を掲載するメリットは、学校の種類によってターゲットを絞りやすいことです。専門的な知識や資格などが必要な求人を出す際に、その分野を専門的に学んでいる学生に向けることで、効率よく求人広告を出すことができます。

デメリットとしては、学内掲示板の見やすさなどが各学校によって異なるため、応募数を予測するのが難しいことです。加えて、学校ごとに求人票のフォーマットなどが異なり、複数の学校に求人広告を出す場合には手間がかかってしまいます。

求人広告媒体の種類3.人媒体

人媒体とは、人を介して求人を広告する方法です。人媒体の求人広告の特徴をまとめると以下の通りです。

  • 対面のコミュニケーションで魅力を伝えられる
  • 求職者は顔が見えて安心できる

特徴として、採用前に対面でのコミュニケ―ションを取ることができるため、自社の細かい魅力や、社員の雰囲気など、web媒体や紙媒体では伝えられない魅力を伝えることができます。双方の解釈の差も対話で埋めることができ、応募後のミスマッチが少ないことも特徴です。また、求職者側にもメリットがあり、実際に社員の顔が見えたり、直接質問したりできるため、不安を払拭できます。

人媒体の採用方法として主なものは以下の3つです。それぞれについて詳しく解説していきます。

  1. 人材紹介
  2. 企業説明会
  3. リファラル採用

人媒体の求人広告1.人材紹介

人材紹介サービスとは、エージェントに人材を紹介してもらう採用方法です。企業の求人依頼から要望に合った人材を紹介する「有料職業紹介所」のことを言います。人材紹介の特徴は以下の通りです。

  • 成果報酬型でリスクが低い
  • 採用までの日数・工数を抑えられる
  • 非公開で求人が可能
  • 専門性の高い人材の確保に適する

人材紹介は成果報酬型の料金体系であるため、初期費用をかけずに始めることができます。求人票を作成次第応募者の推薦が可能で、面接の日程調整や合否連絡などの業務も代行してくれるので、急な欠員が出た場合にも迅速かつ手軽に補填できるのが特徴です。また、エージェントが欲しい能力や経験を持った人材を紹介してくれるため、専門性の高い人材を確保できることもメリットです。

人媒体の求人広告2.企業説明会

大手求人サイトの運営企業などが開催する企業説明会でブースをセッティングし、自社の魅力を伝えます。転職フェアや合同説明会などが挙げられます。企業説明会の具体的な特徴は以下の通りです。

  • 求職者の意欲が高い
  • 対面で魅力を伝えられる
  • 顔が見えるので求職者も安心
  • 準備が必要
  • プレゼン能力が鍵になる

企業説明会には、本気で職を探している求職者が多く参加していることがメリットです。自社の魅力を対面で伝えることができるため応募率が高く、応募者とのミスマッチも少ない求人方法です。一方で、企業説明の資料やプレゼンの練習、ブースの設置などの準備には時間がかかってしまいます。また、プレゼン能力によって応募数が左右されるため、ある程度の練習が必要です。求職者側は、実際に社員と対面で話すことができることが企業説明会のメリットなので、社員1人1人の体験談などを用意しておくといいでしょう。

人媒体の求人広告3.リファラル採用

リファラル採用とは、自社の社員や知人などから直接人材を紹介してもらう採用方法です。リファラル採用の特徴は以下の通りです。

  • よく知る人物から人材を紹介してもらえる
  • 採用コストが抑えられる
  • 人間関係に配慮が必要になることも
  • 社員の理解が必要

メリットとしては、よく知る人物から人材を紹介してもらえるため、お互いのことを理解しており、ミスマッチが少なく済むことです。また、求職者の細かい能力を把握することができるため、専門的な能力が必要な場合や、管理職などの能力の高い人材を獲得する場合に適した採用方法です。掲載料や、成果報酬などを外部に支払うこともないため、採用コストを抑えることもできます。

一方で、不採用にした場合の気まずさであったり、採用後に知人同士でがグループになってほかの社員との連携が悪化したり、人間関係への配慮が必要になることもあります。また、現在の自社が求めているスキルや能力を社員に逐一把握してもらう必要があるため、何かと社員の協力がカギになる採用方法です。

その他の求人広告.ハローワーク

ハローワークとは、厚生労働省管轄の「公共職業安定所」で、就職困難者を支援するセーフティネットとしての役割を担っています。ハローワークの特徴は以下の通りです。

  • 利用料が無料
  • 掲載できる求人情報が限られる
  • 掲載期間が3カ月
  • 就職に悩んでいる求職者が利用するため即戦力人材は少ない

ハローワークは施設なので、利用料はすべて無料になる一方で制約が多いのが特徴です。掲載できる求人情報が限られ、写真やイラストを掲載できず、掲載期間も限られてしまいます。ハローワークはその他の求人方法と合わせて利用する企業がほとんどです。

求人広告を成功させる3つのポイント

求人広告の種類について解説してきました。求人広告子の種類について理解が深まったでしょうか。では、実際に求人広告を成功させるにはどうすればいいのでしょうか。今回は求人広告を成功させる3つのポイントを紹介していきます。3つのポイントは以下の通りです。

  1. 採用ターゲットを固める
  2. 求人広告を選ぶ
  3. 魅力的な求人広告を作成する

これらを具体的に紹介していきます。求人広告を成功させるためにぜひ参考にしてくださいね。

求人広告を成功させるポイント1.採用ターゲットを固める

まずは採用ターゲットを固めていきます。当たり前のようですが、この採用ターゲットを固めないまま採用活動を行っている企業も多くあるので注意が必要です。採用ターゲットを固めないと、効果が薄い求人媒体に掲載してしまったり、応募者の質が低下したり、妥協して採用する羽目になってしまったりと、デメリットが多くあります。採用ターゲットを固め、どんな人材を採用したいか明確にすることで、正しい求人媒体に広告を出し、質の良い応募の中から、条件にマッチした人材を獲得できるでしょう。

採用ターゲットを絞る上では具体的に以下のような項目があります。

  • 年齢層
  • 性別
  • 即戦力か(経験やスキル・資格の有無)
  • 人柄

これらの項目について、ターゲットを明確にすればするほど採用の成功に近づいていきます。

求人広告を成功させるポイント2.求人広告を選ぶ

採用ターゲットが明確になったら、続いて求人広告媒体を選びます。先ほど、いくつかの求人広告媒体を紹介しましたが、これらの求人広告をどのように選べば良いのか、気になるところですよね。ここでは求人広告選びのポイントを解説していきます。状況別におすすめの求人広告媒体も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

求人広告選びのポイントは主に以下の4点です。

  1. どのような人材を採用したいか(採用ターゲット)
  2. 業種・雇用形態はどうか
  3. 費用はどのくらいかけられるか
  4. 採用にどれくらいの時間をかけられるか

求人広告選びのポイント1.どのような人材を採用したいか(採用ターゲット)

最初に固めた採用ターゲットを参考にしながら求人広告を選ぶのが最も重要です。例えば、若い人にリーチしたいのであればweb媒体の求人広告を、地域の高齢層にリーチしたいのであれば紙媒体の求人広告を中心に選ぶなどのように、採用したい人物像にできるだけ求人を知ってもらえるように広告媒体を選ぶのがポイントです。

例として、能力や経験が豊富な即戦力人材が欲しいのであれば、「人材紹介やリファラル採用などの人媒体を中心に行い、信頼のある人材を採用する。」熱意のある人材が欲しいのであれば、「自社サイトや企業説明会など、自社の魅力を存分に伝えることができる媒体で、自社の志向に共感してくれる人材を採用する。」などの戦略を練ることができます。

求人広告選びのポイント2.業種・雇用形態などはどうか

雇用形態も、求人広告を絞るポイントです。特に、求人サイトでは、「アルバイト募集専門求人サイト」や「派遣専門求人サイト」など、それ専門の求人サイトが多数あります。また、専門でないにしても、「中途採用に強い」「女性採用に強い」「営業職に強い」など、それぞれの求人サイトに強みや特色があります。近年では「美容業界専門」「医療・看護専門」などの業界特化型の求人媒体も増えてきており、自社の求人要項と、求人媒体ごとの特徴を理解して選ぶといいでしょう。

求人広告選びのポイント3.費用はどのくらいかけられるか

求人採用にかけられる費用も考える必要があります。あまり費用をかけられない場合は、ハローワークやSNSなど無料の媒体や、成果報酬型で費用対効果がわかりやすく予算が立てやすい人材紹介、求人検索エンジンなどの媒体を利用するといいでしょう。また、費用を抑えながら採用活動を成功させるポイントとしては、採用のプロに求人広告を外注してしまう方法もあります。効率のいい運用で最大限の効果を発揮してくれるので、コストパフォーマンスを高めたい場合には外注化もおすすめですよ。

求人広告選びのポイント4.採用にどれくらいの時間をかけられるか

採用までにどれくらいの時間をかけられるかも重要な要素です。急な欠員補充なのに、自社サイトを1から作っていては時間がかかってしまいますよね。急な欠員を補充する場合には、すぐに結果が出やすい人材紹介や求人サイトなどを利用しましょう。逆に時間がたっぷりある場合には、応募者の質を高めるために自社サイトを作成して自社のことを詳しく知ってもらったり、説明会などの対面で応募者の不安を払拭しつつ理解を深めてもらうなどの選択肢があります。

求人広告を成功させるポイント3.魅力的な求人広告を作成する

求人広告を載せる媒体が決定したら、魅力的な求人広告で応募を集めましょう。魅力的な求人広告を作成するに大切なことは、「自社をよく知る」ことです。まずは自社をよく分析し、自社の魅力をできるだけ多く洗い出してみるといいでしょう。

その上で、求人広告に記載したい項目を紹介していきます。詳しく解説していくので、参考にして求人広告の作成に役立ててください。

  1. 魅力的なタイトル
  2. 職種・職務内容
  3. 求めている人物像
  4. 会社の強み
  5. 待遇・制度・勤務時間

魅力的な求人広告を作成するポイント1.魅力的なタイトル

求人広告作成の際には中身を重視してしまいがちですが、最も大切な要素はタイトルです。求人広告のタイトルが魅力的だと、求職者はつい目が行ったり、クリックしたりとアクションを起こしてくれます。逆に、タイトルがありきたりになってしまうと、中身がどれほど優秀でも閲覧してくれる人が減ってしまい、魅力が伝わりません。タイトルにできるだけ力を注ぎ、閲覧者の目に少しでも止まるように工夫して作成しましょう。

魅力的な求人広告を作成するポイント2.職種・職務内容

魅力的な求人広告を作成するには、求職者が「働いているイメージをしやすい」ことが大切です。求人広告に職種や職務内容を記載する際にはできるだけ具体的に内容を記載し、閲覧者に働いているイメージさせましょう。

例えば、「工場のラインの仕事」と記載するよりも「工場のラインで、流れてくる荷物を番号ごとに仕分ける仕事です。」の方が働くイメージがつきますし、「クーラーが効いた工場内で、流れてくる荷物を番号ごとに仕分ける仕事です。軽い荷物ばかりで、女性が多く活躍しています。」の方がさらにイメージがつきますよね。

ポイントとしては、「どんな職場で」「どんな仕事を」「どのくらいの難度で」「誰とするのか」を書くと想像がしやすくなります。利用する求人広告媒体によっては記載する枠が限られてしまいますが、その中でもできるだけ具体的に、働くイメージがつきやすいように職務内容を記載すると、魅力的な求人広告にになっていきます。

魅力的な求人広告を作成するポイント3.求めている人物像

求めている人物像を具体的に記載することで、該当者は安心して応募できるとともに、応募者とのミスマッチを減らすことができます。例えば、応募数が欲しいあまりに「誰でもOK、高収入」と抽象的に書いてしまうと、たしかに応募数は増えるかもしれませんが、応募の質が悪く、採用後のミスマッチなども生まれてしまいます。記載する人物像は、採用ターゲットを固めた際の「年齢層」「性別」「スキル・経験」「人柄」などを記載すれば十分ですので、明確に記載しましょう。

魅力的な求人広告を作成するポイント4.自社の強み・ビジョン

求人広告を出すなら、熱意を持った求職者に応募してほしいですよね。そこで大切なのが会社の強みやビジョンを明確に伝えることです。これらを伝えることができると、求職者は会社のビジョンを把握し、興味を持っている状態で応募してくれます。また、待遇や福利厚生に自信がない企業は、ビジョンやミッションなどの要素を軸にアピールをするといいでしょう。やりがいを求めて転職や就職をする優秀な人材をターゲットにできるでしょう。

魅力的な求人広告を作成するポイント5.待遇・制度・休日・勤務時間

求職者が最も気になる要素が、待遇や休日です。「入社したら話と違った」といったトラブルを避けるためにも、待遇・制度・休日・勤務時間は明記しましょう。また、働きやすさを自社の強みとしている場合はこれらの福利厚生を具体的に記載し、実際の社員の働き方なども載せると、閲覧者は入社後のイメージがつきやすくなるでしょう

求人広告を成功させるには、外注もおすすめ!

ここまで求人広告について、基礎知識から具体的な種類、実際に成功させるポイントなどを詳しく解説してきました。求人広告はターゲットを明確にし、正しい採用媒体で、魅力的な求人広告を出すことが大切だと理解できたと思います。

ですが、「自社のノウハウではできるか心配」「そもそも求人広告に人手が回らない」など、求人への悩みが尽きない企業も多いのではないでしょうか。そんなときは思い切って外注してしまうのがおすすめです。

採用サイトを無料で構築してくれるサービス「京栄くん」なら、初期費用が完全無料で求人募集に関するあらゆる業務を代行、効率良く応募者を集めてくれます。

手間なく、安く、効率よく求人募集をしたいなら、この機会に「京栄くん」に問い合わせてみてはいかがでしょうか。