採用マーケティングとは

Pocket

採用マーケティングとは

採用マーケティングとは、採用活動にマーケティングの考え方や手法を取り入れることです。マーケティングとは企業などの組織が顧客が求める商品やサービスをつくり、その情報やサービスを最善の方法で顧客届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにするための行動や概念です。
従来は顧客に対して行われているマーケティングですが、採用でも求職者に対しても同様にマーケティングのように、求職者をターゲットとし、マーケティングを意識した人材採用が行われるようになってきています。

採用マーケティングの基本的な手法

1、求職者の変化に合わせる

求職者は変化しています。年齢層にもよりますが、企業選びにSNSを利用している層も増えてきています。就職情報サイトだけでなく企業サイトの閲覧し自ら情報を探しに行くという層が増えてきています。志望企業について調べる上で有益だった情報源を尋ねたリサーチの結果、最も多いのは「個別企業のホームページ」で、6 割近くが選んだという結果も出ています。

参考数値)株式会社ディスコ キャリタスリサーチ:2021 年卒 採用ホームページに関する調査

このような求職者が変化に、採用側も合わせて変化するのが採用マーケティングでは必要となります。求職者が企業別のホームページで情報を探している中では、自社サイトの用意し求職者のニーズに答えるという手法が必要となります。

2、求める人物像の明確化

マーケティングではペルソナという考え方があります。どういう層に商品を届けるか明確化するマーケティング手法です。大手サイトは、自社サイトにも求める人物像を掲載するところも増えてきています。
採用の場合はどういった層を採用したいかペルソナを明確化することで、より欲しい人材、求めている人材に情報を届けられ採用に繋がることとなります。

採用マーケティングに欠かせない採用サイト

採用マーケティングを有効的に進めるため、まず自社の採用サイトは用意しておきたいところです。採用サイトは無料から作れるサイトもありますが、基本的にはお金がかかり、安く採用サイトを制作したい場合は人手も必要となります。

またサイト作成だけではなく、運用にも費用が掛かる認識も必要な事は、忘れてはなりません。古い情報をのせたままのサイトは、敬遠されてしまうリスクもあがります。

自社の採用マーケティングを実現するため、オリジナリティのある採用サイトが増えてきている印象です。より欲しい人材に向けた最適な情報を提供しようと、採用がマーケティングに近くなってきており、この傾向は今後も続くと考えられます。

採用マーケティングを進められる人材が居ればよいですが、進め方が難しいの実際の所ではないでしょうか。外部に任せようにも、費用が気になりますね。その様な場合は、採用マーケティングの知識を生かしたうえで、採用サイト制作まで行う京栄君というサービスもあります。求職者にとって「欲しい」情報に特化したコンテンツを用意し、PCからもスマホからも見やすく、美しいサイトを制作します。

採用マーケティングを踏まえた「採用サイト」を無料で構築し料金が発生するのは「応募時」のみの応募課金型となっています。応募時のみの完全成果報酬型だから、リスクなく導入が可能です。応募単価の設定は企業ごとに行いますが、業界相場の応募単価より確実に下げることができています。京栄くんについてのサービス説明で詳細をご確認いただけます。サイト上では伝わりきらない点もあるかもしれません。ご興味を持って頂きましたら、疑問点などお気軽にお送りください。

お問合せ