【中小企業の採用】苦戦しないための悩み解決法

Pocket

「いい人材を採用したい」新しく人を募集するときには、どの企業もそう考えるでしょう。
しかし、誰もが知っている大企業に比べて、中小企業は人材の採用で苦戦するという悩みが多くなりがちです。
社員ひとりひとりの能力がそのまま業績に反映される中小企業だからこそ、「いい人材を採用したい」という思いは強いでしょう。ここでは、人材の採用で苦戦しがちな中小企業が成功するにはどうすればいいのかについて考えていきます。

が採用で苦戦する4つの理由

中小企業が採用で苦戦する理由はなぜでしょうか。

1、知名度が低い

まず、大企業に比べると圧倒的に知名度が低いことがあげられます。
特に、社会人経験のない新卒の学生には、毎日の生活で目にしたり、テレビのコマーシャルで流れるような会社しか認知されていません。
就職活動をする際にインターネットで検索しても、検索結果に表示されるのは大企業からということが多いでしょう。

2、待遇や福利厚生

また、給与や各種手当といった待遇や、休暇制度などの福利厚生においても、社員数の多い大企業のほうに優位性があると言えます。
たとえ中小企業が就職活動や転職活動をしている人の目に止まったとしても、待遇や福利厚生を比べられると大企業に比べて不利になってしまうのです。

これまでにあげた理由は求職者の意識に関するものですが、採用する企業のほうにも中小企業ならではの問題点があります。

3、採用にコストをかけられない

そのひとつは、大企業に比べると資金力に限りがあることです。
余裕がないので、直接売り上げに結びつく本業ではない採用にはなかなかコストがかけられないのが現実です。

4、採用ノウハウがない

また、大企業ならば採用に関しても専門の部署があったり担当者がいたりします。大きな予算を使って、外部の採用コンサルタントなどとも契約して採用活動を行いますが、中小企業にはそのような余裕はありません。
総務などの社員が採用も兼務して行うことが多く、採用ノウハウを持たないまま本来の業務の片手間にやることになりがちです。

中小企業が採用に苦戦しないための4つのコツ

では、中小企業が採用に苦戦しないためにはどうすればいいのでしょうか。
確かにこれまで見てきたように、中小企業は大企業に比べると採用活動において不利な立場にあります。
ただ、現実問題として、仕事を探している人全員が大企業に就職できるわけではありません。また、求職活動をしている人に伝わりきっていない中小企業ならではのよさもあります。地元志向の強い人に対しては、地域に密着した中小企業は魅力的な存在です。
それらの点から考えても、中小企業にも十分勝機はあると言えます。苦戦しないためのコツをみていきます。

1、自社の強みをアピールする

中小企業が採用で成功するために大切な第一のポイントは、自社の強みをはっきりさせて、それを仕事を探している人にしっかりとアピールすることです。
たとえば、就職する際に大企業が好まれる理由として「安定しているから」ということがありますが、実は中小企業の中にも特定の業界で安定した業績を上げ続けている会社はたくさんあります。
また、時代の最先端で新しいニーズを切り開いている企業であれば、他では得られないスキルを身につけることが可能です。
このように、自社にはどのようなアピールポイントがあるのかを確認し、それを求職者にわかりやすく伝えていくことが大切です。

2、採用したいターゲットを明確にする

また、中小企業だからこそ、今回採用したいのはどのような人材なのかというターゲットを明確にする必要があります。
自社が欲しいのは、新規事業を提案できるようなチャレンジ精神に溢れた人なのか、それとも地味な仕事であっても確実にコツコツと取り組める人なのか、それによっても採用活動の方向性が違ってきます。
自社にはこのような社風があり、今回の募集はこのような事業を展開するためにこのような能力を持った人が欲しい、ということを明確に示せば、それに合った人が応募してくる確率が高くなるでしょう。
ただ漠然と「いい人材が欲しい」と考えるのではなく、ターゲットをはっきりさせることで、会社にとっても応募者にとってもWIN-WINの採用とすることができます。

3、求職者に接触する窓口を増やす

採用活動をする際には、求職者に接触する窓口をできるだけ増やすようにしましょう。
誰もが知っている大企業ならば求職者のほうから調べてエントリーしてくれますが、中小企業の場合はこちらからアプローチしなければなりません。
求人サイトへの登録はもちろん、自社ホームページ、自社の採用サイト、ハローワークなど、採用に使える手段はいろいろあります。
また、現在所属している社員や取引先からの紹介も、自社のことをよく知っている人からのつながりになるのでミスマッチが起こりにくく、中小企業にとっては有効な方法です。

4、専門家の手を上手に借りる

自社で採用活動をしてもなかなかうまくいかない場合は、専門家の手を借りることも考えてみましょう。
採用コンサルタントに相談すれば、専門家ならではのノウハウを得ることができますし、
採用サイトについても、サイト制作の経験が豊富な制作会社に依頼したほうが自社の魅力を求職者にアピールするよいサイトを作ることができます。
費用はかかりますが、自社のみで採用活動を行ってコストが0でも、必要な人材を採用できなければ意味がありませんよね。

中小企業が採用で苦戦しないための解決方法

ここまで見てきたように、中小企業が大企業のようにお金をかけて採用活動をするのは難しいと言えます。
しかし、採用コストがかけられない、自社の中に採用に関する専門の社員もいなければノウハウもない中小企業の悩みを解決する方法があります。それが京栄くんです。

京栄くんは、初期費用0で自社オリジナルの採用サイトを作成できるサービスです。応募があったときにのみ費用が発生する完全成果報酬制であるからです。
採用サイトの制作だけでなく、その後のサイトの運用まで任せられるというのは、マンパワーに限界のある中小企業にとってうれしいサービスですね。採用のWIN-WINとなるサービス、京栄くん。
初期費用0で採用サイトの作成をしたい、運用を任せたい、とお考えの会社にとって魅力的な内容となっております。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問合せ

問い合わせ後に営業担当が詳しくヒアリングし、応募単価のシミュレーションを行い、最適なプランをご提案させていただきします!