RPOって何?RPO(採用代行)のメリット・デメリットを徹底解説!

RPOとは?
Pocket

RPOという言葉をご存じですか?RPOとは、採用代行サービスのことを指します。RPOが持っている採用の仕組みやノウハウを使うことによって、より自社に必要な人材を短い時間で効率的に確保することができます。

そこで今回は、現在採用活動に関する悩みを抱えている人事担当の方に対して、RPOについて徹底解説していきたいと思います。

RPOとは?

RPOとは、「Recruitment Process Outsourcing」の略称で、日本語でいうと採用代行サービスのことを指します。

どこまでの業務を依頼するのかは企業によって選ぶことができますが、求職者募集の求人広告作成から実際に内定者を選考するところまで、サポートを行ってくれます。また、RPOを行っている企業は採用に関する豊富な知識を持っているので、そのノウハウを使ったコンサルティングを受けられる企業もあります。

そのため、RPOを使うことによって現在抱えている採用活動の悩みを解決することが可能となります。

RPOを利用するメリット

RPOのメリットはなに?

RPOを利用することで沢山のメリットがあります。

では、RPOを利用すればどのようなメリットがあるのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

自社に合う人材を採用するための活動を行うことができる

採用活動をする時に、ただ求人を出して人を集めるだけになってしまっている企業はたくさんあります。しかし、より質の高い採用活動を行うためにはそれだけではいけません。

どれだけ人を集めたとしても、自社に合う人材でなければ思ったように活躍してくれないかもしれませんし、すぐにやめてしまうことも考えられます。

自社に合う人材を集めるためには、そのような求人広告を出す必要がありますし、広告を出す媒体も選ばなければいけません。実際に採用活動を行う際の選考方法も重要となります。

ただ、なかなか採用のノウハウを多数持っている企業はあまりありませんので、RPOを利用することによって自社で行う以上の効率のよい採用活動を行うことができるでしょう。

コア業務に集中できる

採用活動と一言でいっても、その業務内容は多岐に渡ります。一般的に知られている面接や選考といった業務はコア業務と言われる部分で、採用活動の中で最も重要なところとなります。

しかし、それ以外にも採用計画の立案やスケジュール管理、求職者への連絡、内定者のアフターフォローなどさまざまな業務があります。

RPOでは、このようなコア業務以外の採用活動を任せることもできるので、人事担当者はコア業務だけに集中できる環境を作ることができ、より綿密に選考を行うことができます。

人事のコストと手間を削減できる

人事の仕事をすべて自社で行おうと思った場合、採用者が多ければ多いほど人事担当者の数を増やしたり、1人1人の作業分担を増やさなければいけません。

しかし、採用活動を毎年行っているわけではない企業の場合、そのための人員を増やしてしまうと大きなコストの負担になりますし、どなたかに業務をお願いした場合その社員の負担が増えてしまいます。

RPOを使えば、採用活動を行いたい時にだけ費用を払って委託することができますし、既存の社員への負担も増やさずに済むので、社内業務を円滑に進めることができます。

内定までの時間を短縮することができる

採用活動において、応募から内定までの時間をいかに短くするかはとても重要な部分になります。求職者は他の企業の面接も受けているケースが多く、あまり時間がかかってしまうと他の企業に人員をとられてしまう可能性もあります。

そのため、より短い時間で誰を採用するのかを決める必要があります。しかし、人事担当者が採用活動を行う場合、他の業務を行いながら多数の応募者を選考するのは簡単なことではありません。

RPOを利用すれば、より効率よく採用活動を進めることができるので、人事担当者がすべての業務を負担するよりも素早く結論を出すことができ、優秀な人材を確保しやすい環境を作ることができます。

採用活動のノウハウを得ることができる

RPOは採用活動のプロが採用を担当してくれます。そのため、RPOに頼んでさまざまな人材を見ることによって、実際に優秀な人材を確保するためにはどのように動けばいいのか、どのような基準で選考を行えば自社に合った人材を選別することができるのかを見ることができます。

スタートアップ企業や中小企業の場合はあまり採用活動のノウハウを持っていない場合もあると思いますが、そのような企業でもRPOを利用することによって、ノウハウを得ながら採用活動を行うことが可能となります。

RPOを利用するデメリット

RPOを利用するデメリットもあります

RPOにはメリットだけではなくデメリットも存在しています。

RPOを利用すれば、より効率のよい採用活動を行うことができますが、もちろん使うことによってデメリットも生じます。

そのため、ここではデメリットもご紹介しておきます。

費用がかかる

当然ですが、RPOに採用活動を依頼すればそれなりの費用がかかります。

そのため、事前にどれくらいコストがかかるのか、自社で行うよりも高い効果が得られるのかについてしっかりと検討をして、コスパがいいかどうかを判断する必要があるでしょう。

また、RPOを頼む場合にも採用にかけられる予算を事前に設定しておき、その中で依頼できる業者を探すようにするといいでしょう。

RPOの選定が難しい

RPOは海外では当たり前のサービスですが、日本ではまだ目新しい事業です。

そのため、さまざまな企業がありますが、そのレベルは企業によって大きく異なります。同じRPOのサービスを使ったとしても、あまりノウハウを持っていない企業もあるので、自社で取り入れてメリットがある企業なのかを判断するのはとても難しいと言えるでしょう。

事前にしっかりとサービス内容をリサーチしてから、どの企業に依頼するのかを決める必要があります。

RPOとの連携がとれないとうまくいかない

RPOに採用活動を委託する場合、自社が採用したい人材ではない方を採用してしまう可能性があります。

そのため、綿密に打ち合わせを行い、自社にはどういう人材がほしいのかを伝えておく必要があります。よりよい結果を求める場合には、ただ作業をこなすだけの業者ではなく、一緒にパートナーとして企業の反映を考えてくれるRPOを探す必要があるでしょう。

また、RPOとの打ち合わせはしっかりと行わなければいけませんし、自社内でもどのような人材がほしいのかを定めておく必要があるでしょう。

「京栄くん」なら多くの人材から自社に合った方を選べる

京栄くんなら自社にあった人材を確保できます

京栄くんは多くの人材から自社にあったほうを選部ことができます・。

どのRPOを使えばいいか分からないという方には、「京栄くん」をおすすめします。

「京栄くん」では、これまでに培ってきたノウハウを元にその企業が求める人材を集客してくれるサービスです。より多くの応募者の目に止まるようにアプローチを行い、その中から自社で求めている人材が応募してきてくれる可能性を高めることができるので、より効率の良い採用活動をサポートしてくれます。

その上、実際に応募者がくるまでは無料となっているので、大きなコストをかけずに採用活動を行うことができるので、単発で利用したい企業も長期的に活用したい企業にとってもメリットが大きいと言えるでしょう。

より自社に合わせた形の採用活動を行いたいと考えている方は一度お問い合わせしてみて、「京栄くん」の利用を検討してみてはいかがでしょうか?