採用代行って利用するべき?採用代行サービスで行ってもらえることをご紹介します

採用代行サービス紹介
Pocket

企業の人事担当者や経営者の方で、採用代行サービスを利用しようと検討している方も案外多いのではないでしょうか?

採用の際にやらないといけないことはかなり多いので、それを全て代わりにやってくれるとなるとかなり効率よく他の業務を進められますよね。そこで今回は、採用代行サービスで何をやってもらえるのか、具体的なサービス内容についてご紹介していきます。

採用代行サービスとは?

採用代行サービスとは

忙しい人事担当も採用代行サービスを利用することで業務の負担が激減します。

採用代行サービスとは、採用のプロが企業の担当者に代わって採用の計画や説明会の開催、コンサルティングなどを行ってくれるサービスです。

忙しい担当者の方でも採用のために時間を割く必要がありませんし、プロの採用担当者が1人1人の学生と向き合って行ってくれるので、より企業に必要としている人材を獲得することができます。

採用代行サービスがやってくれること

採用代行サービスがやってくれること

採用代行サービスは採用に関わる業務を代行してくれます。

採用代行サービスが行ってくれることは、「母集団形成業務」「採用業務」「内容後のサポート」「コンサルティング業務」の4つに分かられます。

ここからは、それぞれの業務内容について詳しく解説していきます。

母集団形成業務

採用活動において、最初に行わないといけないのは採用計画を立ててエントリーしてくる求職者を増やすことです。

どの媒体に求人広告を出すのか、どのような選考フローにするのかを決めることが必要になります。選考段階になっても、申し込んできた方に対してすぐに返信をしないと離脱してしまう可能性もあるのですぐに返信しなければいけませんが、他の業務もたくさん行っている人事担当者が早急な対応をすることは難しいでしょう。

そのあたりの業務も代行してくれるので、とても簡単になります。また、説明会も企画してくれるので、その企業に気づいていない求職者にもアピールすることができ、より多くの人材にアプローチすることも可能です。

説明会を開催するための準備はとても大変なので、採用代行サービスが行ってくれることで、効率よく求職者を増やすことができるでしょう。

採用業務

採用代行サービスは、もちろん実際の採用業務も代行して行ってくれます。採用業務の中には、「ノンコア業務」「コア業務」の2つがあります。

どこを依頼するのかを決めることができるので、企業が自由に選ぶことができます。

ノンコア業務

ノンコア業務とは、応募情報の入力や日程調整、求職者への連絡など直接合否に関わらない部分の業務を指します。

採用代行サービスを利用する企業の中で、このノンコア業務を依頼することが最も多いです。直接的に採用には関係ない部分ですが案外作業量が多いので、ここを減らすだけでも業務を効率化することが可能です。

コア業務

コア業務とは、募集原稿の作成や面接や面談のことを指します。採用経験があまりない企業の場合、面接でどのように見極めていけばいいのか、どのような人材が自社に必要なのか判断するのが難しいと感じているところもあると思います。

採用代行サービスの担当者は採用のプロなので、自社のニーズに合った採用活動を行ってくれるので、あまり採用経験がない企業でも必要な人材を確保することができます。

採用業務の中でもどこまで任せるのかは自社で決めることができ、応募人数の多い企業の場合は書類選考のお手伝いを頼むこともできるので、より効率よく話を進めることができ、便利だと感じるでしょう。

すべての内定者が決まったら、採用代行サービスの担当者が連絡してくれるので、確実に内定者を確保することができます。

内定後のサポート

採用活動は、内定者を選考して終わりではありません。内定をもらっても辞退する求職者もいます。内定辞退者が出た場合、どのような理由で辞退したのかが気になるという採用担当者は多いと思います。

しかし、人数が多ければ多いほど1人1人と向き合ってヒアリングするのは大変だと感じることでしょう。そのため、採用代行サービスでは、内定辞退者へのヒアリングも人事の方に代わって行ってくれます。辞退者からしっかりヒアリングを行うことによって、今後の採用活動を修正することができるので、より効率のよい採用活動に繋げることができます。

また、内定を受けてくれた方に対しても、今後の教育と内定辞退を兼ねた研修のサポートをしてくれるので、より意識の高い状態で入社してもらうことができます。

コンサルティング業務

採用代行サービスは、ただ採用のお手伝いをしてくれるだけではなく、企業の採用活動のコンサルティングも行ってくれます。現状の採用活動の問題点を探り、今後どのように改善していったらいいのかを提案してくれたり、面接官のトレーニングを行ってくれます。

そのため、長期的に採用代行サービスを利用するつもりのない企業でも、自社の採用活動のレベルを高めることができます。

採用代行サービスの料金は?

採用代行サービスの料金は

採用代行サービスには料金形態が2種類あります。

採用代行サービスは、依頼する内容によって金額が異なります。自社の予算や依頼したい業務内容によって、見積りを出してもらう必要があります。

採用代行サービスの料金は「月額一律」「従量課金」の2パターンがあります。そこでここからは、この2つの料金体系についてご紹介していきます。

月額一律料金

月額一律料金の場合、業務内容に応じて一律の金額がかかる料金体系となっています。

月額料金が一定となっているので、自社の予算に合わせてプランを組めるという点が魅力的だと言われています。業務の内容が多いとかなりお得感を感じる料金体系ですが、あまり業務内容が少ない場合には費用対効果が低いと感じることもあるでしょう。

求職者や業務内容が多い企業の場合は、月額一律料金体系を選ぶことをおすすめします。

従量課金

従量課金の料金体系の場合、自分が行った業務量に対して費用が発生するという仕組みです。

まずは自社でどのような内容の代行サービスをお願いしたいのかを決めて、そのプランに合わせて料金がかかるという方法です。この料金体系の場合、自社で必要な業務だけを任せることができる上に、作業量が少ない企業は費用を抑えることができるので、費用対効果がよいと感じるでしょう。

あまり業務内容が多くない企業やピンポイントの部分だけ任せたいという企業にとっては大きなメリットがあるでしょう。しかし、たくさんの求職者が応募してくる企業や多くの業務内容がある企業の場合は、割高になってしまうこともあるので、まずは事前に自社で依頼したい業務内容と業務量を整理しておく必要があるでしょう。

採用代行サービスの相場

採用代行サービスの相場は、月5万円~となっています。

依頼する内容によって金額は大きく変わりますし、ピンポイントの依頼の場合は料金を抑えることができる場合もあるので、代行してもらいたい業務をしっかりと整理して予算を出し、費用対効果を考えて任せる企業を選ぶ必要があります。

京栄くんなら初期費用無料ですべてお任せ

京栄くんなら初期費用無料!

京栄くんなら初期費用0円でとってもお得です!

より効率よく費用対効果のいい採用活動を行いたいという方は、「京栄くん」を利用してみることをおすすめします。

京栄くんは完全成果型報酬となっているので、求職者が応募してくるまで一切料金が変わりません。

そのため、予算があまりないという企業でも気軽にプロに採用活動を代行してもらうことができます。自社に適した人材を効率よく探したいと考えている人事担当者の方は、まずはお問い合わせしてみるといいでしょう。