採用サイトはどう選べばいい?求人採用サイトの種類とその違いをご紹介します

採用サイトの種類選ぶ基準
Pocket

企業に人材がほしいと思った場合、ほとんどの経営者や人事の方が採用サイトを利用すると思います。

現在、たくさんの求人サイトが出ており、「どれで出しても結果は変わらない」と考えている担当の方もいると思いますが、実際にはサイトによって大きな違いがあります。

そこで今回は、現在ある求人採用サイトの種類とその違いについてご紹介していきます。

求人採用サイトの3つの違い

採用サイトには種類があります

採用サイトには用途によって複数の種類が存在します。

求人に応募してくる属性もかかる金額も全く異なります。そのため、自社に合った種類の採用サイトを探すことが重要です。

今回は求人サイトの種類をさまざまな項目に分けていくつかご紹介していきますので、自社ではどのようなサイトを使いたいかをしっかりとチェックしながら読み進めてください。

掲載される求人情報が異なる

求人サイトによって、掲載される求人情報の違いがあります。企業の業種や規模によって登録するべきサイトの種類は異なります。

総合型採用サイト

総合型の採用サイトは、さまざまな業種や職種の求人を掲載する採用サイトとなっています。

まだどの職種に就職したいかを絞っていない方は、総合型の採用サイトに登録する可能性が高いので、より多くの求職者が登録していると言えます。

しかし、その分たくさんの企業が集まっているので、内容が埋もれてしまうことも考えられるでしょう。

特化型採用サイト

特化型の採用サイトは、業種や職種を絞ってそのジャンルの企業の求人情報だけを掲載しているサイトになります。

その業種に就きたいという意欲の高い方や業界経験者が集まるので、登録者数は少ないですが、より早く意欲の高い求職者に出会える可能性が高まります。

雇用形態や採用の種類が異なる

雇用形態や採用方法によって、異なるサイトが用意されているケースもあります。

自社でどのような人材をどのような形態で採用するかを決めて採用サイトを選ぶことによって、よりピッタリの求職者と出会うことができるでしょう。

正社員の新卒採用

新卒を正社員で募集する場合、採用にかかる時間もコストも他の方法に比べて大きくなる傾向があります。

その代わり、正社員を起用すれば将来的に長く活躍してくれる人材を獲得できる可能性もありますし、短期間で多くの求職者を獲得できるので、魅力的と考えることもできるでしょう。

ただ、新卒を採用した場合は即戦力にはならず、そこからの育成にも費用がかかるので事前に検討する必要があります。

正社員の中途採用

中途採用の場合、より素早い採用が可能となっていますし、即戦力になる戦力を発掘することも可能なので、人手不足を感じている企業にはおすすめの方法です。

採用してからの教育の時間や資金がそこまで必要ないので、新卒よりも手軽さを感じるでしょう。

しかし、中途採用の場合は自分達がほしいと思う即戦力の人材がいない可能性もあるので、注意が必要です。

アルバイト・パート

アルバイト・パートの求人募集の場合は、専用の採用サイトを利用する必要があります。

正社員の求人に比べると、価格が安くなりお得感を感じることでしょう。

料金体系が異なる

採用サイトによって、異なる料金体系をとっています。

そのため、求人に割くことができる費用とどのような人材をどれくらいの期間で募集するのかを決めてから、採用サイトを選ぶようにしましょう。

掲載課金型

掲載課金型の採用サイトの場合、求人を掲載している期間によって費用がかかります。この料金体系が多くの採用サイトで使われているメジャーな方法となっています。

掲載している期間に何人の方がきてもかかってくる費用は一定なのですが、誰も求職者の応募がなかったとしてもお金がかかるという点が特徴です。

複数名採用できればコスパがよくなりますし、求人を出す際にかかる費用が事前にわかるので予算が立てやすくなる点がメリットとなります。

反対にデメリットとしては、応募がこなかったり、応募が多数きても採用したいと思う求職者がこなかった場合には、経費だけがかかってしまう形になり、もったいないと感じる経営者の方もいるでしょう。

大手企業や有名な企業で、確実に多くの求人が獲得できると見込めている場合や、多くの人数を一気に募集したいと思っている企業にはおすすめの方法です。

また、新卒採用などの決まった期間でまとまった人数を募集するという場合にも向いているでしょう。

成果報酬型(応募課金型)

成果報酬型とは、掲載する費用はかからないという点が最大の魅力となっています。

その中でも応募課金型とは、掲載した求人から実際に面接をしたいという応募者がきた段階で費用が発生するという方法です。

どれだけ長い期間掲載していても応募者がなければ費用がかかりませんし、応募がきた段階でかかる費用も比較的安く設定されているので取り組みやすい方法となっています。

もちろん求職者の人数が多くなりすぎると費用がかかってしまうこともありますが、事前に人数を設定できる採用サイトを選べば安心です。

あまり多くの資金を求人にかけずに人材を獲得したいと思っている企業におすすめの方法です。

成果報酬型(採用課金型)

採用課金型とは、掲載する費用がかからず、採用が決まった段階でコストがかかるという方法です

。求人の掲載にも応募がきた段階でも費用がかからないので、無駄なコストを払わずにすむという点がメリットとなっています。

ただ、採用課金型は応募報酬型と比べると採用1人あたりの価格設定が高くなっており、採用サイトによっては採用した人材の年収からパーセンテージで払わないといけない設定になっている場合もあります。

そのため、複数名募集をしたい時には結果的にかかる費用が高くなってしまうこともありますので、注意が必要です。

コストを抑えたい方におすすめの採用サイトの選び方

採用サイトを選ぶ際に、企業として最も重視するポイントとしては、採用に対する費用対効果をいかに下げることができるか、という点だと思います。

そこでここからは、よりコストを抑えて求職者を募集したい企業向けの採用サイトの選び方をご紹介していきます。

応募報酬型の採用サイトを選ぶ

できるだけ費用対効果を抑えたい企業様には、料金体系が「応募報酬型」となっている企業をおすすめします。

応募報酬型を選べば、掲載するのに費用がかかりませんし、採用課金型に比べると比較的費用を抑えることが可能になります。

求人情報の作成を行ってくれる採用サイトを選ぶ求人情報に記載する内容によって、応募してくる求職者の質は大きく異なります。

そのため、求人のノウハウをしっかりと持った上で、自社に合わせた求人情報の作成を行ってくれる採用サイトを利用すれば、人事の時間を使うことなくより効率的な求人を出すことが可能となります。

費用対効果のよい採用サイトを使いたいなら

費用対を求めるなら京栄くん

費用対効果を求めるなら京栄くんをはいかがでしょうか?

より費用対効果のよい採用サイトを使って、効率よく求職者を募集したいと思っている経営者の方・人事担当の方には、ぜひ一度株式会社京栄コンサルティングが運営している「京栄くん」の検討をおすすめしております。

「京栄くん」は応募報酬型となっており、その企業が募集する人材に特化した求人広告を無料で作成させていただくので、自社で採用のための先行投資をする必要がありません。

また、長年求人広告を出して求職者を募集してきた実績から作り上げたノウハウを使って広告を出すので、ご希望の応募単価に近い形で人材を獲得することが可能となります。

お問い合わせいただきますと、シミュレーションを行いますので、ぜひ一度検討してみてください。