採用オウンドメディアとは|採用サイトとの違いやメリット、成功事例を徹底解説

採用オウンドメディアとは
Pocket

近年、情報社会が進む中で採用のあり方についても変化が起こりつつあります。

その中で注目されているのがオウンドメディアを使って採用を行う「採用オウンドメディア」と呼ばれる手法です。

まだまだ認知度が高い言葉とはいえず、採用オウンドメディアに関して「聞いたことはあるけれど詳しいことはわからない…」という方も多いのではないでしょうか。

この記事では採用オウンドメディアとは何か、採用サイトとの違い、またメリットやデメリットについて解説していきます。

採用オウンドメディアとは

採用オウンドメディアとはオウンドメディアを利用して自社の魅力を発信して採用活動を行うことです。

自社で保有しているメディアのことをオウンドメディアといい、ホームページやブログ、Twitterなどが例として挙げられます。つまり、カンタンに述べるとホームページやブログ、Twitterを利用して採用活動を行うことを採用オウンドメディアというということです。

英語で表記すると「Owned Media Recruiting」となることから「OMR」とも呼ばれています。

採用オウンドメディアと採用サイトの違い

採用オウンドメディアと採用サイトの違いは自社でメディアを保有しているかどうかです。

採用オウンドメディアは自社でメディアを保有していますが、採用サイトは運営している企業がメディアを保有しており、入力できる文字数や内容、レイアウトなどに制限がかかってしまいます。

その一方で、採用オウンドメディアでは自社でメディアを保有しているため文字数や内容、レイアウトなど全てを自由にカスタマイズすることができ、自社の魅力を最大限伝えることが可能です。

これによって企業理解を深めたより意欲の高い求人者を確保することができます。

採用オウンドメディアのメリットとデメリット

採用オウンドメディアを運営する際にはメリットとデメリットがあります。

それぞれを把握した上で自社で行うべきなのかを判断するようにしましょう。

メリット

採用オウンドメディアを運営するメリットは主に4つあります。

・自社の魅力が伝わりやすい

・求職者の目に留まりやすくなる

・求職者とのミスマッチが起きにくい

・転職潜在層へアプローチできる

自社の魅力が伝わりやすい

採用オウンドメディアを運営することで自社の魅力を最大限伝えることができます。

自社で文字数や内容、レイアウトなど全てを自由にカスタマイズすることができ、狙いたい求職者に的確にアプローチ可能です。例えばTwitterを利用すれば求職者とより近い距離感で会話をすることができますし、写真や動画を多くメディアにあげることで自社の雰囲気が伝わりやすくなります。

社員のインタビュー記事や自社独自の福利厚生の記載も効果的といえるでしょう。

求職者の目に留まりやすくなる

採用オウンドメディアの運営によって求職者の目に留まりやすくなります。

今まで採用サイトのみで採用活動を行っていた場合には採用の窓口が一つしかありませんでしたが、採用オウンドメディアを追加することで窓口が二つできます。

採用難に悩まされている企業も採用の窓口を増やすことで応募者が増えるかもしれません。

求職者とのミスマッチが起きにくい

入社後に発生する求職者と企業間のミスマッチが起きにくくなります。

自社の魅力の発信によって企業理解の深い人材から応募がくるようになり、意欲の低い人の入社を未然に防ぐことができます。厚生労働省が2020年に発表した大卒者の就職後3年以内の離職率が32.8%ということからみても、多くのミスマッチが起きていることは明らかです。

せっかく優秀な人材が入ってきてもすぐに離職しては教育コストだけがかかってしまいます。

ミスマッチが起きにくくなるというのは大きなメリットといえるでしょう。

転職潜在層へアプローチできる

採用オウンドメディアでは転職に興味を持っている「転職潜在層」にアプローチできます。

自社の魅力を伝えることで「ここに転職したい!」という気持ちを後押しすることができれば、転職に踏み切ってくれるかもしれません。

採用サイトを利用する方はすでに転職意欲の高い場合が多く、サイト内の様々な選択肢の中から企業を選びますが、採用オウンドメディアで転職潜在層にアプローチできれば自社のみに興味を向けさせることができます。

デメリット

ここまで採用オウンドメディアのメリットについて解説してきましたが、一方でデメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。採用オウンドメディアのデメリットは主に3つあります。

・成果が出るまで時間がかかる

・初期費用がかかる

・専門的な知識が必要になる

成果が出るまでに時間がかかる

採用オウンドメディアは運営を始めてからすぐに成果が出るものではありません。

自社のホームページやブログ、SNSのアカウントがなければ一から作る必要がありますし、自社の魅力を伝えるためにはある程度の情報を蓄積させる必要があります。

初期費用がかかる

採用オウンドメディアの運営には初期費用がかかります。

ホームページやブログを利用する場合にはサーバーやドメインを準備する必要がありますし、SNSを利用する場合でもツールを導入したり業者に依頼したりすると費用が必要です。

しかし、長期的な目で見れば結果的に採用コストを減らし、より多くの人材を採用できるようになる可能性があります。

専門的な知識が必要になる

採用オウンドメディアの運営には専門的に知識が必要です。

ホームページやブログを見られるようにするにはSEO対策と呼ばれるものが必要ですし、SNSの運営にはSNSマーケティングの知識が必要となります。

自社で社員を教育しながら運営するのも良いですが、場合によってはプロに依頼することも考えなければなりません。

採用オウンドメディアを使った成功事例

採用オウンドメディアを使って実績を上げている企業はたくさんあります。

その中でも特に注目を集めた3つの成功事例について紹介していきます。

株式会社メルカリ(Mercan)

株式会社メルカリは「メルカリの人を伝える」というコンセプトのもと「Mercan」を運営しています。

メルカリで働く人に焦点をあてたインタビュー記事や職種ごとにカテゴライズされた記事で求職者に対して効果的なアプローチが行われています。

実際にメルカリで働いている人の顔写真やメルカリ社内の様子も公開されているため会社の雰囲気が掴みやすいです。https://mercan.mercari.com

株式会社LINE(OnLINE)

株式会社LINEは「LINEでは、こうしてます。」をコンセプトに「OnLINE」を運営しています。

主にVISION(事業の取り組み)・CULTURE(社員のインタビュー)・WORKS(働き方)の3つにカテゴライズされており、LINEが行っている最新の取り組みを知ることが可能です。

求職者が株式会社LINEの企業理解を深めるのにこれ以上ない採用オウンドメディアとなっています。

https://line-online.me

日本マクドナルド株式会社(Mcdonald’s Recluting WEB)

日本マクドナルド株式会社は採用オウンドメディア「Mcdonald’s Recluting WEB」を運営しています。

様々な職種の社員インタビューやマクドナルドで行っている取り組み、歴史などのコンテンツが充実しておりマクドナルドの全てが詰まったメディアとなっています。

2020年は採用オウンドメディアと求人媒体からの応募が全体の6割を占めるようになったそうです。

日本マクドナルド株式会社が採用オウンドメディアでの取り組みが評価され「Owned Media Recruiting AWARD 2020」も受賞しています。

https://www.mcdonalds.co.jp/recruit/crew_recruiting/

まとめ

採用オウンドメディアとはオウンドメディアを利用して自社の魅力を発信して採用活動を行うことです。

採用オウンドメディアを運営することで自社の魅力を最大限伝えることができ、今まで以上に求職者にアプローチすることができるようになりますが、その一方で成果が出るまでに時間がかかったり初期費用がかかったりという問題点もあります。

しかし、採用オウンドメディアは年々成功事例が上がってきてます。今自社で行っている採用活動で満足のいく成果を得られていないのであれば挑戦してみる価値は十分にあるでしょう。