【コスパ重視】採用単価を下げたい企業におすすめの5つの方法

採用単価を下げるためには?
Pocket

求人活動を行う際に、企業の採用担当者が最も考えることは「どうやって採用単価を下げるか」ではないでしょうか?どの企業もより安い価格で有能な人材を獲得したいと考えます。ただ、実際にどのように改善すれば今よりも採用単価を下げることができるのか、知らない担当者の方が多いのではないでしょうか?そこで今回は、より安い単価で人材を獲得したい企業向けに、採用単価を下げるおすすめの方法についてご紹介していきます。

採用単価とは何?

採用単価とは

採用単価を理解することで全体のコストを下げることができます

採用単価とは、新たに自社の人材を獲得するためにかかるコストのことです。採用を行う際には、求人サイトに広告を出したり会社説明会を行うため、どうしても費用がかかってしまいます。しかし、企業が求人に割くことができる費用には限りがあるので、採用単価をできるだけ下げて人材を獲得したいと考えるでしょう。その単価をどのようにして下げるかが採用担当者の大きな課題となります。

 

採用単価の平均相場とは

 

では、企業はどれくらいの費用を使って採用を行っているのでしょうか?

2018年に求人サイトも運営しているマイナビが内定調査を行ったのですが、その中で企業の採用単価の調査も行っています。その内容によると、新卒採用の場合には53.4万円、中途採用の場合には39.8万円のコストがかかってしまっています。もちろんこの平均相場は、業種や企業によって大きく異なります。

その上、これだけのコストをかけたとしても、必要な人数を獲得することができなかったり、せっかく採用した人材がすぐにやめてしまうなどの事態もあるので、企業はこの採用単価の高さに頭を悩ませていることでしょう。

 

採用単価が上がる要因

採用単価が上がる要因

採用単価が上がる要因を把握して改善しましょう

では、どうして採用単価が高くなってしまうのでしょうか?採用単価を下げるためには、現在どうして高い金額がかかってしまっているのかを把握する必要がありますので、その要因を見直すことから始めましょう。

 

より能力の高い人材を獲得しようとしている

能力の高い人材を獲得し、即戦力として活躍してもらいたいと思う場合、どうしても採用単価が上がってしまいます。現在はどの企業も人材が足りていない上に、少子高齢化に伴い人材が少なくなっています。そのため、その中からより能力値の高い人材だけを採用しようと考えた場合、単価は上がってしまいます。

 

たくさんの媒体に求人を出している

より多くの人材を獲得したいと考えた場合、その求職者がどの求人サイトを見ているのか分からないので、より多くのサイトに掲載して人材を獲得したいと考える方もいるでしょう。その場合、すべてのサイトの費用を負担する必要がありますので、採用単価は必然的に上がってしまいます。

 

同じ採用ツールを導入したままになっている

より採用活動を効率化したいと考えて採用ツールを導入した場合、その効果の確認をせずに次年度も同じ方法が取られているという企業は多いのではないでしょうか?特に昔ながらの慣習を大切にしている企業の場合、それまでのやり方をそのまま維持する方がよいと考えて維持したままの場合もあるようです。また、人材の入れ替わりが激しい企業でも前任者からの引継ぎが行われておらず、気づかないうちに費用を払ったままになっているというケースも多くあります。

 

採用単価を下げるための5つの方法

採用単価を下げる改善方法

採用単価を下げる方法はいくつかあります。

では、実際に採用単価を下げるためには、どのような方法を行えばよいのでしょうか?ここからは具体的な削減方法をご紹介していきます。

 

母集団形成をしっかりと行う

母集団形成とは、ターゲットを定めて自社に合う人材を集めることを指します。企業が採用活動を行う場合、とにかくたくさんの人が応募してくるように幅広い層に向けてアプローチするような求人を出している企業が多くあります。しかし、そのように漠然と採用活動を行ってしまうと、自社に合わない人材もたくさん集まってしまったり、他の企業よりも魅力的な求人を作ることができずに、結果的に採用単価が上がってしまうというケースは多くあります。そのため、採用活動を行う前に「どのような人材に応募してほしいのか」を明確にし、そのターゲットに対して魅力的に映る求人広告を作成する必要があります。

 

現在かかっているコストをチェックする

今後の採用単価を下げたいのであれば、現在どれくらいの単価になっているのかをまずチェックする必要があります。もしかすると、特に効果はないのに求人ツールを使っている場合もあるでしょう。そのため、現在どれくらいのコストを払っていて、そのコストに対してどれくらいの効果が得られているのかを把握し、コストパフォーマンスをしっかりと分析する必要があります。必要でないものを削減するだけでも、大きく採用単価を下げることができるでしょう。

 

掲載する求人サイトを厳選する

現在、多数の求人広告を使っているという企業の場合、必要以上にコストが高くなっている可能性があります。求人サイトにはそれぞれ特性があり、登録する人材も異なります。そのため、自社で定めたターゲット層がよく利用するサイトを厳選して利用することをおすすめします。ターゲット層に合わない求人サイトを使った場合、高い費用を払って多くの募集があったとしても、実際に採用できる人材は集まっていないというケースはよくありますので、これまでの採用実績から応募してきた人材のタイプを分析し、より効果の高い求人サイトだけを利用するようにしましょう。

 

無料の求人サイトを利用する

最近では、無料で求人を掲載できるサイトもたくさんあります。無料で使えるのであれば、よりたくさんの応募者がくる可能性を増やすことができる上にコストがかからないので、メリットは大きいでしょう。ただ、有名な求人サイトの場合には求人数が多く、無料ではなかなか応募がこないということも多々ありますので、その点も加味して利用する必要があります。ただ、無料で登録できるのであれば、デメリットはないため、登録しておくというのも1つの方法です。

 

完全成果報酬型の求人サイトを利用する

完全成果報酬型の求人サイトとは、応募者があった場合や採用が決まった場合のみに費用がかかるという形式の求人サイトです。人材獲得はサイトを運営する企業が代わりに行ってくれるというサービスも多くありますので、より効率よく採用活動を行うことができますし、採用単価を下げることができるでしょう。無料で完全成果報酬型の求人サイトを運営する企業は、成果を出さなければ利益を出すことができないので、より高い成果を残すことができる仕様になっているところも多数あります。そのため、より早く人材を獲得できる可能性が高くなっています。

 

採用単価を下げるなら「京栄くん」

採用単価を下げたいなら「京栄くん」

京栄くんを活用することで採用単価を下げることができます。

採用単価を下げることは、企業の採用担当者にとって大きな課題です。限られた予算の中でよりよい人材を獲得するためには、採用活動の際のコストパフォーマンスをしっかりと考える必要があります。そのためには、現状の採用単価を把握し、問題点を洗い出し、それを解決するための方法を探す必要があります。

より効率よく採用活動を行うことができる求人サイトを探している企業担当者には、「京栄くん」がおすすめです。京栄くんは完全成果報酬型となっているので無料で始めることができますし、企業の予算に合わせて採用活動を行ってくれるので、採用単価を下げつつプロがよい人材を獲得してくれます。これから採用単価の見直しをする採用担当者の方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?