採用戦略で人材の課題を解決!担当者が知っておきたい5つのステップ

Pocket

「人手不足に悩んでいる」「いずれ来る定年退職のラッシュに備えたい」など働き手の確保に少しでも課題を感じている方は、人材の採用戦略に取り組んでみてはいかがでしょうか。人材の採用戦略は、これから訪れるであろう労働力不足に向けて必ず対策を練っておきたい事柄です。

そこで本記事では、人材の採用戦略に関するさまざまな情報をまとめました。採用戦略の取り組み方や担当者が知っておきたい5つのステップ、おすすめのツールについても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

採用戦略は人材の確保に欠かせない取り組み

採用戦略とは、会社が必要とする人材をどのように採用していくのか計画立てていく取り組みです。

企業の発展において優秀な人材の確保はとても重要ですが、少子高齢化に伴って働き手はこれからさらに減少していくと考えられています。そのような状況のなかでも安定的に採用を進めるためには、自社に合った採用戦略が欠かせません。

ただし、採用戦略は会社の将来を見据えた長期的な目線が重要となります。もちろん慢性的な人手不足であれば急いで採用を進める必要もありますが、「いま人手不足で困っているから」という考えで行うと採用戦略からは離れてしまいます。焦って採用を進めないためにも、数年後の状況を考えながら取り組んでいくとよいでしょう。

人材確保につなげる採用戦略の5ステップ

では、採用戦略にはどういった手順があるのでしょうか。
こちらでは一例として、下記5つのステップをご紹介します。

1. 必要な人材を明確にし、具体的な採用計画を立てる
2. 自社の分析を行い、強みを見つける
3. 適した求人の手法を選択する
4. 面接の体制を整える
5. 内定・入社後のフォローを行い、長期雇用を図る

採用戦略は会社全体で意識すべきものであり、短期間ですべての従業員に浸透させるのは簡単ではありません。まずは採用担当者から採用戦略について理解を深め、会社の発展につなげていきましょう。

1. 必要な人材を明確にし、具体的な採用計画を立てる

まずは、会社に必要な人材を明確にし、具体的な採用計画を立てていきます。ただし現時点で採用を進めるべき部門・部署だけを見るのではなく、数年後も見据えて計画を立てることが大切です。

たとえば数年後に退職者・休職者が増える可能性があるなら一定数以上の新卒を毎年採用しておくとリスクに備えられますし、新しい事業を立ち上げるなら適したスキルを持った中途社員を雇う必要があります。ほしい人材のペルソナ(人物像:性別や年齢など)を設定すれば今後の採用戦略を行ううえで採用の手法や面接担当者を選びやすくなるため、できるだけ方向性をはっきりさせましょう。

また、友人・知人への声かけや面接、採用後のフォローなど、採用戦略を遂行するなかで社内に協力を要請することも多くなります。そういったときにスムーズに依頼できるよう、「どういった人材を必要としているのか」「どのような目的があるのか」を早めに社内で共有し、協力体制を整えておくとよいでしょう。

2. 自社の分析を行い、強みを見つける

採用戦略の方向性が定まったら、自社について分析し、他社との違い(強みや弱み)を探していきます。自社への理解が深まることで求職者にアピールできるポイントが明確になり、採用活動を進めやすくなります。

分析の手法としては下記が挙げられるので、自社の分析が足りていないと感じる方は利用してみてください。

<3C分析>
3C分析は、採用市場における競合との違いや自社の強みを見つけるための分析方法です。
3Cとは「Customer(顧客)」「Competitor(競合)」「Company(自社)」を指し、3C分析はマーケティングでも広く使われています。

たとえば顧客(採用でいう求職者)は何を基準に企業を選んでいるのか、競合にあたる企業はどこか、競合が提供している待遇はどのレベルか、自社の福利厚生は何かなどを挙げていくことで、自社独自の強みを見つけられます。また、競合との比較により弱みもわかるため、対策を練られるようになるのも3C分析のメリットです。

<4C分析>
4C分析は、求職者への理解を深めるための分析方法です。
4Cとは「Customer Value(価値)」「Customer Cost(負担)」「Convenience(利便性)」「Communication(コミュニケーション)」の頭文字をとった言葉ですが、4C分析を行うことで求職者が自社に何を求めているのかを把握でき、施策を打てるようになります。

たとえば給与や採用後のサポート面など求職者が負担に思っているポイントが明確になれば、その懸念点を払しょくするだけで応募への心理的負担を軽減できるかもしれません。可能であれば、実際に求職者や直近の採用者を対象にリサーチしてみるのもよいでしょう。

<SWOT分析>
SWOT分析は、自社の現在の状況を整理するための分析方法です。
「Strength(強み)」「Weakness(弱み)」「Opportunity(機会)」「Threat(脅威)」の4つを表した言葉であり、前者の2つは自社の状況、後者の2つは外部の環境に基づいて下記のように分類していきます。

・強み:安定して利益がある、成長の機会がある
・弱み:知名度が低い、長時間労働が多く発生している
・機会:マーケター志望の大学生が増えている、海外での需要が高まりつつある
・脅威:競合も採用に力を入れはじめた、他業界からの参入が決まった

4つがまとまったら、分析した情報をかけ合わせて対策を練ります。たとえばマーケター志望の大学生に成長の機会があることをアピールするなど、打つべき施策を判断しやすくなるでしょう。

3. 適した求人の手法を選択する

次に、適した求人の手法を選択していきます。求人には、合同説明会への参加や求人サイト・人材紹介サービスに登録、自社ホームページに求人情報を追加、地域の求人雑誌に広告を掲載などさまざまな方法があります。

ただし気をつけたいのが設定したペルソナに基づいて選択すること。ペルソナから離れてしまうと無駄なコスト・工数がかかる可能性もあるため、「求める人材はどのように求人を探すのか」を考えたうえで選ぶようにしてください。

また、TwitterやFacebookなどのSNSで求職者を募ったり、知人・友人を紹介してもらうリファラル採用を行ったりと、近年は求人方法も多様化しています。それぞれにメリット・デメリットがありますが、特にSNSは炎上リスクもあるため、十分に理解してから取り組むことが大切です。

4. 面接の体制を整える

求職者の応募と並行して、会社側の体制も整えていきましょう。採用選考の基準を策定したり、面接担当者を選んだりなど、会社側も準備しておくことは数多くあります。

特に面接については、求職者にとっても会社を見極める機会となります。求人内容などに興味をもって応募したとしても、面接で悪い印象を与えてしまうと内定を辞退されてしまう可能性があります。的確に評価できる人材や面接スキルに長けた人材、応募者の上司にあたる人材などを面接官とし、応募者の不安を払しょくできるように進めるとよいでしょう。

5. 内定・入社後のフォローを行い、長期雇用を図る

採用戦略と言うと「採用」までを考えた取り組みと思うかもしれませんが、早期離職を防ぐために内定・入社後のフォロー体制についても考えておく必要があります。この段階でつまずいてしまうと、せっかくの採用戦略を練り直さなくてはならないかもしれません。

たとえば内定者が安心して入社を迎えられるよう、定期的なコミュニケーションの機会を設けたり内定者用のSNSを用意したりなど、さまざまな方法があります。

また、入社後においても教育体制の整備や面談など相談しやすい環境を整えることが大切です。さらに長期雇用に向けて社内制度や福利厚生の充実化を図れると、自発的に長く働きたいと思える職場づくりが実現できるでしょう。

採用戦略を効率的に進められるサービスもチェック!

今回は人材の採用戦略について担当者が知っておきたい5つのステップをご紹介しましたが、採用はけして一度きりではないため、成果の向上に向けてPDCAを回すことが求められます。採用活動が一区切りしたとしても、新たな採用が必要となったときや翌年の新卒採用に向けて分析を行うことこそが採用戦略を成功に導くための重要ポイントと言えるでしょう。

ただし、採用戦略に時間をかける余裕がない企業は、求人活動を代行できるサービスを利用してみるのもおすすめです。
最後に、採用戦略を効率的に進められるサービスとして下記の3つをご紹介します。

・採用代行サービス
・AI採用サービス
・人材紹介サービス

それぞれに特徴があるため、どれが自社に適しているか考えながらチェックしてみてください。

採用代行サービス

採用代行サービスとは、採用業務を請け負う委託サービスのことです。採用全体を依頼できるものから一部だけを対応してもらうものまで、さまざまな種類があります。

また、採用代行サービスはプロの保有する採用ナレッジを利用でき、採用戦略をサポートしてくれるものもあります。ただし必要となる料金も幅広いため、採用にかけられる予算を考えながら導入を検討しましょう。

>>採用代行サービスについてもっと詳しく

AI採用サービス

AI採用サービスは、AIの技術を活用した採用サービスです。AI面接サービスや書類選考AIツールなど、用途に応じてさまざまなサービスが発表されています。

たとえばオンライン面接をAIが担当したり、マッチングの精度を高めたりなど、AIによって採用活動を効率的に進められるのがメリットです。採用活動のオンライン化が広がっている背景から、今後さらに発展していくサービスと考えられるでしょう。

人材紹介サービス

人材紹介サービスは、希望の条件にマッチした人材を紹介してもらうためのサービスです。ある程度のスキルや経験が保証されていることから選考の手間が少なく、スピーディーな採用が求められているときに役立ちます。

ただし紹介手数料が高かったり採用ノウハウを集めにくかったりといったデメリットもあります。採用戦略を考えると費用対効果ではコストをかけたほうがよい場合もあります。予算と兼ね合わせながらサービスを取り入れるのもよいでしょう。

採用戦略で安定的に人材を雇用しよう

さまざまなサービスがありますが、ではどれが自社に有効なサービスなのか選定するのにも時間を要してしまいます。そんなときはワンストップで利用できるサービスの検討がおすすめです。『京栄くん』は、採用に関するノウハウを豊富に有する専門チームが採用に関するさまざまな業務をサポートします。

「採用戦略の策定から依頼したい」「採用業務の負担を軽減したい」「求職者のマッチング精度を高めたい」という企業も、下記のようなサービスがあるため安心です。

●貴社の採用ニーズに合わせた戦略を立てたうえで効率的な業務フロー・採用フローを設計
●採用サイトの作成や求人広告の運用代行、応募者の分析を無料で実施
●オプションで在職者インタビューやライティングサービス、動画撮影にも対応

料金は職種やエリアなど7つの項目に応じて単価が決められ、実際に応募があったときのみ支払いが発生します。採用に関する初期費用を抑えたい方も、ぜひ利用をご検討ください。

お問合せ