採用の大変さから逃れたい…採用担当者の悩みや改善方法

Pocket

人事の仕事のひとつである「採用」は、企業の成長に欠かせない人材に関する業務であり、企業の今後を左右する重要な役割を担っています。ですが、それだけ大切な採用業務だからこそ大変な面も多く、問題を抱えている採用担当者も多くいることでしょう。
そこで本記事では、採用業務の大変な面や得られるスキルなどを改めて確認し、おすすめの改善方法をご紹介します。自社の採用における課題とあてはまる部分もあるかもしれませんので、ぜひ参考にしてみてください。

採用担当者は悩みが多い!あまり知られていない「大変さ」とは

採用担当者は企業の成長に貢献する人材を選び出し、内定や入社までのサポートなどを行う必要があります。

採用との関わりが薄い従業員は「大変なのは採用の時期だけなのでは?」と思っているかもしれませんが、採用業務はインターンシップの受け入れや選考関係の手配、内定者フォロー、採用スケジュールの策定など年間通して多くの業務が発生します。さらに新卒だけでなく中途採用も担っていれば採用を行う時期が分散されますし、そもそも人事全体に関わっていれば採用だけに注力できる状態ではない方もいることでしょう。応募者を増やす方法を検討しなければならないなど、応募者を選考する業務以外にもさまざまな業務があります。

また、人とのやりとりがメインとなる採用業務だからこそ、下記のような大変さを感じる部分もあります。

会社と求職者をつなぐ存在であり、批判を受けやすい

採用担当者は、面接日程調整や採用不採用の連絡、内定時のフォローなど求職者とのやりとりを行う立場です。そのため、もし何かしらの不備があった場合には会社のイメージを損なう恐れがあります。たとえば「あの会社は対応が悪かった」「バタバタしていて質問しづらかった」といった悪評が大学やSNSで広がってしまうと内定承諾率や今後の応募率にも関わってしまうため、好印象を与えられるような対応が求められます。

応募者が集まらない・描いている求職者から応募がない

採用担当者は、応募者が来るのを待っているだけでなくよりよい人材を獲得するため、応募者を増やすという業務を行うこともあり、特に人手不足の業界や中小企業など、売り手市場の業界や会社では応募者を増やす業務が大変になります。
採用マーケティングという言葉もあるように、どのような人物を採用したいのか検討し、応募者に的確にアピールし応募者を増やすという業務まで担う事もあります。

採用した人物が思うような働きをしなかった場合、従業員から「なんで雇ったの?」「今年の新卒はダメだね」などと批判されることも考えられます。こういった事態を防ぐためにも、採用担当者はどういった人材を求めているか従業員にヒアリングする時間を確保したり入社後の上司にあたる人物も含めて面接する機会を設けたりなど対策を練る必要があるでしょう。

このように、採用担当者は普段の業務だけでなく人とのつながりの中で大変さを感じることが多いです。求職者と従業員との板挟み状態になることもあるため、よりよいコミュニケーションを実現するためにも業務の優先順位を付けることも大切です。

大変な採用業務だからこそ得られるものも!

上記で採用担当者の大変さをお伝えしましたが、重要な採用業務だからこそ得られるものも豊富にあります。たとえば下記は一部ですが、

・「〇〇がいたから内定を承諾した」と求職者に言われた
・採用に携わった人材が会社に貢献できるほど成長した
・以前よりもスムーズに採用業務を対応できるようになった
・従業員と深く関わる機会を設けたことで採用後の早期離職率が改善された

など、採用を通じてやりがいを感じることも多々あるでしょう。
採用業務は大変なことも多いですが、業務内容自体は改善できる点もあるので、採用業務の本質的な部分に注力できる環境を作ることが大切です。

採用の大変さは採用代行で改善しよう

この記事を読んだ方の中には、採用に力を入れたいと思いながらも通常業務の多さから手が回っていない…応募者が集まらない…という担当者もいるのではないでしょうか。

採用は大変な点が多いからこそ、応募者を選考するという本質的な作業に注力できるように効率化できるポイントを見極めることも必要です。

たとえば「京栄くん」なら初期コスト0円で採用サイトを作成し、応募までの採用業務を簡略化でき、採用業務の大変さから抜け出す一つの方法として検討いただいています。社員へのインタビューや動画撮影など求職者のミスマッチを防ぎたい方におすすめのオプションもあり、多様な活用が可能です。

「採用の大変さから逃れたい…」「応募者を増やしたい…」「応募者の選考に集中したい…」とお考えの人事担当の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問合せ