【激戦を勝ち抜く!】中途採用で求人を成功させる4つの方法を紹介

中途採用で求人を成功させる方法を紹介
Pocket

「中途採用の求人を出しても応募が来ない」「中途採用どうすれば成功するのかわからない」と、中途採用の求人に困っている採用担当の方も多いのではないでしょうか。

中途採用市場は年々競争が激しくなっており、優秀な人材を獲得するのが難しくなってきています。そのため、中途採用の求人には戦略的に進めていく必要があるのです。

この記事では、中途採用の現状から、中途採用の求人を成功させるためのポイントを詳しく紹介していきます。具体的な内容をまとめると以下の通りです。

  • 中途採用市場の現状
  • 中途採用の求人を成功させるポイント
  • 中途採用がうまくいかない場合の対処法

この記事を読んで取り入れれば、中途採用の求人をより良いものにできるはずです。ぜひ最後まで読んで自社の採用活動の参考にしてくださいね。

Contents
  1. 中途採用市場の現状
  2. 中途採用の求人を成功させるポイント
  3. 中途採用で求人を成功させるポイント1.採用計画を決める
  4. 中途採用で求人を成功させるポイント2.採用ターゲットを明確にする
  5. 中途採用で求人を成功させるポイント3.最適な求人媒体を選ぶ
  6. 中途採用で求人を成功させるポイント4.魅力的な求人を作成する
  7. 中途採用での求人がうまくいかないなら京栄くんがおすすめ!

中途採用市場の現状

近年、中途採用市場の競争が激化しています。従来までは多くの企業が新卒採用に力を入れていましたが、近年では中途採用での人材の獲得に力を入れている企業が増えてきており、中途採用に注目が集まっています。中途採用が注目されている背景として、以下のような要因が挙げられます。

  • 終身雇用の崩壊
  • 変化の激しい社会
  • 少子高齢化に伴う人材不足

中途採用が注目されている背景1.終身雇用の崩壊

中途採用が注目されている背景の1つとして、終身雇用が崩壊し始めていることが挙げられます。1つの企業に生涯にわたって勤める意識が薄れてきており、キャリアアップや、働きやすさを求めた労働者が中途採用市場に増えているのが現状です。総務省の労働力調査を見ても、2011年以降転職者数は増加し続けていることがわかります。(出典:「労働力調査(詳細集計)平成30年(2018年)平均(速報) 」https://www.stat.go.jp/data/roudou/rireki/nen/dt/pdf/2018.pdf)

中途採用が注目されている背景2.変化の激しい社会

デジタル化やIT、人工知能(AI)などによる技術革新によって、社会の変化が激しくなってきていることも、中途採用が注目される要因の1つです。企業は激しい変化に柔軟に対応しなければならないため、即戦力の人材を求める傾向が強まっており、新卒採用よりも中途採用に力を入れる企業が増えています。

中途採用が注目されている背景3.少子高齢化に伴う人材不足

少子高齢化に伴って多くの企業が人材不足に悩んでおり、新卒採用で確保できなかった人員を中途採用で補う動きが活発なのも中途採用市場の現状です。株式会社マイナビが実施した中途採用状況調査では、”6割以上の企業は正社員の不足を感じており、約8割の企業は経験者採用に積極的。”と回答しています。(出典:「中途採用状況調査(2021年版)」https://www.mynavi.jp/news/2021/03/post_30192.html)

これらの理由により、中途採用における採用難が加速することが予想されるため、企業の採用担当者はより戦略的に中途採用の求人活動を進めていく必要があります。

中途採用の求人を成功させるポイント

初めに中途採用の現状について解説してきました。中途採用での求人活動は活発化しており、人材確保のためには戦略的に進めていく必要があることは理解できたかと思います。では、どのように中途採用で求人活動をしていけばいいのか、気になるところですよね。ここでは、中途採用で求人を成功させるポイントを5つ紹介していきます。箇条書きにすると以下の通りです。

  1. 採用計画を決める
  2. 採用ターゲットを明確にする
  3. 最適な求人媒体を選ぶ
  4. 魅力的な求人広告を作成する

次章からは、これらについて1つずつ詳しく解説していきます。中途採用での求人を成功させるためにも、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

中途採用で求人を成功させるポイント1.採用計画を決める

中途採用に関わらず、採用活動をするにあたってまずやることは採用計画を決めることです。まずは最終ゴールを明確にして、そのゴールを達成するにはどんな要素が必要かを考えることで、中途採用の成功まで一直線で行動できます。例えば、中途採用の目的が欠員補充なのであれば、「欠員が出た職種に詳しい人材に向けた求人」「いち早く欠員を埋める採用スピード」などが優先的に行うべき採用活動です。反対に、中途採用の目的が新規事業における人員補強であれば「新しいノウハウを持つ人材に向けた求人」「新規事業までに慎重に選考を進めること」などが優先されますよね。まずは採用計画を固めることで中途採用のゴールを明確にして、中途採用活動の道しるべを作りましょう。

中途採用で求人を成功させるポイント2.採用ターゲットを明確にする

採用計画を決めたら、続いて採用ターゲットを明確にしていきます。採用ターゲットを明確にする事は中途採用での求人のみならず、採用活動全てにおいての基本といえるでしょう。しかしこの採用ターゲットをしっかりと固めないまま中途採用の求人活動を行っている企業も多くあるため、自社ではそのようなことになっていないか注意が必要です。

もし採用ターゲットを明確にしないまま採用活動をすると、効果が薄い求人媒体に求人広告を掲載してしまい費用を無駄にかけてしまったり、数少ない応募なのに本来欲しかった人材とのミスマッチが起こっていたり、本当は欲していない人材を無意識に採用してしまったりと、中途採用の求人活動におけるデメリットが数多くあります。

採用ターゲットを明確にすることで、求人媒体の適切な選定、ターゲットに即した魅力的な求人情報の作成、応募の質と量の改善などにもつながり、結果として求人要件にマッチした中途人材の獲得ができるでしょう。

では、具体的にはどのようにして採用ターゲットを固めていけばいいのでしょうか。具体的には以下の項目についてターゲットを絞っていくと良いでしょう。

  • 年齢層
  • 性別
  • 経験や資格
  • 性格・人柄
  • 雇用形態

これらの項目について、必ず満たしていてほしい「必須条件」と、できれば満たしていてほしい「希望条件」に分けながら書き出していくと、よりターゲットを明確に絞ることができます。さらに、出来上がった採用ターゲットを基にペルソナ(仮の人物)を設定し、生い立ちや転職動機、仕事と生活に対する価値観、家族構成なども考えてみるといいでしょう。ペルソナを設定することで「そのペルソナはきっとこんな媒体をよく見る」「そのペルソナはきっとこんな言葉に魅力を感じる」など、この後紹介する求人媒体選びや、求人原稿の作成の際の参考にもなりますよ。

中途採用で求人を成功させるポイント3.最適な求人媒体を選ぶ

中途採用のターゲットが明確になったら、続いて求人媒体を選びます。ここでは、まず中途採用におすすめの求人媒体を紹介したのち、求人媒体を選ぶポイントを紹介していきます。

最適な求人媒体を選ぶことで、応募数の増加、応募の質の向上だけでなく、無駄な掲載費用をかけずに済むためコストの削減にもなります。ぜひ自社の求人媒体選びの参考にしてくださいね。

中途採用でおすすめの求人媒体

求人媒体は数多くありますが、中途採用でおすすめできる求人媒体は以下の通りです。

  1. 求人情報サイト
  2. 自社採用サイト
  3. 求人検索エンジン
  4. 有料職業紹介
  5. 転職フェア
  6. リファラル採用

中途採用におすすめの求人媒体1.求人情報サイト

求人情報サイトとは、web上でさまざまな求人情報が掲載されているサイトのことです。求人情報サイトの中でも、地域や業種、職種などに限らずさまざまな求人情報を扱っている求人サイトを「総合求人サイト」、転職やバイト、派遣、女性専門求人サイトなど、その分野専門の求人情報を取り扱う求人サイトを「専門求人サイト」と言います。中途採用の求人では、さまざまな職の中から自分に合うものを探している求職者向けに総合求人サイトから求人を募集する方法と、中途採用を専門に職を探している求職者に向けて中途採用専門の求人サイトから求人を募集する方法があります。求人情報サイトの特徴をまとめると以下の通りです。

  • 全国の転職希望者に求人を広告できる
  • 求職者は多くの求人広告を1度に比較できる
  • 検索機能により採用要件にマッチした応募が集まりやすい
  • 求人サイトごとの特徴を把握して利用する必要がある
  • 掲載費用がかかる(約20万円~/月)
  • 求人が多く、他社に埋もれてしまう可能性がある

求人情報サイトは近年で最も一般的な求人広告媒体と言っても良いでしょう。求職者目線でも他の媒体に比べて求人数が多く、全国にあるさまざまな業界、業種の求人情報を1度に見ることができます。また、求職者はサイト内の検索機能を利用して求人を比較するため、採用要件を満たした求職者が集まりやすいこともメリットです。近年求人サイトは増えてきており、それぞれの求人サイトによって特徴が異なるため、自社の採用ターゲットによってさまざまな求人サイトを使い分けるといいでしょう。

デメリットとしては、掲載費用がかかることです。相場としては「月20万円~」となっていますが、数ある求人の中で求職者への露出を増やすためには、さらに費用をかける必要があるでしょう。エリアによっても金額が変わるため費用相場は幅広いです。また、1人も採用できなくても掲載費用がかかってしまうため、費用対効果が計算しにくいこともデメリットです。

中途採用におすすめの求人媒体2.自社採用サイト

自社サイトとは、自社のホームページに求人情報を掲載して中途採用者を募集することです。自社採用サイトは、中途採用者の幅広いニーズに応えることができるため、中途採用を行う上では自社採用サイトの作成をしないに越したことはありません。自社サイトによる中途採用の求人の特徴は以下の通りです。

  • 求職者に信用をアピールできる
  • コストを抑えられる
  • 掲載情報・掲載期間に制限がない
  • 求人検索エンジンとの連携で多くの人に閲覧してもらえる
  • 作成には知識やノウハウが必要

求職者にとって、企業の自社採用サイトの有無はそのまま信用の有無につながると言っても過言ではありません。求職者が気になった企業を検索したとき、採用サイトがないだけで不安を抱かせてしまい、応募の取りやめにつながることもあります。一方で採用サイトがあると、企業の魅力や雰囲気が存分に伝わり、信用につなげることができます。特に中途採用者は、キャリアアップや理想とする働き方を求めて職を探しているため、それらの細かい情報や雰囲気を伝えるためにも、自社サイトを作ることは不可欠と言えるでしょう。

他にも自社サイトのメリットとして、求人サイトは掲載費用がかかるのに対し、自社サイトでは比較的コストを抑えられることが挙げられます。また、求人情報サイトとは異なり掲載情報に制限がないため求人情報を豊富に掲載でき、自社の魅力や会社の雰囲気など細かい事までサイトから伝えることができるので、応募後のミスマッチが比較的起こりにくいことが特徴です。次で紹介する求人検索エンジンと連携することで、多くの求職者にリーチすることも可能になります。

その一方で、ホームページの作成にはウェブの知識やノウハウ、手間が必要になります。これらの知識がない場合は、自社採用サイトのプロに外注するといいでしょう。

中途採用におすすめの求人媒体3.求人検索エンジン

求人検索エンジンとは、採用ページや求人サイトから求人情報を集めて掲載しているサイトで、一言で言うと「求人版のGoogle」のようなサービスです。代表的なものとして「Indeed」や「Googleしごと検索」などがあります。中途採用の求人のみならず、さまざまな求人が掲載されていることから、こちらも広く一般的な求人媒体と言えます。求人検索エンジンの特徴は以下の通りです。

  • 求職者は多くの求人広告を1度に比較できる
  • 採用要件にマッチした応募が集まりやすい
  • 採用サイトのアクセスアップを見込める
  • 無料で掲載が可能なクリック課金型
  • 他社の求人に埋もれる可能性がある

求人情報サイトと同様に、求職者は条件を絞って検索して一度に比較できるので、求職者にとって使いやすく、企業にとっては要件にマッチした募集が集まりやすいことが特徴です。また、先ほど紹介した自社採用サイトと求人検索エンジンを連携することで、求人検索エンジンで自社採用サイトが表示されるようになり、アクセスアップが期待できます。

また、無料で求人広告を掲載でき、求人をクリックした数に応じて費用が発生するクリック型課金なので、成果に合ったコストをかけることができます。ただ、掲載求人数が多く、他社の求人に埋もれてしまう可能性があるため、露出を増やすとなるとやはり課金が必要になります。

中途採用におすすめの求人媒体4.有料職業紹介

有料職業紹介とは、エージェントに人材を紹介してもらう採用方法です。企業の求人依頼から要望に合った人材を紹介するサービスで、「人材紹介」「転職エージェント」などとも言います。即戦力人材が多く、転職市場に出ていない優秀な人材をヘッドハンティングしてくれる「スカウト型」の職業紹介もあることから、中途採用においておすすめできる求人媒体です。有料職業紹介の特徴は以下の通りです。

  • 成果報酬型でリスクが低い(採用につき、採用者の年収の30%の手数料)
  • 採用までの日数・工数を抑えられる
  • 非公開での求人も可能
  • 専門性の高い人材の確保に適する

人材紹介は成果報酬型の料金体系であるため、初期費用をかけずに始めることができます。手数料は、採用した人材が受け取る予定の年収の約30%程度が相場です。求人票を作成次第応募者の推薦が可能で、面接の日程調整や合否連絡などの業務も代行してくれるので、急な欠員が出た場合の中途採用にも迅速かつ手軽に補填できるのが特徴です。また、エージェントから、欲しい能力や経験を持った人材を紹介してくれるため、専門性の高い人材を確保できることも中途採用の求人で利用するメリットです。

中途採用におすすめの求人媒体5.転職フェア(企業説明会)

大手求人情報サイトの運営企業などが開催する転職フェアなどでブースをセッティングし、自社の魅力を伝えます。中途採用の求人においては、これまで紹介した求人方法とは異なり対面でのコミュニケーションが可能なため、他とは違ったアプローチができます。企業説明会の具体的な特徴は以下の通りです。

  • 求職者の意欲が高い
  • 対面で自社の魅力を伝えられる
  • 顔が見えるので求職者は安心できる
  • 準備が必要
  • プレゼン能力が鍵になる

転職フェアには、会場にわざわざ足を運ぶほど本気で転職を考えている求職者が多いことがメリットです。また、自社の魅力を対面で伝えることができるため応募率が高く、応募者とのミスマッチも少ない求人方法です。求職者側も、対面でコミュニケーションを取ることができるため、転職者が気になる「やりがい」や「人間関係」などの細かい情報を質問できるため安心につながります。

一方で、企業説明の資料やプレゼンの練習、ブース設置などの準備には時間がかかってしまうのがデメリットです。また、プレゼンの出来によって応募数が左右されるため練習が必要になります。対面で話せることが企業説明会のメリットなので、社員1人1人の体験談などを用意しておくといいでしょう。

中途採用におすすめの求人媒体6.リファラル採用

リファラル採用とは、自社の社員や知人などから直接人材を紹介してもらう採用方法です。中途採用競争が激化する中で、転職市場に出ていない転職潜在層をターゲットにできるため、効果的な中途採用方法として近年注目されています。リファラル採用の特徴は以下の通りです。

  • 転職潜在層をターゲットにできる
  • よく知る人物の紹介なので信用できる
  • 採用コストが抑えられる
  • 人間関係に配慮が必要になることも
  • 社員の理解が必要

メリットとしては、自社をよく知る人物から人材を紹介してもらえるため、お互いのことを理解しており、ミスマッチが少なく済むことです。また、求職者の細かい能力を事前に把握することができるため、専門的な能力が必要な場合や、管理職などの能力の高い人材を獲得する場合など、中途採用に適した採用方法です。掲載料や、成果報酬などを外部に支払うこともないため、採用コストを抑えることもできます。

一方で、不採用にした場合の当人との気まずさであったり、入社後に知人同士がグループになってほかの社員との連携が悪化してしまったり、人間関係への配慮が必要になることもあります。また、現在自社が求めているスキルや能力を社員に逐一把握してもらう必要があるため、社員の理解と協力が鍵になる採用方法です。

中途採用の求人媒体を選ぶポイント

さて、中途採用の求人におすすめできる6つの求人媒体について紹介しましたが、これらの求人広告をどのように選べば良いのか、気になるところですよね。ここからは求人媒体選びのポイントを解説していきます。状況別におすすめの求人媒体も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

求人媒体選びのポイントは主に以下の4点です。

  1. どのような人材を求めているか(採用ターゲット)
  2. 職種・雇用形態はどうか
  3. 費用はどのくらいかけられるか
  4. 時間はどれくらいかけられるか

求人媒体選びのポイント1.どのような人材を求めているか

先ほど固めてた採用ターゲットを基にして求人媒体を選ぶのが最も重要です。例えば、比較的若年層にリーチしたいのであれば求人情報サイトなどのweb媒体を、高齢層のリーチしたいのであれば、コネクションからアプローチできるリファラル採用などを中心に求人活動を行うなど、採用ターゲットに合わせた戦略を取れますよね。他にも、「即戦力人材が欲しいのであれば転職専門の求人サイトや有料職業紹介など、即戦力に強い媒体を利用する。」「将来性や人柄で採用したい場合は、対面でコミュニケーションが取れる転職フェアやリファラル採用を利用する。」など、まずは求める人材によって、求人媒体を検討してみましょう。

求人媒体選びのポイント2.職種・雇用形態はどうか

雇用形態も、求人媒体を絞るポイントです。特に求人情報サイトは「エンジニア専門求人サイト」や「医療・福祉求人サイト」など、それぞれに専門の求人サイトが存在します。また、総合求人サイトでも「派遣に強い」「女性採用に強い」「営業職に強い」など、それぞれの総合求人サイトに強みや特色があります。数多くの求人情報サイトから数個に絞るためにも、それぞれの求人情報サイトの特色を理解する必要があるでしょう。

求人媒体選びのポイント3.費用はどのくらいかけられるか

中途採用の求人にかけられる費用も考える必要があります。あまり費用をかけられない場合は、自社採用サイトやリファラル採用などのコストが抑えられる求人媒体を選びましょう。また、費用対効果がわかりやすく予算が立てやすい成果報酬型の求人媒体もおすすめです。その場合は人材紹介や、求人検索エンジンなどの媒体を利用するといいでしょう。また、費用を抑えながら採用活動を効率よく成功させるポイントとしては、採用のプロに求人を外注してしまう方法もあります。独自のノウハウを所持しているため、効率のいい運用で最大限の効果を発揮してくれるでしょう。コストパフォーマンスを高めたい場合には外注化もおすすめですよ。

求人媒体選びのポイント4.時間はどれくらいかけられるか

採用までにどれくらいの時間をかけられるかも、求人媒体を選ぶのに重要な要素です。例えば、急ぎで欠員補充をしたいのに0から作成していては時間がかかってしまいますよね。そのような、急ぎで欠員を補充する場合には、すぐに結果が出やすい人材紹介や求人サイトなどを利用すると良いでしょう。反対に、時間をかけて慎重に見極めたい場合には、応募者の質を高めるため自社採用サイトを作成して自社のことをより詳しく知ってもらったり、転職フェアなどの対面コミュニケーションで応募者の不安を払拭しつつ、理解を深めてもらうなどの選択肢があります。

中途採用で求人を成功させるポイント4.魅力的な求人を作成する

さて、求人媒体が決定したら、あとは魅力的な求人を作成し、中途採用の応募を集めていきましょう。利用する求人媒体によって、求職者へのアピール方法は異なりますが、中途採用市場が活発な現代において、魅力的な求人の作成は他社の求人広告との差別化になります。魅力的な求人を作成するために重要なことは「自社をよく知る」ことです。まずは自社をよく分析し、自社の魅力や欠点などをできるだけ多く洗い出してみると良いでしょう。その上で、それぞれの求人媒体に合った形に作成していきます。

例えば、求人情報サイトの場合は、魅力的なタイトル、具体的な職務内容や会社の強みなどをサイトのフォーマットに沿って作成していきます。自社採用サイトの場合は自由にアピールできるため、自社の雰囲気が伝わる動画や、働く社員の声などの細かい情報まで乗せることができます。有料職業紹介の場合は担当者が求人作成をフォローしてくれますが、担当者に自社の魅力をしっかりと伝えなければ、求職者にも伝わりません。

どの媒体で求人をするにしても、まずは自社をよく分析して、魅力的な求人の作成に生かしましょう。

中途採用での求人がうまくいかないなら京栄くんがおすすめ!

ここまで、中途採用市場の現状や、中途採用の求人を成功させるポイントを詳しく紹介してきました。中途採用は競争が激化していて、求人を成功させるには戦略が必要ということは理解できたかと思います。ここまで読んで、「中途採用を成功させるのは難しそう」「ノウハウがないし、なかなか応募が取れない」といった採用担当の方も多いのではないでしょうか。

そこで、採用活動におけるコスト削減工数カット効果最大化ができる「京栄くん」をおすすめします。京栄くんは初期費用無料で採用サイトを構築してくれ、独自のノウハウであらゆる募集活動の効率化業務を代行してくれるサービスです。

採用サイトを無料で構築してくれる完全成果報酬型サービス「京栄くん」のお問い合わせは下記のボタンからできます。リスクがほぼないのでぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。