無料で掲載できる求人サイト5選

Pocket

人を採用するのにはお金がかかります。しかし、本来求人業務というものは本業に関係ないことです。
なかなか求人にコストをかけられない、できるだけ費用を抑えたいと考えている企業は多いのではないでしょうか。
ここでは、求人にかかる費用を抑えるために、無料で掲載できる求人サイトを厳選して紹介します。

無料で掲載できる求人サイト5選

現在、ネット上には多くの求人サイトがあります。
マイナビやリクナビといった大手の求人サイトは掲載料金を払って掲載してもらわなければなりません。
しかし、無料で掲載できる求人サイトも多くあります。ただ、いくら無料で掲載できても、求職者の目に留まらなければ応募につながらないので意味がありません。逆に言えば、求職者が仕事を探すときに思い浮かぶような求人サイトであれば、たとえ無料であっても応募に結びつけることができます。

1,ハローワークインターネットサービス

「職探し」と言うとまず思い浮かぶのはハローワークではないでしょうか。
ハローワークは、失業保険をもらっている人は必ず行く場所でもあり、知名度は抜群です。
また、ハローワークで失業保険をもらうには、求職活動を行うことが義務ですので、そういった人が必ず使うサービスでもあります。ハローワークのサービスは、公共ですので利用料は無料です。
ただ、ハローワークは掲載に関して料金はかかりませんが、利用するときには必ずハローワークに行って手続きをする必要があります。実際の求職者とのやりとりも、すべてハローワークを間に挟んで行うことになります。お金がかからないぶん事務作業が増えるという面はあるかもしれません。
>>ハローワークについて詳しく見る

2,Indeed

最近、印象的なメロディーとともにCMなどでよく見かけるIndeedですが、どのようなサービスかご存知でしょうか。
Indeedは、正確に言うと採用版のGoogleで、採用活動に関する情報のみを集めた検索エンジンです。月間3,000万以上のアクセスのある、日本一の求人サイトでもあります。
Indeedには、アカウントを作って求人情報を入力すれば、無料ですぐに掲載することができます。ただ、無料だと多くの求人情報に埋もれてしまいがちになるので、よりアピールしたいという場合には、有料の広告枠が用意されています。
>>Indeedについて詳しく見る

3,ジモティー

ジモティーは、「生活の中で生まれる問題を地域の人同士で補い合える仕組みをつくること」を理念として作られた生活情報サイトです。
利用料や掲載料は一切無料です。
不要となったものを必要としている人に譲ることのできるフリマサイトのようなサイトが有名ですが、そのほかにも教室やお店を宣伝したり、地域のお祭りなどの情報を掲載することができます。
そんなジモティーの中に、求人情報を掲載できる求人サイトのページがあります。
「譲ります」などのページの利用者が多く、地域別になっているので、地元で働きたいという人に特にアピールすることができます。
>>ジモティーについて詳しく見る

4,げんきワーク

げんきワークは、官公庁から中小企業まで1万社以上の企業が利用している求人サイトです。
最初は面倒な利用登録も必要なく、求人に関する情報を入力するだけで、無料で手軽に求人広告を掲載することができます。
また、その後の求人情報を修正したり削除したりといった作業も簡単に行うことができます。
>>げんきワークについて詳しく見る

5,求人ボックス

求人ボックスは、価格.comや食べログなどで有名なカカクコムが運営している求人サイトです。
正確に言うと、Indeedと同じような求人に関する検索エンジンのサービスですので、自社の採用サイトや他の求人サイトに掲載した求人情報を自動で収集して掲載してくれます。
また、これもIndeedと同じように、無料で自社の求人情報を直接投稿することもできます。
月間利用者数が500万人を越えた、今注目の求人サイトです。
>>求人ボックスについて詳しく見る

無料で掲載できる求人サイトを使うコツ

無料で掲載できる求人サイトのメリットは、なんといってもコストがかからないことです。無料で掲載できるので、料金を気にせずに長期間掲載することができます。また、複数の求人サイトに掲載すれば、求職者が目にする可能性も高くなります。

無料で掲載できる求人サイトのデメリットは、求人数が多いので他の求人情報に埋もれてしまいがちなことです。
デザインも他の求人情報と同じになるので、自社のオリジナリティは出しにくくなります。
掲載する文章や写真はすべて自社で準備しなければなりません。
また、無料であるために求職者からの反応がないとついそのまま放置しがちになるのもデメリットです。

無料の求人サイトを使うときのコツは、他の求人情報に埋もれてしまわないように、自社ならではの強みや、求職者が欲しいと思っている情報をしっかりとアピールすることです。
また、古い情報がずっと残ったままだと会社に対するイメージも悪くなってしまいます。常に最新の情報を求職者に伝えられるよう、こまめに管理するようにしましょう。

無料で掲載しても結果が出ないことも

メリットが多いように見える無料の求人サイトの掲載ですが、実際は無料だと採用に結びつかないことも多くなります。
また、無料で掲載できるサイトも、他の求人と差別化して効果的に求人するには有料オプションの利用が必要となってしまいます。そのため、せっかく無料で掲載したのに、採用するまでの間に結局費用がかかってしまうことも少なくありません。しかも、費用をかけたからといって必ず採用できるわけではないのが実際のところです。

そこでおすすめさせていただきたいのが京栄くんです。
京栄くんは、初期費用・運用費・集客コストが無料となっており、求職者からの応募があったときに料金が発生します。
京栄くんは、ただサイト上で求人するだけではありません。無料で採用サイトを制作し、独自ドメイン設定や応募者の分析などさまざまな機能も無料で利用でき、採用コストを大きく削減できます。また、集客施策もサポートするため、自社に適した人材からの応募が期待できます。応募してはじめて料金が発生する成果報酬型ですので、無駄な費用を省く事もできます。採用のWIN-WINとなるサービス、京栄くん。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問合せ