「はたらこねっと」を徹底解説!利用に向いてる企業と向いてない企業の違いとは?

はたらこねっととは
Pocket

「どの求人サイトで採用活動をしようか迷っている」「はたらこねっとって聞いたことがあるけど、求人掲載するときのメリットやデメリットが知りたい」という企業の採用担当者の方も多いのではないでしょうか。

はたらこねっとは豊富な求人広告数と便利なユーザー機能を持つ求人サイトです。レビCMでの「はたらこねっと♪」のフレーズがおなじみですよね。

この記事では、はたらこねっとにおける採用活動について以下の内容で徹底的に解説しています。

  • はたらこねっととは?基本的な情報とはたらこねっとの特徴
  • はたらこねっとのユーザー目線でのメリット・デメリット
  • はたらこねっとの掲載する企業目線でのメリット・デメリット
  • はたらこねっとでの採用活動に向いている企業と向いていない企業の違い

この記事を読むことで、はたらこねっとについて詳しくなり、自社の採用活動の大きな飛躍につながるかもしれません。ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

Contents
  1. はたらこねっととは
  2. はたらこねっとの3つの特徴
  3. はたらこねっとを使うユーザーのメリット
  4. はたらこねっとを使うユーザーのデメリット
  5. はたらこねっとを使ってユーザーが就業するまでの流れ
  6. はたらこねっとに求人情報を掲載するメリット
  7. はたらこねっとに求人情報を掲載するデメリット
  8. はたらこねっとへの求人広告掲載が向いている企業・向いていない企業
  9. 京栄くんは成果報酬型で初期費用もかからない!

はたらこねっととは

はたらこねっととは

はたらこねっとをご存知でしょうか。今回ははたらこねっとについて解説致します。

『はたらこねっと』とは、ディップ株式会社が運営する社員・派遣・パートの総合求人サイトです。ディップ株式会社ははたらこねっとの他に『バイトル』なども運営していますが、はたらこねっとは「自分らしくはたらく」をモットーに、正社員、契約社員、パート、アルバイト、バイト、紹介予定派遣など幅広い雇用形態を掲載しています。業界最大級の案件数を誇るはたらこねっとは、「はたらこねっと♪」というフレーズのテレビCMもなじみがあり、知名度の高い求人サイトです。

はたらこねっとの3つの特徴

はたらこねっとの特徴

まずははたらこねっとの特徴を知りましょう。

はたらこねっとは幅広い雇用形態に対応した総合求人サイトということはお分かりいただけたかと思います。続いて、ははたらこねっとの特徴を見ていきましょう。他の求人ポータルサイトと比較すると、はたらこねっとには以下の特徴があります。

  1. はたらこねっとは業界最大級の案件数
  2. はたらこねっとはユーザーが使いやすい
  3. はたらこねっとはユーザー層が幅広い

では、具体的に解説していきます。

特徴1.はたらこねっとは案件数が業界最大級

先ほども少し紹介しましたが、はたらこねっとは業界最大の案件数が特徴です。具体的な数字を挙げると、12万件以上の派遣求人情報と、3万件以上の正社員・契約社員・パート・アルバイト求人情報をはたらこねっとは扱っています(2021年7月時点)。掲載課金型求人情報サイトとしては業界最大級の案件数を誇り、多くの企業がはたらこねっとに求人情報を掲載しています。ユーザーからの評価・企業からの評価がともに高いことの現れでしょう。

特徴2.はたらこねっとはユーザーが使いやすい

とにかくユーザーが使いやすいのがはたらこねっとの特徴で、ユーザーからの評判も高いようです。はたらこねっとには気になる企業に匿名でPRができる「キニナル機能」や、勤務先の年齢層や男女比仕事の仕方、職場の様子などが表されており、働く職場のイメージがつきやすくなる「ねこバロメーター」、企業からのお誘いが来る「スカウトメール」、検索条件ごとの平均時給や平均月収がわかる機能など、ユーザーニーズの高い機能が数多くあります。はたらこねっとのサイトページは初心者でも使いやすく、スマートフォン向けアプリもあることから、「知名度もあって使いやすいし、はたらこねっとにはとりあえず登録しておこう」というユーザーも多いようです。

特徴3.はたらこねっとはユーザー層が幅広い

はたらこねっとは案件数が多く、幅広い雇用形態の求人情報が掲載されていることから、ユーザーからも「求人情報を一気に検索できる」として、高い人気を誇ります。そのため、はたらこねっとのユーザー層は幅広く、20代~50代まで満遍ない年齢層が会員登録をしています。幅広い年齢層に求人情報を見てほしいという場合、はたらこねっとを使えば比較的容易にかなえることができるでしょう。

はたらこねっとを使うユーザーのメリット

はたらこねっとのユーザーのメリット

はたらこねっとのユーザーのメリットを知ることが効果を上げることに繋がります。

ここまでの解説で、はたらこねっとの特徴は理解できたかと思います。ただ、ユーザーはどのような意図ではたらこねっとを利用するのか気になるところですよね。では、はたらこねっとを使うユーザーはどのような点にメリットを感じているのでしょうか。今回は以下の6つを上げてみました。

  1. 求人情報を一気に比較できる
  2. 希望条件を細かく絞り込んで検索できる
  3. 職場のイメージが付きやすい
  4. 受け身でも仕事が見つかることも
  5. 自分に合う最新の求人情報をメールで受け取れる
  6. 求人数が多く、自分に合った仕事が見つかる

順番に1つずつ詳しく解説していくので、確認していきましょう。

ユーザー側のメリット1.求人情報を一気に比較できる

はたらこねっと以外の求人情報サイトにも当てはまりますが、はたらこねっとを利用するユーザーのメリットとして求人情報を一気に比較できることが挙げられます。はたらこねっとは業界最大級の案件数を誇るほど求人数が多いため、比較対象も多く、ユーザーにとっては大きなメリットと言えるでしょう。あなたが採用担当者であれば、求人情報を掲載するときは比較されることを念頭に置いて作成するといいかもしれませんね。

ユーザー側のメリット2.希望条件を細かく絞り込んで検索できる

はたらこねっとの特徴として先ほど「ユーザーが使いやすい」と挙げましたが、その中の1つに検索条件を細かく設定できることがあります。「未経験OK」や「残業なし」など50以上の項目から条件を選択できるため、ユーザーはストレスを感じずに利用できます。検索方法も多岐にわたり、「一発検索」「こだわり検索」「フリーワード検索」と、ユーザーは希望に合った検索方法で簡単に仕事を探すことができるのです。

ユーザー側のメリット3.職場のイメージが付きやすい

はたらこねっとには「ねこバロメーター」という、職場の情報がバロメーターで表示される機能があります。勤務先の年齢層や男女比仕事の仕方、職場の様子などが一目でわかるため、職場のイメージがつかみやすく、ユーザーは安心して求人に応募できます。就業してから「思っていたのと違った」というミスマッチを防ぐことができるため、企業にとっても1つのメリットと言えるでしょう。

ユーザー側のメリット4.自分に合う最新の求人情報をメールで受け取れる

はたらこねっとには「JOBアラート」という自分に合う最新の求人情報をメールで受け取れる機能があります。希望の条件を設定しておくだけで自分に合った求人がメールで自動的に送られてくるため、ユーザーは最小限の手間で仕事探しを済ませることができます。

ユーザー側のメリット5.受け身でも仕事が見つかることも

はたらこねっとには、ユーザー側が受け身でも仕事が見つかる「スカウトメール」という便利な機能があります。ユーザー側が必要事項を入力して待つだけで企業からオファーが来るため、「本格的に仕事を探してるわけじゃないけど、とりあえず入力して待って、良い企業からのお誘いが来たら考えよう」といった使い方もはたらこねっとなら可能です。

ユーザー側のメリット6.求人数が多く、自分に合った仕事が見つかる

はたらこねっとは業界最大の案件数を誇るため、条件を細かく絞り込んでも求人を見つけことができるのが最大のメリットです。ユーザー側は条件を妥協せずはたらこねっとから応募することができるため、就業後の企業とのミスマッチも少なく、双方ともにメリットを感じることができるでしょう。

はたらこねっとを使うユーザーのデメリット

はたらこねっとのユーザーのデメリット

はたらこねっとを利用するユーザーのデメリットも押さえておきましょう。

メリットがある一方で、はたらこねっとを利用するユーザーが感じるデメリットもあるようです。今回は以下の2つを解説していきます。

  1. 応募しても募集が終了していることがある
  2. メールが多すぎる

ユーザー側のデメリットを理解しておくことで、ユーザー側からの不満を事前に排除できます。ぜひはたらこねっとに求人を掲載する際の参考にしてください。

ユーザー側のデメリット1.応募しても募集が終了していることがある

はたらこねっとのユーザーが感じるデメリットとして、掲載されている求人に応募しても既に募集が終了していることがあるようです。企業に悪い印象をつけないため、そしてユーザー側の不満を避けるためにも、応募が終了したらはたらこねっとの掲載情報をすぐに変更するなどの対応をお勧めします。はたらこねっとでは24時間365日掲載情報の編集が可能なので、募集終了時にすぐ対応しましょう。

ユーザー側のデメリット2.メールが多すぎる

はたらこねっとのユーザーが感じるデメリットとして、メールが多すぎることも挙げられるようです。「仕事が決まった後もメールが送られてきて迷惑」「そもそものメールの量が多すぎる」などと感じるようです。最新の求人情報を受け取れる「JOBアラート」や、企業からのお誘いが来る「スカウトメール」は配信停止設定ができるためユーザー側でも解決が可能ですが、むやみやたらとスカウトメールを送るなどの行為は避けた方がいいでしょう。

はたらこねっとを使ってユーザーが就業するまでの流れ

はたらこねっとユーザーが就業するまで

はたらこねっとのユーザーが実際に就業するまでの流れを知っておきましょう。

ここまで、はたらこねっとを利用するユーザー目線のメリット・デメリットを紹介してきました。求人情報が豊富で使いやすい機能が多くある一方で、既に募集が終了している求人があったり、メールが多すぎて迷惑だったりすることがわかったかと思います。

ではここからは、そんなはたらこねっとのユーザーが実際に就業にたどり着くまでのステップを簡単に紹介します。具体的には以下の4ステップです。

  1. 自分に合った求人を検索
  2. 気になる求人に応募(会員登録)
  3. 面接などを経て採用
  4. お仕事スタート

STEP1.自分に合った求人を探す

まずユーザーは自分に合った求人を探します。はたらこねっとから職種やエリアなどの条件を絞って検索をかけたり、自己PRを記入し企業からのスカウトメールを待ったりして求人情報を集め、比較し、応募する仕事を吟味することから始めます。

STEP2.気になる求人に応募(会員登録)

続いて、自分に合った求人から気になるものに応募していきます。この段階ではたらこねっとの会員登録も同時に行うことができ、会員登録をすることで次回からの個人情報の入力を省くことが可能です。

STEP3.面接などを経て採用

はたらこねっとから応募した企業とユーザーがやりとりをし、採用不採用が決まります。派遣会社の場合は派遣会社への登録後、希望に合った仕事を紹介してもらいます。

STEP4.お仕事スタート

実際に就業し、お仕事がスタートします。

以上がはたらこねっとを用いて就業するまでの流れです。

ここまでは、ユーザー目線でのはたらこねっとについて解説してきました。はたらこねっとについての理解が深まったのではないでしょうか。では、ここからは求人を募集する企業目線ではたらこねっとについて紹介していきます。自社の状況や欲しい人材を考えながら、はたらこねっとが利用に値するか検討してみてください。

はたらこねっとに求人情報を掲載するメリット

はたらこねっとに求人掲載するメリット

はたらこねっとに求人を掲載するメリットを確認しましょう!

まずは、はたらこねっとに求人を掲載するメリットとして以下の5つを紹介していきます。

  1. 幅広いユーザーへ訴求できる
  2. 応募者の7割が即戦力人材
  3. いつでも掲載開始・編集できる
  4. すべての雇用形態に対応
  5. アクセスレポートの確認が可能

これらのメリットを確実に理解し、はたらこねっとを利用するか否かの判断や、はたらこねっとを利用する際の採用活動にぜひ生かしてください。

はたらこねっとに掲載するメリット1.はたらこねっとは幅広いユーザーへ訴求できる

業界最大級の案件数、初めてでも使いやすいユーザー機能はもちろん、おなじみのテレビCMなどさまざまなプロモーションにより幅広いユーザーがはたらこねっとに登録しています。また、会員登録しなくても使い勝手がいいため、他の求人ポータルサイトと比べてもはたらこねっとは間口が広いのが特徴です。そのため、はたらこねっとに求人募集を掲載することで、より多くの求職者に訴求できます。顕在的な求職者はもちろん、「機会があれば転職しようかな」などと考えている潜在的な求職者にまで企業の魅力を届けることができ、採用活動の加速が期待できるでしょう。

はたらこねっとに掲載するメリット2.はたらこねっとは応募者の7割が即戦力人材

はたらこねっとの応募者には即戦力人材が多いのが特徴です。というのも、はたらこねっとでは「応募者の約7割が実務経験アリ」というデータがあります(出典:https://www.hatarako.net/info/salescontact/)。少しデータは古くなっておりますが、即戦力人材がほしいという場合にははたらこねっとの利用を検討するといいでしょう。

はたらこねっとに掲載するメリット3. はたらこねっとはいつでも掲載開始・編集できる

はたらこねっとには掲載開始曜日や開始時間の制限がありません。求人サイトの中には、掲載できる曜日などが限られているものもありますが、はたらこねっとでは原稿を作成したらいつでも掲載開始できます。また、求人情報は24時間365日書き換えが可能で、1時間ごとに更新されます。雇用形態の変更や掲載原稿の充実などを容易に行うことができるのでタイムラグが少なく、非常に便利です。

はたらこねっとに掲載するメリット4. はたらこねっとはすべての雇用形態に対応

はたらこねっとでは派遣をはじめ、正社員・契約社員・パート・アルバイトと、全ての雇用形態の求人掲載が可能です。そのため、雇用形態にこだわらずに仕事を探しているユーザーに訴求できるとともに、雇用形態ごとに求人サイトを変える必要がないため、複数の雇用形態の募集をかけたい場合もはたらこねっとが便利です。

はたらこねっとに掲載するメリット5. はたらこねはアクセスレポートを確認できる

はたらこねっとでは求人ページへのアクセスレポートを見ることができます。案件ごとにアクセス数や応募数の確認ができ、アクセスレポートを基にして、より応募数を増やすための改善が可能です。運用する上で数字の管理ができることは大きなメリットと言えるでしょう。

はたらこねっとに求人情報を掲載するデメリット

はたらこねっとに掲載する際のデメリット

はたらこねっとを利用する際のデメリットについても知っておきましょう!

はたらこねっとに求人を掲載することに多くのメリットがある一方で、もちろんデメリットもあります。デメリットまで確実に把握し、はたらこねっとを採用に役立てましょう。

  1. 掲載課金型の求人サイトである
  2. ある程度の費用をかけないと集客ができないことも
  3. 自社で原稿作成やアクセス分析をする必要がある

これら3つについて詳しく紹介していきます。

はたらこねっとに掲載するデメリット1.掲載課金型の求人サイトである

はたらこねっとは掲載課金型の求人サイトです。求人広告には掲載課金型と成果報酬型が存在します。これら2つの違いは以下の通りです。

  • 掲載課金型・・・求人広告を掲載するだけで料金が発生。大手求人サイトのほとんどはこの形式。
  • 成果報酬型・・・応募や採用が決まると料金が発生。コスパがわかりやすく、失敗のリスクも少ない。

はたらこねっとは掲載課金型の求人サイトなので、求人広告を掲載するだけで料金が発生します。成果報酬型と比べると何人採用しても料金が変わらないことがメリットですが、裏を返せば1人も採用できなくても料金を払い続けなければなりません。また、はたらこねっとはエリアやプランによって料金が異なるため、都心に近かったり、ユーザーへさらなる露出を求めたりすると、費用は着々とかかってしまいます。コストパフォーマンスが計算しにくく、予算が立てにくいのも掲載課金型サービスのデメリットです。

はたらこねっとに掲載するデメリット2.ある程度の費用をかけないと集客ができないことも

はたらこねっとに求人広告を掲載する際には複数のプランがあり、当然費用を多くかければかけるほど多くのユーザーにリーチできるでしょう。しかし、例えば大手のライバル会社が費用をかけて求人広告を掲載している中で、自社の掲載プランが安価なものであると、掲載した求人は埋もれてしまう可能性があります。プランを変更してより費用をかけるか、埋もれている求人広告に費用をかけ続けることになり、これも掲載課金型のデメリットの1つです。ちなみに、はたらこねっとへの求人広告を掲載する際の相場は、首都圏エリアで「1枠3.5万円~/週」となっています。プランや地域によって異なりますので実際には多めの予算を考えておく必要がありますが、参考にしてみてください。

はたらこねっとに掲載するデメリット3.自社で原稿作成やアクセス分析をする必要がある

はたらこねっとに求人広告を掲載する場合、原稿の作成やアクセス分析を自社でやらなければなりません。採用に関するノウハウを持っている企業であれば問題はありませんが、自社にノウハウがない場合は手探りで掲載を開始することになってしまいます。掲載課金型のはたらこねっとに手探りで求人をかけるとなると、結果が出るまで費用を払い続けることになり、コストパフォーマンスがどうしても悪くなってしまいます。

はたらこねっとへの求人広告掲載が向いている企業・向いていない企業

はたらこねっとに掲載をおすすめする企業

自社がはたらこねっとへの掲載に向いているか把握しましょう!

はたらこねっとに求人広告を掲載するメリット・デメリットを紹介してきました。はたらこねっとは幅広いユーザーに訴求できるというメリットを持つ一方で、掲載課金型であるというデメリットも抱えています。では、これらのメリットとデメリットを踏まえた上で、はたらこねっとへの求人広告掲載が向いている企業と向いていない企業を紹介していきます。

はたらこねっとへの掲載が向いている企業

はたらこねっとのメリットとして幅広いユーザー層に訴求できること、はたらこねっとのデメリットとして掲載課金型の求人サイトであることを紹介しました。掲載課金型とは、求人広告を掲載するだけで料金が発生することです。これらを踏まえると、はたらこねっとへの掲載が向いている企業は下記のとおりです。

  • 費用をかけてとにかく大人数を採用したい企業
  • 採用ノウハウが十分にたまっている企業

掲載課金型の求人は、何人採用しても料金が変わらないというメリットがあるので、幅広いユーザーに訴求し、多くの人材を集めたい企業にははたらこねっとがおすすめです。また、採用ノウハウが十分にたまっており、掲載課金型の方が成果報酬型よりも確実に費用対効果が良いと言える企業は、はたらこねっとを利用するといいでしょう。

はたらこねっとへの掲載が向いていない企業

はたらこねっとへの求人掲載が向いている企業がある一方で、向いていない企業ももちろんあります。これまで紹介したはたらこねっとの特徴を元に考えると、向いていない企業は以下の通りです。

  • まずは少人数から費用をかけずに採用したい企業
  • 自社に採用ノウハウが十分にない企業

基本的には先ほど紹介したはたらこねっとに向いている企業の逆になります。はたらこねっとは掲載課金型の求人サイトですので、何人採用しても料金が変わらず、採用人数が0人でも料金を払わなければなりません。そのため、少人数の募集や費用をかけない募集をしたい企業には向いていないと言えるでしょう。また、はたらこねっとは原稿やアクセス分析を自社でやらなければならないため、自社にノウハウがたまっていない場合ははたらこねっとへの掲載はおすすめできません。

京栄くんは成果報酬型で初期費用もかからない!

京栄くんなら

京栄くんは掲載課金ではなく応募課金でコスパが良いです。

ここまで、はたらこねっとについて徹底的に解説してきました。はたらこねっとへの掲載が向いている企業と向いていない企業の違いは理解できましたでしょうか?

もし、あなたの企業が「はたらこねっとに向いていない企業」に当てはまるのであれば、「京栄くん」の利用を検討してみてください。求人応募時にのみ料金が発生する完全成果報酬型サービスです。

さらに、「京栄くん」は運営側が先行投資して自社の求人サイトを作ってくれるため、採用ノウハウがない企業でも初期費用・運用費用ともに0円で採用活動を開始できます。「はたらこねっとに向いていない企業」にはピッタリのサービスです。

初期費用・運用費用0円で採用活動を始められる完全成果報酬型サービス「京栄くん」は、下記のボタンから簡単に資料請求ができます。この機会に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

資料請求