最近話題のジョブオプライトって何?特徴やメリット・デメリットをご紹介します

ジョブオプライトとは?
Pocket

最近、企業の人事の方の中で「ジョブオプライト」というサービスが注目されてきています。

さまざまな求人用のサイトがあるので迷ってしまうという方も多いと思いますが、今回は今注目の「ジョブオプライト」について詳しくご紹介していきます。

ジョブオプライトって何?

ジョブオプライトとは?

現在注目のジョブオプライトをご存知でしょうか

ジョブオプライトとは、リクルートグループが運営している無料採用支援ツールです。

ジョブオプライトを使えば、簡単に自社の求人サイトを作ることができるので、求人検索エンジン型のサイトと連携して使うことによって、より多くの人材を獲得することができるのです。その上、すべてが完全無料となっており、人事担当者が気軽に採用活動を始めやすいサイトとなっているため、多くの企業が導入し始めています。

ジョブオプライトのメリット

ジョブオプライトのメリットは?

ジョブオプライトはなぜ多数の企業が愛用しているのでしょうか。

ではここからは、実際に採用活動にジョブオプライトを取り入れるメリットについてご紹介していきます。

完全無料なので採用コストを抑えられる

ジョブオプライトの1番のメリットは何といっても、完全無料という点です。

求人サイトは費用がかかるものが多く、サイトによってはかなり高い費用が必要となる場合がありますが、ジョブオプライトは完全無料で採用コストが抑えられるので、スタートアップの企業でもより気軽に採用活動を行うことができると言われています。

また、無料で使っていて物足りなさを感じる企業様向けに有料プランも用意されており、そちらを選択すればより応募率を高めることができるので、企業の状態に合わせて選べるという点が魅力的だと考えられます、

採用ページを10分で簡単に作れる

ジョブオプライトは、約10分で手軽に自社の採用サイトを作ることができます。採用サイトを自社で作ろうとするとかなり大変ですし、依頼をしても数十万という金額がかかってしまうこともあります。

そのため、実際に使えるまでにかなり時間やお金が必要です。しかし、ジョブオプライトを使えば自社の情報を入力して、テンプレートの中からデザインを選ぶだけで簡単に採用ページを作成することができます。

デザインの種類も80種類とかなり豊富な量が用意されているので、自社のイメージをしっかりと打ち出すことも可能です。

現在、多くの企業が使っているIndeedなどの求人検索エンジン型サイトは、どこかの採用サイトに広告を出しているか、自社で採用サイトを持っていないと詳細を表示することができません。そのため、採用ページが簡単に作れるという点は大きな魅力となっているようです。

インディードに対応している

インディードとは、毎月2億5000万人のアクセスがある求人検索エンジン型サイトになります。完全無料で圧倒的な求人数があるので多くの求職者が利用しており、掲載する方も増えていることでしょう。

ジョブオプライトはインディードに対応しており、掲載を始めた日からインディードにも求人広告が自動的に反映されるようになるので、より多くのアクセスを集めることが可能になるでしょう。

最近では、求人ボックスというインディードの次にアクセスを集めているサイトにも対応しているため、より多くの方に見ていただける設計になっていると言えます。

検索エンジンの上位に表示される

どれだけ素晴らしい求人サイトを作ったとしても、求職者が検索して見つけてもらえなければ目に止まることはありません。多くの求職者に見つけてもらうためには、まずはGoogleやYahoo!Japanで検索をした時に自社のページがより上の方にあることが大切です。

しかし、上位表示させることはとても難しく、プロのコンサルティングなどを入れても資金がかかりますし、大変です。ジョブオプライトでは、採用ページが上位に表示されるようにサイト構造を最適化しており、自社の求人サイトを上位に表示させることができるので、より多くの人に見てもらいやすくなります。

有料プランも充実

ジョブオプライトは基本的に無料で使えるようになっていますが、有料プランも準備されています。有料プランは、「タウンワーク」「ジョブオプライト」「インディード」の有料広告がセットになっており、すべてのサイトで有料広告として上位に表示される設計となっています。

ジョブオプライトで作った広告はインディードに表示させることが多いですが、インディードは掲載広告数がかなり多いため、有料広告を使わないと上位に表示されないという悩みを抱えている方も多いと思います。

この悩みを解決するために作られているのがこの有料プランです。無料プランで不十分だと感じる方はぜひ積極的に有料プランを使ってみることをおすすめします。

ジョブオプライトのデメリット

ジョブオプライトのデメリット

ジョブオプライトは便利なサービスですがデメリットも存在しています。

ジョブオプライトはとても便利なサービスですが、企業によってはあわないところもあります。そのため、しっかりと内容を吟味して行うことをおすすめします。

独自ドメインは使えない

ジョブオプライトの採用ページは、リクルートグループが提供しているサービスの一環となります。

そのため、独自ドメインを使うことはできません。ジョブオプライトで作った求人サイトを使いたい場合、ずっとそのドメインとサイトを利用する他ないので、独自ドメインでやりたいという企業には向かないでしょう。

デザインがテンプレートからしか選べない

ジョブオプライトの採用ページは、80種類のデザインテンプレートと50種類の画像から選ぶ仕様となっています。

これが手軽で人気がある点でもありますが、より凝ったサイトを作りたいという方にとっては、不便に感じる部分にもなります。他社とデザインが被ってしまうことも多いので、オリジナリティを求めている企業は自社で別途用意する方がよいでしょう。

掲載数が多くて埋もれてしまう可能性も高い

ジョブオプライトは自社の求人ページも作成することができますし、インディードに掲載をすることもできるので、人気の高いコンテンツとなっています。

しかし、その分多くの企業が利用するため、求人の掲載数はかなり多くなります。求人数が多いとより多くのユーザーが集まってくれますが、他の企業の求人に埋もれてしまってなかなか自社のサイトに気づいてもらえないということもあります。

有料プランは一定期間のみの掲載

ジョブオプライトは完全無料で使えますが、より効果の高い採用活動を行いたいという企業は有料プランを使っています。有料プランを使えば、サイトの上位に求人情報を掲載することができますが、一定期間のみの掲載となります。

そのため、お金を払って有料プランを選択したとしても、実際に求職者がくるかどうかは分かりません。そのため、誰もこなかったのにお金だけ払ったと感じる企業の方もいるようです。

有料プランを使う時には、どれくらいの期間表示させるのか、しっかり計画を立てて行う必要があるでしょう。

無料で利用できるが高い効果は見込めない

ジョブオプライトは無料でしかも簡単に利用できるのが大きなメリットです。

しかしその分、有料の媒体のような高い効果は見込めませんし、効果を出すにも知識やこまめな運用が必要不可欠です。

そのため採用担当者の負担が大きくなってしまい、簡単に利用できるのが魅力なのに結局仕事や負担が多くなってしまうことがあります。

実際ジョブオプライトを運用している企業も、メインの応募獲得は他のツールを利用し、ジョブオプライトは補助ツールのような使い方をしている場合が非常に多いです。

もし多くの応募獲得を目指しているなら他のサービスを検討するのも一つの策かもしれません。

コスパが良いツールを探している方は「京栄くん」がおすすめ!

全部任せるなら京栄くん

京栄くんは応募課金型のサービスなので無駄な費用がかかりません!

ジョブオプライトが他のサイトと異なる点としては、自社の採用サイトを手軽に作れるというところでしょう。

しかし、無料プランだとなかなか結果が出ないこともありますし、有料にしても結果が出るか分からないのにお金を払うのは負担に感じることと思います。

そのような懸念を持たれている方には、「京栄くん」がおすすめです。京栄くんは運営側が先行投資して自社のサイトを作ってくれ、応募数に応じて報酬を払う仕組みとなっているので、企業側が負担を感じることなく採用活動を行うことができます。

簡単に資料請求ができるのでお問い合わせから1度資料を請求してみてはいかがでしょう。

資料請求