採用ホームページの効果測定と改善の検討

Pocket

御社には採用ホームページはありますか?採用ホームページは、企業ホームページと並び欠かせない存在になってきています。効果の出る採用ホームページや、効果が出ていない場合、効果を感じない場合の改善点など、採用ホームページの効果と改善についてまとめて掲載しています。

採用ホームページの必要性

採用ホームページの必要性

採用ホームページをうまく運用することで応募を集めることができます。

企業ホームページの中で、採用に関して掲載している企業もいますが、採用に特化した採用ホームページを用意する企業が増えてきています。
採用ホームページを用意する理由はもちろん、必要性が高まってきているからです。

応募者は企業ホームページ、採用ホームページから情報収集する傾向が強くなってきています。転職活動者の9割が「企業HP」、7割が「採用HP」から企業情報を収集すると回答したアンケート結果が出ています。

参照)エン転職会員のアンケート

今後も、この傾向は強くなると予想されます。採用ホームページがない企業は、必要性を理解し、作成を検討する時期に来ています。

自社の採用ホームページは効果が出ているのか

自社の採用ホームページは既にある場合、効果は出ているでしょうか。自社の採用ホームページの効果の測り方について、具体的に見直したい点を整理してみていきます。

1、採用ホームページがどれぐらい見られているか

ホームページは作っただけでは、見られることはありません。立派なホームページを作成しても、見られなければ残念ながら作った意味がありません。自社のホームページへのアクセス数はどのくらいになっているか把握していますか。

ホームページのアクセス数は、グーグルアナリティクスなどの無料ツールでも計測することが出来ます。せっかく採用ホームページを作ったのに、効果がないと感じる場合はアクセス自体がない場合もあります。まずは、採用ホームページのアクセス数を確認することをおすすめします。

2、アクセス数に対して、どれだけの応募があったのか

アクセス数を確認出来たら、次にアクセス数に対してホームページ経由でどれだけ応募があったのか応募数や割合をみます。
どんなに多くホームページを見られても、応募がなければ意味がありません。多く見られているのに、応募が少ない場合は応募のフォームに問題があったり、応募の場所が分かりづらいなどの問題があるのかもしれません。
どの位の割合で応募があるのか、増減はあるのかどれくらいの応募があるのかを把握します。

3、応募者は求める人材に近いか

さらに、ホームページ経由で応募があった場合も求めている人物像と違う場合は、採用ホームページのメッセージが異なる場合があります。
自社採用ホームページの良い点は、自分たちでメッセージを発信し、ブランディングできる点です。応募者が求める人材とかけ離れている場合は、ホームページのデザインや掲載している情報の見直した方が良い可能性が高いです。

効果の出るホームページのコンテンツ

では、効果の出る採用ホームページにはどのようなコンテンツがあるのでしょうか。会社側としては、十分な情報をホームページに掲載しているつもりかもしれません。
ですが、企業が採用活動で提供する情報と学生が就職活動で知ることができた情報には乖離があるという結果が出ています。以下、10項目が企業が採用活動で提供する情報と学生が就職活動で知ることができた情報の乖離が大きかった項目です。

1 社内研修・自己啓発支援の有無とその内容(業務研修・語学研修など)
2 自社が求めている具体的な能力・人物像
3 転勤の有無
4 具体的な仕事内容
5 取り扱っている製品やサービス
6 初任給
7 勤務地
8 過去3年の新卒採用実績数
9 応募条件
1 0 社風・企業文化

参照)就職みらい研究所 – リクルートキャリア 就職白書2021

これらの項目をもとに、求職者が採用ホームページにどのようなコンテンツを求めているかをまとめました。

社内研修・自己啓発支援の有無

この項目は、企業側と応募者で乖離が最も大きかった項目です。他社のホームページには明記されていない可能性があり、もし、研修や自己啓発に力を入れている場合は、採用ホームページに掲載することで差別化できる可能性がありますので、積極的に掲載したい項目です。

応募条件・給与・転勤の有無

応募条件は掲載できる範囲で、なるべく明記した方が応募者との乖離防止になります。
ワークライフバランスの重視に伴い転職や就職の際、転勤があるかどうかを気にする層は多いため、転勤が無い場合はその旨明記するだけで、応募者増につながる可能性もあります。また勤務地も気にされる点です。どこで働くのか、勤務地は応募者が必要としている情報です。

自社が求めている具体的な能力・人物像

求めている人材を明確にすることは、企業側には求めていない人材からの応募を減らす効果が、応募する側は応募前に応募の判断をでき、メリットがあります。
また人物像として、どんな先輩が働いているのかを掲載することは具体的な人物像を描く事ができるため、採用ホームページ出は人気のあるコンテンツになっています。

具体的な仕事内容 ・取り扱っている製品やサービス

具体的な仕事内容や取り扱っているサービスは、ホームページに掲載されていて「あたりまえ」と感じる内容かもしれませんが、アンケートの内容を見るにもっと詳しく掲載してもよいのかもしれません。有名な会社であればるほど「イメージ」で判断され応募されてしまう場合があります。どんなサービスの会社なのか、具体的な仕事内容を掲載することで、応募者に自社を分かってもらうことが出来ます。

こんな採用ホームページは見直しで効果改善する可能性が

採用ホームページがあるのに応募がない、効果が出るホームページのコンテンツはあるのに効果が出ていない場合、まずは採用ホームページを基本として見直したい点ができていない可能性もあります。

最新の情報が掲載されていない

ホームページは作っただけではなく、最新の情報を掲載するために更新しないといけません。応募条件が変わることや、新しい職種を応募したいなど色々な場面でホームページを更新する可能性があります。その内容がホームページに反映されておらず、いつまでも以前の古い情報が掲載されていては、せっかく興味をもってホームページをみてくれた応募者も興味を失ってしまうかもしれません。ホームページは企業の顔でもあります。常に最新の情報を掲載しておきたいものです。

スマホ対応されていない

以前に作成されたホームページにはスマートフォンからの閲覧に対応していないホームページもあるかもしれません。近年スマホからの閲覧をする応募者は多いです。

スマートフォンの普及とともに、就職活動に関するインターネット利用は、「パソコン利用」から「スマホ利用」が主流になっています。データによると、6割以上の学生が採用ホームページの閲覧にスマートフォンを活用しているのだそう。特に文系の学生では、就職活動時に「スマートフォン利用中心」と答えた学生が「PC利用中心」と答えた学生を10ポイント以上上回るという結果となりました。

参考)株式会社ディスコ キャリタスリサーチ2021 年卒 採用ホームページに関する調査

採用したい層の年齢が若い場合、新卒向けに採用ホームページを用意している場合は、スマホの対応が必須になっています。スマホ対応されていないと、ホームページが見づらくせっかく見に来た応募者も情報が取得しづらくなってしまいます。

必要な情報がホームページに掲載されていない

採用ホームページには定番コンテンツがいくつかあります。

・募集要項/職種詳細
・選考ステップ
・会社紹介
・よくある質問
・エントリーフォーム

など、仕事を探している人にアピールするコンテンツを掲載している企業の採用ホームページが多くあります。これらは採用ホームページの、最低限必要なコンテンツになりますので、自社の採用ホームページに掲載が無い場合は見直してみた方がよいかもしれません。

応募が分かりにくい

以外と見落としてしまうのが、応募が分かりづらい場合です。自社のホームページを見慣れていると応募の場所が分かる気がしますが、初見で分かりづらい場合もあります。
エントリーフォームが複雑で、応募がしづらい可能性もあります。
自分が応募者になったつもりでホームページを見てみたり、第三者にみてもらうと改善点が見つかるかもしれません。

効果の出る採用ホームページの運営を

ホームページの良いところは、どんどん改善が出来るところです。効果が出ていないと感じるのであれば、問題点を洗い出し、必要なコンテンツを追加して改善をする事が可能になります。

ただし、ホームページの改善は具体的な進め方がわかりづらく素人では大変なことも多いかもしれません。ホームページ制作会社は色々あるので、人手が無い場合は専門家に依頼する事の検討することもできる。

とはいえ、ホームページはお金がかかるので躊躇してしまう場合は京栄くんの検討がおすすめです。
京栄くんは、採用サイト構築料金 ・採用サイト管理費用・コンテンツページ・トップページ・採用サイト運営費用 ・その他のランニングコストを負担し、完全成功報酬型で応募があった時のみ支払いが必要となるサービスです。
初期費用0円で採用サイトの作成をしたい、運用を任せたい、とお考えの会社にとって魅力的な内容となっております。採用のWIN-WINとなるサービス、京栄くんへお気軽にお問い合わせください。

お問合せ