【掲載料別】無料と有料どっちがいい?掲載料で変わる求人サイトの特徴とメリットを比較

無料求人サイトと有料求人サイトを比較
Pocket

企業に採用する人材を募集する求人サイトには、無料のものと有料のものがあります。求人を掲載することは変わらないのに、無料と有料ではどのような違いがあるのかよく分からないという採用担当者・経営者の方は案外多いのではないでしょうか?

そこで今回は、いまさら聞けない無料の求人サイトと有料の求人サイトの決定的な違いについてご紹介していきます。

無料掲載の求人サイトのメリット

無料掲載の求人サイトのメリット

無料掲載の求人サイトを使うメリットを解説致します!

まずは無料で求人広告を掲載することのできる求人サイトのメリットについて見ていきます。

費用がかからないのでコスパが良い

新しい人材の募集をするのに費用がかからないので、採用コストを限りなく抑えることができる点が魅力的です。

無料サイトの運営企業はどのようにして収益を上げているのか気になる方もいると思いますが、無料サイトには多くのPR広告が掲載されており、そこからの広告収入で利益を出しています。そのため、求人広告を無料で掲載することも可能ですし、無料にすることによって多くの企業が集まり、たくさんの求職者が訪れてくれるので、メリットがあるようになっています。

広告の審査が緩い

求人広告を記載する際には、事前に企業の審査が必要となることが多くあります。

有料の求人サイトの場合は審査基準が厳しい時もありますが、無料求人サイトは審査基準がゆるい場合が多いのでどんな企業でも掲載しやすいようになっています。

無料掲載の求人サイトのデメリット

無料の求人サイトに広告を掲載する際のデメリット

無料の求人サイトに広告を掲載する際にデメリットはあるのでしょうか?

無料で求人広告を掲載できるとなると大きな魅力があるようにも見えますが、実際にはデメリットもありますので、事前にしっかりとチェックしておくようにしましょう。

原稿を自社で作成する必要がある

無料サイトの場合は、ほとんどサポートが用意されていないので、自分で広告に掲載する原稿や画像を作成する必要があります。そのため、採用担当者の負担が大きくなりますし、自社の魅力的な部分をしっかり伝える原稿を作ることが難しいでしょう。

また、サイトによっては最低限の情報しか掲載できず、自社の魅力をPRできない場合もあります。会社の情報があまり記載されていないサイトであれば、なかなか魅力を感じて応募してきてくれる求職者の方と出会うことができなくなる可能性もあります。

たくさんの企業に埋もれてしまう

無料の求人サイトは広告を掲載するハードルが低いので、正社員を募集している企業もアルバイトの求人を出したい企業も掲載しています。そのため、たくさんの企業が広告を出しており、その中で求職者に自社の掲載広告を見つけてもらえる可能性が低くなってしまうというリスクもあるでしょう。

有料掲載の求人サイトのメリット

有料掲載の求人を使用するメリット

有料掲載の求人サイトを使用するメリットは?

無料掲載はかなりコストを抑えることができますが、自社の魅力を求職者に充分に伝えることができない場合もあります。そのため、より自社に合った社員を募集したいと思っている企業の場合は有料掲載の求人サイトも検討してみることをおすすめします。

企業の魅力を伝える求人広告を掲載できる

有料の求人サイトの場合は、プロのライターやデザイナーが企業の魅力がより求職者に伝わるように、興味を持っていただけるような求人広告を作成してくれます。そのため、自社で採用したいと思っている人材にターゲットを絞って求人をかけることも可能です。

より効率よく採用活動ができるようになるので、自社に合ったサービスを提供している企業を選ぶことができれば、高い費用対効果で新しい人材を採用することができるでしょう。また、プロが掲載用の広告などをすべて作ってくれるので、採用担当者は他の業務に集中することができる点も魅力と言われています。

より早く新しい人材を採用することができる

求人サイトに求人広告を掲載する時には、自社の人員が足りていない時だと思います。そのため、できるだけ早く新しい人材を採用して新体制で始動したいと思っている企業も多いでしょう。

しかし、無料サイトの場合はなかなか魅力的な人材を見つけることは難しく、短時間で採用をすることは難しいと考えられます。

それに対して有料求人サイトの場合は、魅力的な求人広告で自社の特徴をアピールすることもできますし、追加料金をかければ短期間で採用を行えるような広告を出すことも可能です。そのため、いち早く新しい人材を確保したいという企業でも安心して利用できるでしょう。

有料掲載のデメリット

有料掲載のデメリット

有料の求人広告を掲載にはデメリットも存在しています

有料で求人広告を出すことには、もちろんデメリットもあります。これを理解して利用すればプラスに活用することができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

採用活動に料金が必要

有料の求人サイトを使う場合、当然ですが費用がかかります。広告を掲載するだけで一定の料金がかかるサイトもあれば、求職者からの応募があった時や採用を決めた時などの何かしらのアクションによって費用がかかるサイトもあります。

広告を掲載して新しい人材を確保するのにお金がかかるのはもったいないと感じる採用担当者もいるとは思いますが、必要なところにお金をかけることによってより自社に貢献してくれる人材を効率よく獲得することもできるので、有料の求人サイトを使うことが有意義な場合もあります。

事前に審査があるサイトもある

有料サイトには、そのサイトに掲載する企業を事前に審査して選定しているところも多くあります。

ブラック企業や以前にトラブルがあった企業を避けることによって、より優良企業を掲載し、求職者からの口コミを高めることを目的としています。そのため、人気の高い有料サイトでも審査を通過できずに掲載できない可能性もあるので注意が必要です。

有料サイトを使えば効率よく採用活動ができる

有料サイトで採用活動

有料サイトを使用すれば効率よく採用活動をすすめることができます!

求人サイトを探す場合、コストを抑えることができる無料サイトの方が魅力的に見えるという方もいると思いますが、実際にその内容を比較してみると有料サイトの方がより効率のよい採用活動を行うことができるでしょう。

一定の費用はかかってしまいますが、より質の高い人材を探すことができますし、自社に入って活躍したいという魅力的な人材を探すことができます。また、採用までの時間もより短縮することができるので、自社のサービスをより加速することができるでしょう。

有料サイトの中でも成果報酬型のサイトを使えば、相手からのアクションがあるまで費用がかからないので、できるだけかかる費用を抑えて採用活動を進めることができるのでおすすめです。

効果的な求人広告が魅力的な人材を引き寄せる

効果的に求人を使用して採用活動を進めよう!

求人広告が効果的に使用できていれば人材が集まってくる!

求人広告はただ出すだけでは、魅力的な人材を獲得することはできません。自社でどのような人材を求めていて、自社はどのような福利厚生ややりがいを提供することができるのかをしっかりとアピールすることによって、求める人材を引き寄せることができます。

ただ、採用担当者の方の中には、どのサイトに求人広告を掲載すればより多くの有能な求職者に出会うことができるのか分からない方もいると思います。

そのような方には、「京栄くん」という有料求人サイトをおすすめします。京栄くんは完全成果報酬型となっているので、事前に初期費用を負担する必要がありませんし、採用活動のプロが独自のノウハウを最大限に活用して自社にピッタリの求職者を探してくれるので、効率よく採用活動を進めることができます。

まずはお問い合わせいただければ、自社のためのシミュレーションをご覧いただけますので、ぜひお気軽にお尋ねください。