【求人サイト比較】広告掲載型vs成功報酬型、どちらがいい?メリット・デメリットを徹底比較

求人サイトを比較しました
Pocket

新しい人材を求人しようと考えた場合、求人サイトを使って人材を募集しようと考える企業の方は多いと思います。しかし、気になるのは求人にかかってくる費用です。できれば費用対効果のよい求人サイトを使いたいと思うことでしょう。

そこで今回は、求人サイトの料金体系である広告掲載型と成功報酬型のメリット・デメリットを比較し、どちらの方が費用対効果がよいのか、検証していきたいと思います。

求人サイトの料金体系は2種類に分けられる

求人サイトには、「広告掲載型」と「成功報酬型」の2種類の料金体系が用意されています。どの求人サイトもこのどちらかの料金体系となっており、どちらにもメリット・デメリットがあります。

今回は両者の魅力と気を付けるべき点に触れていきますので、どちらが自社向きなのかをしっかりと検討してみてください。

広告掲載型の求人サイト

広告掲載型は多くの求人サイトで採用されています。

広告掲載型の求人サイトは多くの企業が使用されている料金体系です。

広告掲載型の求人サイトとは、自社の求人を掲載することに対して費用が発生するという方法です。

求人サイトによって価格設定は異なりますが、掲載する期間の長さや掲載する順位などによって、価格が変わるという場合が多くなっています。広告掲載型は、現在多くの求人サイトで採用されている料金体系となっています。

広告掲載型のメリット

広告掲載型の1番の魅力としては、最初に一定の費用がかかるだけでその期間に何名採用しても追加料金がないという点です。広告掲載型の場合は、広告を掲載する前に求人サイトを運営している企業から見積りを出してもらい、その金額を払って広告の掲載が始まるので、設定を買えなければその後に追加料金がかかることがありません。

そのため、たくさんの応募がきて多くの人材を確保したとしても、事前に払った一定料金となっているので予算も立てやすいですし、採用人数によって1人あたりの採用経費を下げることもできます。

また、一律料金なので採用基準ギリギリかもしれないと思っても、思い切って採用してみるということができる点もメリットの1つでしょう。

実際に採用して働いてもらえば、とても活躍して会社に貢献してくれる人材だったという場合もありますので、可能性を広げることのできる料金体系だと言えるでしょう。

広告掲載型のデメリット

広告掲載型のデメリットとしては、応募者がこなかったり採用基準に満たない人の応募しかなかった場合も掲載料がかかってしまうという点です。

広告を掲載する前に一定料金の支払いが必要となるので、その後求める人材がこないからと言って費用が下がることはありません。そのため、思ったような採用ができなかった場合でもコストがかかってしまうので、結果的に費用だけがかかってしまったという可能性も大いにあります。採用したい人数があまり多くない方の場合はあまり向かない方法と言えるでしょう。

また、誰も求職者がこないことを懸念して採用基準を緩めて広告を掲載してしまうと、人材を獲得できても自社には合わない社員を雇用してしまうこともあります。面接の際にも費用対効果のことが頭によぎってしまうという採用担当の方もいると思うので、注意が必要です。

成果報酬型の求人サイト

成果報酬型の求人サイトのメリット・デメリット

成果報酬型の求人サイトは実際に応募が発生するまで料金が発生しません。費用対効果という面で効果が期待できます。

成果報酬型の求人サイトとは、掲載料はかからず実際に応募者が来た時や採用が決まった場合に費用が発生するという料金体系をとっているサイトです。実際にアクションが起こるまでは費用がかかりませんので、より費用対効果のよい採用活動を行うことができます。

成果報酬型のメリット

成果報酬型のメリットは、費用が無駄になってしまうリスクがないという点です。

広告掲載型の場合は広告を出すだけで費用がかかってしまい、求人が全くこないということもあります。しかし、成果報酬型の場合には実際に求職者からのアクションがない限り費用がかからないので、採用にかかる費用を抑えることができます。

求人サイトによって得意なジャンルも異なりますし、登録している属性も全く違うので、自社の業種や職種に合っているサイトかどうかを低コストで見極めることができる点も魅力的でしょう。また、求人サイトを運営している企業も実際に応募者や採用者が出なければ利益を出すことができないので、できるだけ広告を掲載している企業が求める人材を提供できるように、持っているノウハウをすべて使って求職活動を一緒に取り組んでくれるサイトが多くなっています。

そのため、あまり求職活動のノウハウを持っていない人事担当の方でも安心して利用できるでしょう。

成果報酬型を使えば、少数の採用の場合でも無駄なく人材を確保できるので、より効率的な採用活動を行えると考える企業が多く、最近需要が高まってきています。

成果報酬型のデメリット

成果報酬型のデメリットとしては、多くの人材を確保しようと思っている企業にとっては費用が高くなってしまう場合があります。

採用人数が増えれば増えるほど、費用が高くなってしまうので、もったいないと感じてしまう場合もあるでしょう。また、採用担当者によっては、採用基準を満たしている人材が面接にきても、かかる費用のことや求職者が万が一辞めてしまった場合のことを考えて結果的に内定を出せないという人もいるようなので、そのような性格の採用担当者の場合には思ったように採用が進まないという可能性もあるので対策を行う必要があるでしょう。

おすすめの求人サイトは成果報酬型

求人サイトのおすすめは成果報酬型

優秀な人材を獲得できる可能性が高いのは成果報酬型です。無駄な広告費をカットしたいなら成果報酬型の求人サイトを利用しましょう!

どちらの求人サイトがいいか迷っているという方には、成果報酬型の求人サイトをおすすめします。

どちらの料金体系を利用したとしても、採用した人材が辞めてしまった場合は求職にかかった費用が損失になってしまうという点は変わりません。そう考えると、人材がこないのに費用だけがかかってしまう可能性の高い広告掲載型の方がリスクが高いということができます。

成果報酬型の場合は初期費用がかかりませんので、実際に試してみてから検討することが可能なので安心して利用できるといえます。また、成果報酬型の場合は広告を掲載する求人サイトを運営している企業側も成果を出さないことには利益を出すことができないので、広告を掲載する以外にもさまざまなサービスを提供しているところもあるので、そのような求人サイトを利用すれば自社の求める人材をより的確に募集することも可能なので、優秀な人材を獲得できる可能性が高まります。そのため、成果報酬型の求人サイトの方がおすすめです。

自社にピッタリの人材の獲得を目指しましょう

費用対効果の良い求人サイトを利用したいなら京栄くん

費用対効果の良い求人サイトを利用したいなら京栄くんがおすすめです。

自社にピッタリの人材を獲得することができれば、採用活動の費用対効果がよいと感じることでしょう。そのため、価格の安さも重要ですが、どのような人材がどれくらいの費用で獲得できる求人サイトなのかをしっかりと見極めることが重要です。

そう言ってもたくさんの求人サイトがあり迷ってしまうという方には、京栄くんの検討をおすすめします。

京栄くんは、成果報酬型の求人サイトとなっているので応募者がくるまでの費用は全くかかりませんし、採用サイトの構築費用やリスティング広告の運用費用はすべて京栄くんサイト運営側が負担してくれます。また、求人広告もプロが作成してくれるので、より質の良い人材を効率よく獲得することが可能となっていますので、より費用を抑えて自社に貢献してくれる人材を獲得することができます。

現在採用活動で悩んでいる採用担当の方はぜひお気軽にお問い合わせください。