採用サイトの必要性について

Pocket

採用サイトを用意している企業・会社が多くあります。採用サイトはなぜ必要なのでしょうか。採用サイトの必要性についてまとめて掲載しています。

採用サイトを作成する目的

採用サイトを作成する目的は、採用情報に特化したホームページを用意し、求職者に企業の魅力を紹介を分かり易く発信することにあります。
コーポレートサイト(企業サイト、会社サイト)でももちろん会社概要が掲載してあり、会社の説明になる、会社の顔のサイトなのですが、企業サイトだけでは求職者には魅力が伝わりづらいです。
会社概要や沿革の他にも、仕事内容、どんな人が働いているのか、採用者向けの社長メッセージなど、採用に絞ったほうが効率的にアピールをする事ができます。
採用サイトがないと、採用者のみにアピールするサイトにはできません。コーポレートサイトは、色々な人が見に来るサイトですので、求職者のみにターゲットを絞る事は難しいです。作れるとしても、コーポレートサイトの数あるページの1コンテンツとして「採用情報」というページを作れるくらいになります。採用サイトではターゲットを絞り、サイト全体で求職者にアピールするホームページ制作が可能になります。

採用サイトの必要性

逆にいうと、コーポレートサイトで効果的に人材にもアピールできる、コーポレートサイトも求職者にしっかり見て欲しいという場合は、採用サイトの必要性は薄れるかもしれません。ただ、1点注意したいのは、実は採用サイトがある方が「効果がある」と感じている会社が多いことです。近年、求人情報の探し方はインターネットが主流になっており、採用サイトは、いわば会社の採用情報の「顔」にもなります。
採用サイトを用意している会社が増えている中、採用サイトがあるサイトとないサイト、どちらが的確に求職者にアピールできるかというと、やはり採用サイトがある方が的確にアピールがしやすい状況になります。
採用というのは、お金も時間もかかります。的確に採用を進めるため採用サイトの必要性を感じ、採用サイトを作る企業が増えているようです。

採用サイトを作るデメリット

採用サイトの必要性がある事は分かりましたが、採用サイトを用意するにはデメリットもあります。デメリットはお金がかかるという事です。採用サイトの制作、運用、広告費などがかかります。せっかく自社の採用サイトを用意し、良い人材を獲得しようと進めても相応の人材が獲得できなければ、無駄な費用だったという事になります。
応募がなければ、持ち出しだけ増えてコストがかさんでしまうのは、採用サイトを用意するデメリットでもあります。
求人応募があるまでお金がかからない?

必要性は分かっても、予算が取れない企業もあるかもしれません。そんな場合に、採用サイトの初期費用問題を解決できる、採用サイトを無料で作成できる方法があります。
また、無料で作成した後にかかる運用費用も無料だとしたらどうでしょうか。
採用者の応募があるまで費用が無料、そんな夢のようなサービスがあるのをご存知ですか?

「求職者」の募集を無料で代行!京栄くん

京栄くんは採用サイトの制作から、運用まで無料で代行するサービスです。採用サイトを無料で作成し、運用まで無料というのは、コストが気になる採用担当には嬉しい話ではないでしょうか。

  • 採用サイトの構築費用!
  • トップページの作り込み費用!
  • コンテンツページの作り込み費用!
  • 独自ドメインの利用料!
  • 採用サイトの管理費用!
  • スポンサー広告の運用費用!
  • リスティング広告の運用費用!
  • 求人原稿・求人画像の制作費用!etc…

無料採用サイトの必要性を感じながらも、コストにデメリットを感じている場合は京栄くんの利用で悩みが解決できるかもしれません。採用のWIN-WINとなるサービスの京栄くん、是非お問合せください。

お問合せ