採用サイトに応募が来ない。悩みの解決法

Pocket

採用サイト作成したものの、サイトに応募が来ない場合はどうしたらよいのでしょうか。採用サイトに応募が来ない場合の、悩みの解決法についてまとめて掲載しています。

採用サイトは作っただけでは応募は来ない

ホームページ作成で良くある勘違いが、ホームページを作れば自動的に見てくれる人が増えるという勘違いです。残念ながらホームページを作っただけでは、見てくれる人が増える訳ではありません。ましてや、お問い合わせを取りたいなどの考えがある場合は、さらに難しいこととなります。

採用サイトも同様で、採用サイトを作っただけでは応募が来るわけではないのです。どんなに高いお金をかけてサイトを制作しても、サイトに魅力的な内容を掲載して、サイトを作っただけで応募が来ると考えている場合は、考えを改める必要がありそうです。

採用サイトに応募者を増やすには

では、採用サイトに応募者を増やすにはどうすればよいのでしょうか。具体的には、サイトに集客をする方法を考えていくことになります。

・コンテンツを作り込む

採用サイトを作ったと言っても、応募者が求めている情報が掲載されていない場合があります。応募者が求めている情報と乖離していたり、応募者に魅力が伝わっていない場合もあります。若手社員の活躍、よくある質問、福利厚生、採用サイトを充実させることで応募が増える場合もあります。

・検索エンジンで検索されるか

多くの人は、検索エンジンを利用して求人情報を探します。例えば、「○○会社 求人情報」など検索された際に、作成した採用サイトは検索エンジン(Google、Yahooなど)の検索結果表示されるでしょうか。されない場合は、応募者が求人情報を検索しても、採用サイトにたどり着けないことになっています。

・SNSを利用する

SNSを利用して求人情報を探す応募者も多くいます。SNS上に全く情報がないよりは、SNS運用をし、採用サイトに誘導することで応募者を増やせる可能性が高まります。

・広告を出す

採用サイトに応募者を増やすために、広告を出すという方法もあります。画像作成等が必要な場合もあり、広告の出稿は有料になりますが、早急に応募者を増やしたいという場合に有効な方法になります。

採用サイトで作成なのは作成だけではなく、実は、その後どのように運用するかにかかっています。

採用サイトを作成した後からが勝負。

上記に、採用サイトに応募者を増やす方法を掲載しましたが、無料で行うことは難しいこともあります。人手が足りないという事もあるでしょう。
採用サイトを作成すれば応募者が来ると思っていた場合には、予算が足りなくなる場合があるかもしれません。

そんな時に、検討したいサービスが、採用サイトを作成するだけでなく運用まで無料で行い応募があるまで「無料」の京栄くんというサービスです。

京栄くんでは

■採用サイトの構築費用!
■トップページの作り込み費用!
■コンテンツページの作り込み費用!
■独自ドメインの利用料!
■採用サイトの管理費用!
■スポンサー広告の運用費用!
■リスティング広告の運用費用!
■求人原稿・求人画像の制作費用!

制作だけではなく、ここまで無料になっています。採用サイトを無料で作成し、運用まで無料というのは採用担当には嬉しい話ではないでしょうか。採用サイト作成したものの、サイトに応募が来なくては意味がありません。京栄くんはマーケティングの視点も含めたサービスを提供しているため、採用コストの高騰や応募率の低さにお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

お問合せ