応募課金の仕組みを徹底解説!掲載費無料のおすすめ求人サイトも紹介

応募課金型サイトの特徴
Pocket

採用活動は、会社の将来を左右すると言えるくらい重要な任務となります。

ですが、手当たり次第求人サイトに載せれば、希望する人材に出会えるというほど、採用活動は簡単ではありません。

高い掲載費をかけても欲しい人材に出会えなければ、採用コストを無駄にしてしまいます。

この記事では成功報酬型の中で、最もいま契約数が伸びている『応募課金』について、詳しく解説していきます。

応募課金とは

応募課金とは。

応募課金型の採用サイトを活用することでコストを下げることができるかもしれません。

応募課金とは、掲載費が無料の成功報酬型の一種です。

ここでは応募課金の仕組みについて以下の順番で説明していきます。

 

  • 成功報酬型の種類
  • 応募課金の料金相場
  • 応募課金が向いている企業

 

成功報酬型の種類

 

成功報酬型には、応募課金・採用課金・クリック課金の3つ種類があります。これらは共通して掲載費用は無料ですが、それぞれ費用が発生するタイミングが異なります。

 

種類 課金のタイミング 特徴
応募課金 求職者から応募が入った時点 ●    応募が多いとコストが増える為、応募条件の工夫が必要

●    大人数の採用向け

 

採用課金 求職者が採用となった時点 ●    採用するまで費用がかからないの

●    一人当たりの採用単価が高い

クリック課金 求職者が求人広告をクリックした時点 ●    費用は最も安い

●    応募や採用に繋がりにくい

●    会社の知名度が向上する

 

応募課金型の場合、人材が多く欲しい企業に向いているでしょう。しかし、応募が多ければ多いほど、コストが膨らむので応募上限を設けるなど工夫が必要です。それに対して、採用課金型は、一人当たりの採用単価が高いですが、少人数の採用活動に向いています。

クリック課金型は、会社への接触が多くなりますが、応募や採用に直結しないケースが多いのが特徴です。

 

応募課金の料金相場

 

応募課金は、応募1件につき数千円〜2万円が相場のようです。

ここで実際の例を元に説明します。

 

課金額:応募1件につき、1万円

結果:応募者数:5名 採用者数:3名 の場合

 

応募者数が5名なので、今回の採用にかかった費用は5万円です。

ということは、採用1人単価は

50000(円)÷3(人)=16,666円となります。

 

応募課金をうまく活用するには、応募者数と採用人数の差を少なくすることで採用単価を抑える事ができるということです。

応募課金が向いている企業

応募課金が向いている企業は、採用率が良い企業です。

代表的な職種の例は以下となります。

  • コールセンター
  • データ入力
  • 検品・梱包、仕分け作業が挙げられます。

未経験やスキル不要で募集をかけて、応募者のほとんどが採用に至っているという企業に適しています。また、介護職や薬剤師などの特定職種にも向いています。

一方で、たくさんの採用が必要なオープニングスタッフの募集は、応募者が多く発生する可能性があるので応募課金には不向きと言われています。

応募課金のメリット

応募課金型サイトのメリット

応募課金型サイトのメリットを解説致します。

応募課金には主に3つのメリットがあります。

以下のメリットを最大限活かして効率よく採用活動しましょう。

  • 低コスト
  • 掲載期間を気にしなくて良い
  • 原稿を修正できる

順番に解説していきます。

低コスト

応募課金の最大のメリットは、求職者からの応募があるまで掲載コストがかからないことです。つまり、応募がなく成果が出なかった場合、予算を抑えることが出来るので、求人広告を出すリスクを最小限に抑えることが出来ます。また、自社に対してどれくらいの人が興味を持っているのか、コストをかけずに調査できるのも魅力の一つです。

掲載期間を気にしなくて良い

応募課金では、期間を気にせず採用活動が終了するまで掲載し続けられます。掲載期間型の場合、掲載終了期間よりも早く採用人数に達しても、残りの期間分の掲載費は戻ってきません。

しかし、こちらは採用に達した時点で掲載をオフにすることが出来るので、経過を見ながら採用活動を進められます。

原稿をいつでも修正できる

求人サイトのプランによりますが、掲載期間中は原稿を修正できるのがスタンダード。

なので、途中で欲しい人材のターゲットが変えたい場合でもすぐ対応できます。

つまり、一度の掲載で複数のポジションの人材を集める事ができるので、事業展開がスピーディーな企業にもおすすめです。

ただ、原稿は企業側が作成しなくてはならない為、人事担当者の作業が増えることも想定して進めていくことが必要です。

一部の求人サイトは、途中で募集職種の変更ができなかったり、原稿修正そのものができないところもあるのでチェックしておきましょう。

応募課金のデメリット

応募課金型サイトのデメリット

応募課金型サイトのデメリットについてもしっかり理解しておきましょう。

もちろん応募課金にもデメリットがあります。これらのデメリットを踏まえたうえで上手に活用出来れば、低コストで採用まで繋ぐ事ができるでしょう。

  • 望まない応募でもコスト発生
  • キャンセルされることもある
  • なかなか応募がこない

望まない応募でもコスト発生

どんな応募でも、応募があった時点でコストが発生してしまいます。

というのも、企業が求めている人材とは全く違う求職者から応募が来ることもあり得るのです。応募課金型は、応募が多いほどコストがかかり、採用したい人材に出会えなければ無駄な出費となります。

キャンセルされることもある

求職者側から辞退されることも考えないといけません。

例えば、求職者が複数同時に応募をかけていて、他社に採用が決まてしまった場合でも、コストはかかります。なかには、入社意志がない求職者も応募してくる可能性があるので、工夫が必要です。

なかなか応募がこない

すぐにでも人手が欲しいという場合には不向きです。

というのも、集客率が弱いことを念頭に入れておく必要があります。

また、大手求人サイトに載せているからといっても安易ではないのです。

なぜなら掲載型と成功報酬型のどちらも運営している場合だと、広告が上位に表示されず求職者の目に止まらないという難点があります。

本当に人手不足で困っているなら、応募課金型の一本で行うより掲載型と両立した方が、早く採用にこぎつける可能性が高いでしょう。

おすすめの応募課金型求人サイト

オススメの応募課金型サイト

おすすめの応募課金型サイトを紹介いたします。

ここではおすすめの応募課金型求人サイトを紹介します。

下記の3社です。

  • しゅふJOB
  • マイナビバイト
  • ワークゲート

それぞれの特徴を詳しく解説していきます。

しゅふJOB

まず一つ目は、応募課金型求人サイトで最も注目されている『しゅふJOB』です。

名前の通りしゅふ層がターゲットで、特に40代を中心に30〜50代の社会人経験者からの応募が集中しています。導入実績は、22000社以上と全国で契約数が上昇中のサイトで登録会員数もここ5年間で約10倍も増えて35万人を突破しています。

【しゅふJOBの主な特徴】

①働きたいしゅふからの応募が圧倒的に多い

  • 3人に1人がしゅふJOBへアクセス
  • パートに専門特化

②採用達成までプロの徹底サポートがある

  • 申込から掲載まで担当者が徹底サポート
  • 成果が出ない時は随時フォロー

③低コストで採用達成

  • 応募が集まりやすい条件でコスパが良い
  • 応募課金型プランで採用できなかった場合のリスクを抑える

【しゅふJOBが企業から支持される理由】

①応募上限数を決めることができるので、予想以上の応募で予算を超えてしまう心配がない

②ターゲットが、しゅふと明確になっているので、応募者と企業が求める人材との間にミスマッチが少なく、採用率が他媒体より高い

③しゅふのプロライターが無料で原稿を作成してくれる

④企業がしゅふJOBを安心して利用するためサービスがある

  • 複数の同時応募ができない
  • 求職者へ応募に関する注意喚起
  • 応募数の上限設定
  • 応募時に求職者へ質問機能

これらの機能があることで予算オーバーや、ミスマッチを事前に防ぐことができるようになっています。

しゅふJOBの料金体系は『職種ごと』に単価を設定しています。

  • 未経験 資格不要 →5000円

例) 一般事務、受付、接客業、軽作業など

  • 実務経験有り 資格有り →7500円

例) 経理財務、塾講師、カウンターセールスなど

  • 国家資格 医療介護職 専門性の高い職種→

8000円以上

例) 法人営業、家事代行、ネイリスト、ヨガインストラクターなど

※金額は全て1応募あたりの単価です。

 

しゅふJOBは、企業が求める人材に低価格で出会えるように、そして常に最新システムへアップデートし続けているのです。

 

マイナビバイト

二つ目は大手求人サイトの『マイナビバイト』です。TV CMやWeb広告などの広告戦略で知名度がぐんと上がっている媒体の一つ。その中でも特に10代〜20代の学生やフリーターが7割占めるほど、若年層から多く支持されています。はじめに、マイナビバイトの応募課金を利用する際は、他媒体と併用するのがオススメです。その理由はこの後詳しく説明していきます。

【マイナビバイトの主な特徴】

①プランやオプションが充実している

  • 掲載地域や期間、掲載順位による料金体系
  • 上位掲載を狙うオプションが豊富

②無料でLINEバイトに同時掲載できる

  • LINEを使う事で幅広いユーザーを獲得
  • LINEから応募や面接日程のやり取りができる

③条件一致で属性別アプリにも連携

  • 留学生、大学生、高校生、短期の属性別アプリで、求める人材に向けてアプローチ

④オンライン面接機能

  • 忙しい求職者とも効率よく面接できるためキャンセル防止に繋がる

 

マイナビバイトの料金体系は、掲載地域や掲載順位で異なります。つまり人口が多い首都圏や上位掲載のプランが高額なのです。ということは、マイナビバイトで言う応募課金の『エントリープラン』『エントリープラス』は掲載費が無料な分、掲載順位は低くなります。

上記の理由から、応募課金を利用する際は、他媒体と併用した方が効果がより早く期待できるのです。そして応募課金の料金は、以下の通り掲載地域関係なく一律です。

 

  • エントリープラン→8000円
  • エントリープラスプラン→15000円

ただし医療・介護・保育の職種に限り、15000円でエントリープランから掲載という制約があります。

※金額は全て1応募あたりの単価です。

 

掲載順位が低いならマイナビバイトに載せる必要あるの?と疑問に思う採用担当者もいると思います。しかし、それでもマイナビバイトをオススメできる理由があります。

【マイナビバイトが支持される理由】

  • 登録会員数が多い
  • ユーザーにとって分かりやすい原稿内容
  • 1時間毎に求人がシャッフルされるので上位掲載される可能性もある

登録会員数に比例して求人の量も多いので、応募課金プランのみだと正直効果は出にくいです。ただ、認知度の高い求人サイトに載せることやLINEバイトと連動する機能で、ユーザーの目に止まる確率は確実に上がります。掲載費は無料なので、大手求人サイトもうまく活用してみてください。

ワークゲート

3つ目が求人情報の提携サイトが豊富な『ワークゲート』です。ワークゲートは、特に一般企業から支持されており、様々な雇用形態の求人で幅広いユーザーを獲得している求人サイトです。提携メディアでは、Beginner  Jobコレ 転職EX  シゴトINなどがあります。

【ワークゲートの主な特徴】

①コスパがいい

  • 応募一件につき3300円〜
  • 掲載期間、掲載数に制限なし

②とにかくスピーディー

  • 申込から掲載まで最短1日以内
  • CSV機能で他メディアに一括掲載

③集客力

  • 29サイトの求人メディアと提携
  • 正社員、アルバイト、派遣社員等9種類の雇用形態に対応

 

次にワークゲートの料金体系は、雇用形態別に決められています。

通常の場合

アルバイト、派遣社員→3300円

正社員→6600円

 

看護師、管理栄養士、保健指導員の特定職種の場合

アルバイト、派遣社員→5500円

正社員→11000円

 

※金額は全て1応募あたりの単価です。

 

前に紹介している2媒体と比較しても低価格なのが分かりますね。

また、急ぎの募集や、大量募集したい企業のために検索順位を上げる為のオプションもあります。追加料金は、なんと10円単位です。ワークゲートでも、しゅふJOBと同様で、応募上限数の設定と複数同時の応募出来ないようになっているので企業側も安心して利用できます。

ワークゲートは企業の募集条件、採用基準など、採用担当者が応募者とマッチするように求人情報を定期的に見直しています。低コストで幅広く雇用形態を募集したい企業や、急な募集にはスピーディーなワークゲートがおすすめです。

まとめ|応募課金の仕組み徹底解説

まとめ|応募金型サイトでは京栄くんもおすすめ

京栄くんは応募課金型のサイトの中でもコスパが非常に良いのでおすすめです。

ここまで応募課金の仕組みやおすすめの求人サイトを紹介してきました。応募課金は掲載費用が無料なので試してみる価値はあります。

ただ、求める人材以外からの応募でも費用が発生してしまうので、自社が求めるターゲット層に強い媒体かどうか事前の下調べが必要です。

また、原稿作成を担当する媒体側の採用担当者のノウハウも結果に影響するので、企業情報等を共有しておくことも大切です。

採用活動をスムーズにしたいなら「京栄くん」を利用してみては?京栄コンサルティングが運用している「京栄くん」なら効率よく納得した採用活動ができます。

京栄くんは採用活動を行う上でコストパフォーマンスが優れています。

  • 完全応募課金制
  • 専属スタッフにより求人原稿のライティング
  • 初期費用0円で採用サイトを構築

上記のようなメリットでスタッフのノウハウを最大限に発揮します。

採用活動で無駄な出費を抑えたいなら一度お問い合わせ下さい。