採用サイトを制作する費用は制作方法でどのくらい変わる?

Pocket

近年、採用サイトを制作する会社が増えていますが、採用サイト制作にかかる費用は制作方法によって大きく変わるのをご存知でしょうか。採用サイトを作る際には、大きく分けて、制作会社に依頼する方法と、自社で制作する方法があります。ここでは、気になる採用サイト制作費用について、制作方法別に各メリットとデメリット、どの位金額ア変わるのか費用例をご紹介します。

自社で制作する場合

外部の制作会社に依頼せず、自社でサイトの設計からコンテンツの作成、写真撮影、サイトへのアップまで行う方法です。
これらの作業をすべて自社で行う場合もありますが、制作会社の準備した採用サイト制作ツールを使えば、自社での作業を掲載する文章や写真の準備と入力作業だけに絞ることもできます。

自社ですべて制作する

メリット

自社ですべて制作することの最大のメリットは、費用がかからないことです。

デメリット

サイトの内容をどのようにするかを決め、サイトに載せる文章や写真を自分たちで準備しなければなりません。本業がある中で行うのはそれなりの負担となります。
また、サイトを制作する専門的な知識とスキルが必要です。
WEBに強い人材がいなければ実際にはかなり難しいでしょう。

費用

無料

制作会社の用意した採用サイト制作ツールを使って自社で制作する

メリット

かかる費用は採用サイト制作ツールの使用代金だけですので、比較的安い値段でサイトを作成することができます。
無料で利用できる採用サイト制作ツールもあります。

デメリット

外部の採用サイト制作ツールを使って作るので、できあがる採用サイトのデザインは他と同じになります。
サイトに掲載する文章や写真は変えることができますが、自社のオリジナリティを出すのは難しいと言えるでしょう。
文章や写真を準備したり、ツールを使ってサイトを作成したりすることは自社で行わなければなりません。
サイトを制作したあとの管理も必要となります。

費用

無料〜10万円程度

制作会社に依頼する場合

WEBサイトの制作には専門的なスキルが必要なので、採用サイトを作るときには制作会社に依頼するのが一般的です。
デザイン性の高いサイト制作を得意とする会社、マーケティングに強い会社など、制作会社によって特徴も違えば値段も違います。自社に合った制作会社を選ぶことが重要になります。

メリット

制作会社に依頼するので、自分たちで作るよりもクオリティの高い採用サイトを作ることができます。サイト制作にまつわる作業に煩わされず、自分たちはコンテンツの内容に集中することができます。
また、制作会社はさまざまな経験とスキルを持っているので、自分たちだけでは出てこないアイデアや、使いやすく洗練されたデザインの提案を受けることができるでしょう。

デメリット

依頼内容に応じて費用がかかることです。
コンテンツの内容やデザインが充実すればするほど値段は高くなります。

費用

・基本的なコンテンツに自社のオリジナルコンテンツを加えたサイト:10〜50万円程度
・オリジナルのコンテンツ:50〜150万円程度
・動画なども含んだクオリティの高いコンテンツ:150万円程度〜

採用サイトを制作する費用はバランスが大事

費用を抑えることを優先して、専門知識のないまま自社で採用サイトを制作しても、なかなかよいサイトは作れません。プロならすぐにできることにも時間と手間がかかってしまい、かえって人件費の無駄になることもあります。
一方で、制作会社に依頼して、高額の費用をかけて凝った採用サイトを作っても、採用につながらなければ意味がありません。また、たとえ採用できたとしても、時間がかかりすぎたり、かけた費用に対して採用できた人数が少なかったりすれば、それも無駄な費用だったということになってしまいます。
採用サイトを制作するときは、目先の金額の高い低いではなく、生きた費用の使い方をすることが肝心だと言えるでしょう。

初期費用0円で採用サイトを制作する方法

採用サイトは作りさえすればすぐによい人材が応募してくるというものではないだけに、対費用効果の優れた採用サイトを作るのはなかなか難しいのが現状です。
できるだけ費用を抑えながら、結果の出る採用サイトを作りたい、そんなときにおすすめなのが京栄くんというサービスです。

京栄くんでは初期費用0円で採用サイトを制作することができます。
それに加えて、
■採用サイトの構築費用!
■トップページの作り込み費用!
■コンテンツページの作り込み費用!
■独自ドメインの利用料!
■採用サイトの管理費用!
■スポンサー広告の運用費用!
■リスティング広告の運用費用!
■求人原稿・求人画像の制作費用!
制作だけではなく、ここまで無料になっています。京栄くんは応募があったときに費用が発生するシステムになっているので、無駄な費用をかけることなく結果に結びつけることができます。
採用サイトを作成したとしても、サイトに応募が来なくては意味がありません。費用対効果に優れたサービスをお探しの方はぜひ一度ご相談ください。

お問合せ