採用サイトの運営にかかる費用

Pocket

求人のための採用サイトは作って終わりではありません。採用サイトを作成した後、きちんとサイトを維持、メンテナンスしながら運営していかないと、せっかくアクセスしてくれた求職者を取りこぼすことに繋がります。ここでは、求人のための採用サイトの運営の内容と求人サイトの運用にかかる費用についてご紹介します。

採用サイトの運営にかかる費用

採用サイトはただ作っただけではなかなか採用に結びつきません。重要になるのがサイトの運営です。採用サイトの運営にかかる費用には、サイトそのものの維持にかかる費用と、集客のためにかかる費用、大きく分けて2つあります。

採用サイトの維持にかかる費用

まず必要となるのが、採用サイトでなくともホームページを制作するとかかる基本的な運用コストです。

サイトの維持に必要な基本的な費用

サイトの維持管理業務、掲載情報に変更が生じたときの修正費用に加えて、独自ドメインやサーバーの管理費用が基本的な運用費用としてかかります。これは、ホームページを制作したらかかる基本的な維持費用で、ホームページ制作費以外に永続的にかかる費用になっています。。大規模なサイトだと異なる場合もありますが、サーバーやドメインの維持にかかる運用費用の相場は、月額数千円~くらいが一般的な範囲です。ホームページ制作会社の管理費に含まれている場合もあるかと思います。

修正・更新のためにかかる運用費用

採用サイトは作ったらそれでOKではなく、必要に応じてメンテナンスしながら運営していかなければなりません。情報が古くなったら、新しい情報に修正、更新が必要です。自社に担当者がいればサイトを更新する際のコストはかかりませんが、外部に委託すると費用が発生します。外部に委託した場合、更新費用は更新箇所の数によって費用が掛かる場合や、月額数万円かかる場合など制作会社によってさまざまです。
ホームページにいつまでも古い情報を載せていると求職者を取りこぼすことに繋がります。最新の情報に更新するため運用費用がかかる場合もあります。

集客するためのサイト運用費用

採用サイトを作成しただけで、アクセスが集まるサイトは非常にまれです。残念ながらサイトを用意しただけで、人材獲得できるサイトというのはあまり耳にしません。よほど人気のある企業以外は、作ったばかりの採用サイトにはアクセスもなかなか集まらないのが普通です。採用サイトからアクセスが思うように集まらない場合は、サイトに集客するために施策を打っていく必要があります。

求人サイトに掲載する費用

仕事を探している人に広くアプローチするためには、外部の求人サイトと連携している企業が多くあります。
求人サイトには無料で掲載できるところもありますが、求人サイトにもさまざまな種類があるので、自社が欲しい人材がアクセスする媒体を見極めて動くことが大切です。サイトごとに登録する費用とともに、管理する業務も発生することとなります。

サイトを分析する費用

また、より的確な運用をするためにサイトのアクセス数や流入経路の分析なども行っているサイトもあります。こちらも自社に業務が出来るものが要れば良いですが、いない場合は外部に委託する費用がかかります。

SEO費用

求職者はGoogle、Yahooなどの検索エンジンを利用して求人情報を検索することが増えています。「地域名+業種名+採用」「地域名+業務内容+求人」などのように検索されたときに、検索上位に表示されることは、自社に集客を増やしたい際には有効な対策です。検索エンジンで上表示させるための対策をSEOと呼びますが、SEOは知識のある者が対策しても難し状況で、自社にSEO対策ができる人材がいることはまれです。外部委託する際には当然費用がかかってきます。

リスティング広告を利用する費用

また、いつまでに採用しなければならないという期限がある場合には、すぐに効果に結びつきやすいリスティング広告をはじめとした広告利用が有効に利用されています。ただ、広告は即効性のあるぶん費用もかかります。

一般的な求人サイトに広告を載せると、4週間で20万円からが相場になります。新しく増えている1クリックごとに費用が発生するクリック型の広告の場合、クリック単価はエリアや職種によって違いますが、平均すると1クリック当たり100〜500円が相場となります。掲載する側は、あらかじめ必要なクリック数や単価を計算した上で、あらかじめ求人サイトの予算枠を決めておく必要があります。

このように広告を利用する場合には広告の運用予算が必要となります。こちらも自社に運用できる人材があれば良いですが、広告の運用には広告に関する専門的な知識や広告運用のスキルも大切となります。いない場合は外部に委託する費用がかかります。

採用サイトの運営費用を抑えながら結果を出す方法

このように採用サイトは作るだけでは終わらず、効果的に運営していくためには、それなりのスキルや労力、費用が必要となります。ただ、通常業務で手一杯で、なかなか採用サイトの運営や費用の捻出にまで手が回らないという企業も多いのではないでしょうか。

京栄くん

京栄くんでは、まず採用サイトを制作する段階で、その後の集客活動に結びつけやすいサイトを構築していきます。
そして、サイト制作後も、状況を見ながら求人サイトとの連携や広告の制作などを行い、効果的に運営していきます。
これらのサイト作成と運営を、京栄くんなら無料で始めることができます。
京栄君は応募があったときにのみ費用が発生する完全成果報酬制ですので、無駄なコストをかけることなく運営していくことができるのです。

  • 採用サイトの構築費用
  • トップページの作り込み費用
  • コンテンツページの作り込み費用
  • 独自ドメインの利用料
  • 採用サイトの管理費用
  • スポンサー広告の運用費用
  • リスティング広告の運用費用
  • 求人原稿・求人画像の制作費用

など、採用サイトの制作と運用にかかる費用が無料となっています。無料で採用サイトを作りたい、効果的な運営をしたい、とお考えの会社にとって魅力的な内容となっております。求人サイトの運営にかかる費用が心配な場合はぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問合せ